空港着の飛行機を検索

旭川空港発関西着の路線情報

旭川空港から関西国際空港へは定期便の運航はされておらず、2016年現在では全日空が6月から9月にかけて季節限定という形で運航を行っています。そのほかの季節の場合は羽田空港などでの乗り換えが必要です。なお、直行便の場合の所要時間は2時間15分程となっています。

旭川空港発関西着空港情報

旭川空港の概要
旭川空港は周囲を田園地帯に囲まれており、東側には日本最大の大雪山連峰とこれに続く十勝岳連峰の山々が望めます。この施設は新千歳空港のように大雪で閉鎖されるということがほとんどないほどに除雪設備が充実しています。空港からはバスがでており、旭川駅、旭山動物園、旭岳温泉に行くことが可能です。また富良野バスの路線に入っているので富良野駅まで行くこともできます。

主要駅から旭川空港へのアクセス

旭川空港の近隣の主要駅である旭川駅から空港まではバスの利用が一般的です。空港に向かう専用のバスと通常の路線バスそれぞれが運行されています。所要時間は、空港専用バスで約30分から40分、路線バスでも約35分となっています。空港へのバスは朝の7時台から夕方は18時台の便まで運行しており、一日当たり8便が運行されています。

旭川空港の駐車場情報

旭川空港には駐車場が完備されています。営業時間は午前7時から夜の9時半までとなっています。日帰りの場合の駐車料金は1時間までは無料で、1時間以降は1時間毎に100円がかかります。なお、日帰りの場合は上限500円で利用が可能です。また、宿泊での利用は1台当たり500円で利用が行えます。お得な回数券の販売も行っているので、利用頻度が多いという方は回数券の利用がお得で便利です。

関西空港の概要

関西国際空港は、1994年9月4日に開港し、関西を代表する空港です。全日空や日本航空、日本トランスオーシャン空港、ジェットスター・ジャパン、スターフライヤーなどの会社が運航しています。24時間運用が可能な空港の一つでもあります。国内線ターミナルは第一、第二に分かれており、開館時間は24時間となっています。第一ターミナルから鉄道駅方向にあるエアロプラザ1階からは、第二ターミナルに向かう連絡バスも出ています。

主要駅から関西空港へのアクセス

関西国際空港から大阪の市街地までは距離にして50キロ程離れています。空港と市街地は鉄道で結ばれており、中心駅となっている大阪駅へは関空快速という列車が出ています。所要時間は約65分です。また、新大阪へも特急列車が出ており、はるか号で約50分でアクセスできます。なお、天王寺駅へは、約30分で行けます。

関西空港の駐車場情報

関西空港からスカイシャトルバスに乗って、「りんくうプレミアムアウトレット」に行くことができます。世界的に有名なブランドのアウトレット商品を購入することのできる場所です。グルメスポットになっていますから、買い物に疲れたら休憩することができます。また、りんくうプレミアムアウトレットに行く途中に、「関空展望ホール・スカイビュー」があります。機内食が食べられるレストランや飛行機関連のグッズを販売しているショップが入っています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「旭川⇔関西」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「旭川⇔関西」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「旭川⇔関西」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

旭川⇔関西 利用者の体験談

飛行機を使った旅行について

旭川空港から、飛行機を使って大阪関西空港へ向かいましたが、心地よい旅行をすることができましたので、是非おすすめしたいと思います。旭川空港はとても設備がきれいで広々としており、レストラン街も売店も充実していましたから、待ち時間を楽しく過ごせました。また、大阪関西空港は案内表示板がたくさんありましたし、スタッフの皆さんが親切でしたから迷うことがありませんでした。快適な旅行でしたので、次回もまた飛行機を使いたいです。

関西に飛行機で遊びに行った時の話。

旭川から大阪関西国際空港まで飛行機で行って、大阪で遊んで帰りに空港から飛行機の待ち時間を空港の中で過ごしました。電車で長い海の上の橋を渡って、空港のすぐ近くまで来ることが出来ます。空港の中は、いろんな施設やサービスがあり、3階にはショップや飲食店、薬局、コンビニなんかもあります。郵便局もあって、旅先で郵便物を出すのにも便利になっています。それに、携帯電話の充電器がコインを入れれば使えますので、本当に助かりました。

関西に飛行機で行ってきました。

旭川から飛行機に乗って大阪関西国際空港まで行って、京都で観光をして空港で予約していたタクシー会社のシャトルバスで空港まで戻り、空港で飛行機の待ち時間を過ごしました。空港の中には、いろんなレストランやショップなどが並んでいて、見てまわるだけでも時間を有意義に過ごす事ができました。コイン式の携帯電話充電器なんかもあって、大変助かりました。また、インターネットパソコンもコインを入れたら使えるようになっていて、情報を収集したい時には大変役にたちました。また、利用したい空港です。

飛行機を利用して大阪旅行

旭川空港発の飛行機に乗って、大阪へ旅行に行きました。旭川空港は、出発ラウンジはガラス張りで美しく、解りやすい造りなので、方向音痴の私でも迷うことなくチェックインできました。旭川駅から空港までの定期バスも運行されており、便利でした。大阪関西空港は、降りてすぐのところにたくさんのバスやリムジンサービスのカウンターがあり、目的地へのアクセスにも困りませんでした。トイレには子供用便座もついており、子連れの私には嬉しい設備でした。