空港着の飛行機を検索

青森空港発羽田着の路線情報

青森空港へは、新幹線が乗り入れている新青森駅からバスで約30分の距離です(青森駅、弘前バスターミナルからもバスの便あり)。青森空港から羽田空港へは7時台の始発便からから20時台の最終便まで1日約6便出ていて、全てJALの直行便です。所要時間は約1時間20分です。

青森空港発羽田着空港情報

青森空港の概要
青森空港は、青森市にある地方管理空港であり、本州最北端の空港となっています。年間利用客数は、東北地方では仙台空港、秋田空港に次ぐ3番目の利用客数となっています。運用時間は22時までとなっており、2016年現在、札幌、東京、大阪、名古屋への運行を行っています。駐車場は有料駐車場が1600台あり、そのうち1100台が立体駐車場となっています。

主要駅から青森空港へのアクセス

青森空港へは連絡バスを利用した場合、青森駅から約35分、弘前駅から約60分です。また、車では青森駅正面口から約30分、新青森駅から約30分、五所川原市から約40分、黒岩市より約40分、弘前駅から約50分、大館市より約1時間30分、十和田市より約1時間40分、三沢市より約2時間、八戸市より約2時間20分、むつ市より約3時間となっています。

青森空港の駐車場情報

青森空港には旅客ターミナルビルに直結した駐車場があります。立体駐車場と屋外駐車場があり、立体駐車場の収容台数は1,076台、屋外駐車場の収容台数は454台です。ただし、冬期間の立体駐車場の収容台数は812台となります。駐車料金については、24時間単位での料金加算となり、日帰りの場合は200円、1泊の場合は基本料金200円と泊車料金820円が加算され合計1,020円、2泊の場合は、基本料金200円と泊車料金の2泊分1,640円がかかり合計1,840円となります。3泊以上については、1泊増すごとに820円がプラスされます。

羽田空港の概要

羽田の国内線ターミナルビルは2つあります。羽田第一ターミナルと羽田第二ターミナルです。それぞれ違うたてものですが、地下1階でつながっており、そこには東京モノレールの改札口があります。この連絡通路から地下2階へ行くと京浜急行の改札があります。建物は異なりますが、どちらのターミナルも出発ロビーは2階、到着ロビーは1階です。お土産屋とレストランは3階より上にあります。最上階のデッキで軽食をとることができ、飛行機を眺めながら一息つくこともできます。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港と都心部を結ぶ交通手段として広く利用されているのが、鉄道です。都心部へアクセスを行う場合、2つのルートがあり、品川駅へ京急線を使ってアクセスをするパターンと浜松町へ東京モノレールを使ってアクセスするパターンがあります。いずれの路線でも快速などを使えば、所要時間は約20〜30分となっています。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港から近い観光スポットでは、東京スカイツリーが有名です。2012年に開業した634mの高さを持つタワーです。高さが異なる2つの展望台から東京の景色を楽しめます。スカイツリーは外観のライティングも有名で、夜になると撮影のために訪れる人も多数います。ショッピングセンター「東京ソラマチ」が併設されているので、東京のお土産を買う場所としても人気です。羽田空港からのアクセスは電車のほかに高速バスも利用できます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「青森⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「青森⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「青森⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

青森⇔羽田 利用者の体験談

この前飛行機を利用した際の空港の紹介

つい先日、私は青森空港発羽田空港行きの飛行機に搭乗しました。まずはじめに青森空港についてなんですが、空港自体は簡素で特に注目する点は無いように思われましたが、シンプルであるからこそ道に迷うことがありませんでした。不便に思うところも無く、施設として十分に充実していると感じました。そして、羽田空港についてですが、知名度は高く皆さんももうご存知かもしれませんが、降り立つ直前の夜景はやはり東京だけあって心が惹かれるほどきれいなものでした。

もう一度利用したい空港

青森空港は何度か家族旅行で利用しました。羽田空港からでしたら、1時間30分弱で着くことか出来ます。青森空港のいいところは、あの美味しい新鮮な海鮮グルメを、ターミナル内で食べることが出来るということです。着いて直ぐにでも食べたいという方や、帰る前にもう一度食べたい、という方には嬉しいです。観光名所ということもあり、最寄りの駅や観光地からもアクセスがしやすいので、とても移動が便利だったことを覚えています。

いつも空港でお土産を買います

実家のアル青森から東京に住む親友に会いに行く時は、いつも青森空港で青森の特産品であるリンゴを使ったお土産を買ってから飛行機で羽田空港に向かいます。青森空港はそんなに大きな空港ではないけれど、その分空港内で迷うことがないですし、お土産は豊富に売ってるので、利用する度に違ったものを親友に買えていいです。逆に羽田空港はすごく大きくて広いですが、沢山のショップがあり、行く旅に散策するのが、私の楽しみでもあります。

東京の美術館へ行くために飛行機を利用

テレビで紹介されていた東京にある美術館に行きたかったので青森空港発、羽田空港行きの飛行機を利用して東京へ行ってきました。青森空港の中には、グルメ雑誌で紹介された実績を持つレストランがあったので、青森空港を出発する前に豪華なフルコースを食べる事が出来ました。羽田空港には心が篭った接客をしてくれる職員が揃っていたので、癒しを感じる事が出来ました。羽田空港の中には、20店舗以上の売店があってとても賑やかでした。