空港着の飛行機を検索

新千歳空港発中部国際着の路線情報

新千歳空港は、JR札幌駅から快速で約40分の距離にあります。新千歳空港から中部国際空港までは、ANAやJAL、AIR DO、ジェットスター、スカイマークと5社が運航しています。8時ごろの始発から22時前の最終便まで毎日約18便が運航し、フライト時間は約1時間45分です。

新千歳空港発中部国際着空港情報

新千歳空港の概要
新千歳空港は、北海道千歳市と苫小牧市をまたいで位置している空港で、空港ターミナルビルは千歳市側にあります。道内をはじめ、全国各地と結ぶ便を有し、北海道の拠点空港のひとつとして重要な役割を果たしている空港です。到着ロビーは国内線1階部分に、出発ロビーは国内線2階部分にあります。開館時間は6時20分・閉館時間は24時30分です。(2016.8月現在)

主要駅から新千歳空港へのアクセス

新千歳空港には、国内線ターミナルビル地下1階にJR新千歳空港駅があります。JR札幌駅から、終日約15分間隔で運行する快速エアポートを利用すれば、約37分でJR新千歳空港駅に着きます。快速エアポートの始発はJR小樽駅で、直通で約73分です。JR石勝線やJR室蘭本線を利用した場合は、ひとつ前のJR南千歳駅で乗り換えます。

新千歳空港の駐車場情報

新千歳空港の駐車場は、A駐車場・B駐車場・C駐車場の3つがあります。AとBはそれぞれ連絡通路を隔てて横並びになっており、空港ビルと直結しています。24時間営業で、車の収容台数は3,600台です。CはA・Bと少し離れたところにあり、24時間営業・収容台数は普通車243台・観光バス61台ぶんと少し規模は小さめです。週末および繁忙期(GW・お盆・連休など)は大変混雑するので、時間に余裕をもって行動することをお勧めします。

中部国際空港の概要

中部国際空港は、名古屋市の南、知多半島にある空港です。海の上の埋め立て地の上に作られました。名古屋からは電車で約30分とアクセスもよく、中部地方と全国を結ぶ空港として稼働しています。空港4階のスカイタウンと名付けられたエリアにはレストランとショップが並び、ショッピングセンターとしても楽しめます。味噌カツやきしめんといった名古屋めしも味わうことも出来ます。また常設でアート展示をしているほか、ビアガーデンやグルメフェアなどのイベントも多数開催されています。飛行機好きの人はもちろん、お買い物や美味しいもの巡りが好きな人も楽しめるスポットです。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

中部国際空港は、愛知県常滑市に位置しており、名古屋鉄道の中部国際空港駅から名古屋駅まで特急「ミュースカイ」を利用して約30分です。途中の金山駅ではJR線と名古屋市営地下鉄線、名古屋駅では新幹線、JR線、近鉄線、名古屋市営地下鉄線と接続しており、名古屋市内の主要駅や東海地方各観光地への移動が可能。また名古屋市内の主要駅や愛知県東部の主要駅、三重県桑名駅、静岡県浜松駅等には空港から直行バスも運行されています。

中部国際空港の駐車場情報

中部国際空港周辺の観光スポットとして人気なのが、常滑市にある「めんたいパークとこなめ」です。明太子の老舗かねふくが手掛けた新感覚のテーマパークで、展示物や製造工程の見学、明太子の試食や直売が行われており、幅広い年代の方が楽しめます。また、美浜町にあるレジャースポット「ジョイフルファーム鵜の池」では、イチゴ、巨峰、みかん、梨など年間を通して様々な果物の味覚狩りが楽しめ、地元野菜の直売も行っています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「新千歳⇔中部国際」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「新千歳⇔中部国際」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「新千歳⇔中部国際」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

新千歳⇔中部国際 利用者の体験談

北海道旅行へ行ってきました。

先月まで名古屋に住んでいたので、奮発して飛行機で名古屋中部空港から札幌千歳空港まで行ってきました。私は千歳空港がリニューアルされてから初めての利用なので、とても楽しみにしていましたがやはり期待を裏切らないお店と商品があり、あつあつのパンロールやソフトクリームを食べて、1階の落ち着けるハンバーガーショップで友達と待ち合わせしました。帰りも試食だけでもお腹いっぱいになりながらも、海鮮弁当を買ってから飛行機に乗って座席で食べ、とても大満足でした。

観光地としての役割を担う空港

札幌千歳空港も名古屋中部国際空港も、どちらも国内線だけでなく国内線もあり、とても賑やかで大きな空港です。それぞれ北海道、愛知を代表する空港として、観光名所のような役割も果たしています。そのため、実際に飛行機を利用する人々だけでなく、買い物やレジャーのために空港を訪れる人もいるほどです。札幌千歳空港は北海道中の美味しいものやお土産が集まり、名古屋中部国際空港も愛知県の魅力が満載で、国内だけでなく国外からも大勢の人が集まります。

長期休暇の里帰りに利用

北海道の大学へ進学したので、長期休暇の里帰りには必ず飛行機を使用しています。学生は学割を使うことができることからそれなりに節約することができますが、それでも往復チケットを購入すると3万円近くかかります。ただ、札幌千歳空港と名古屋中部空港間の便が充実しているので、早めにチケットを予約しておけばより安く飛行機を利用できることが分かりました。それからというもの、予定は早めに立てるように心がけるようになりました。

札幌から名古屋への旅行

先日名古屋へ旅行に行ってきたのですが、私は北海道在住なので飛行機を利用しました。札幌千歳空港から名古屋中部空港まで行ったのですが、フライト時間は思っていたよりも短く、音楽を聴いている間に到着しました。札幌千歳空港は何度か利用したことがあるのですが、いつ来ても広くて綺麗だと思います。また、北海道に住んでいても、案外知らない北海道限定のお菓子が多くあるので札幌千歳空港で限定品を買うのも楽しみです。名古屋中部空港は初めて行きましたが、ショップなどが充実し、便利だと思いました。