空港着の飛行機を検索

福島空港発伊丹着の路線情報

福島空港はJR郡山駅からリムジンバスで40分ほどの距離です。福島空港から伊丹空港までは全日空とアイベックスエアラインズの2社が運航しています。8時ごろの始発から20時30分の最終便まで毎日4便の直行便が出ており、伊丹空港までの所要時間は、約1時間10分です。

福島空港発伊丹着空港情報

福島空港の概要
福島空港は石川郡玉川村にある空港です。国内線では全日空とアイベックスエアラインズにより3路線が運行されており、札幌の新千歳空港、大阪の伊丹空港との往復便が発着しています。空港内ではキッズコーナーやゲームセンターが設置され、ウルトラマンショーや空港市などのイベントも催され、訪れる人が楽しめるような工夫をしている空港です。

主要駅から福島空港へのアクセス

福島空港への主要な駅となると郡山駅となります。郡山駅からの交通手段としては、リムジンバスが1日だいたい5本ほど運行しています。また、乗合タクシーもあるので、予約しておけばとても便利です。あとは、福島空港はとても駐車場がしっかりと整備させているので、マイカーでのアクセスも可能です。

福島空港の駐車場情報

福島空港には、南駐車場・中央駐車場・北駐車場という大きな3つの駐車場があります。これらの駐車場の合計の収容可能台数は2,300台です。駐車場にはゲートがあり、朝5時30分から夜21時30分まで利用可能です。3つの駐車場の中で最も旅客ターミナルビルに近いのは中央駐車場です。料金については、どの駐車場も無料で利用できます。旅客ターミナルビルにはレストランやショップなどもあるので、旅行者だけでなく空港見学者も利用しやすいでしょう。

伊丹空港の概要

伊丹空港は1939年に開港し、関西の主要空港です。国内26都市にネットワークがあります。出発便はJALとAMXの北ターミナルとANAとIBXの南ターミナル、間に両ターミナルを連結する中央ターミナルビルに分かれており、到着の便は全て北到着ビルになります。ビルの開館時間は5:30から22:00までです。中央ターミナルは、2Fがモノレール連絡口に直結しています。アクセスは車の場合、梅田まで約30分、京都へは約1時間。また、バスやモノレールでのアクセスも充実しています。

主要駅から伊丹空港へのアクセス

伊丹空港は、大阪・神戸・京都へもアクセスのいい、便利な空港です。梅田へは電車で約30分、神戸へは電車で約60分、京都へは電車で約70分。関西空港へも直通バスが出ているので、移動が楽です。また、日本一の大観覧車があるEXPOCITYや市立吹田サッカースタジアムの最寄駅である万博記念公園駅へは、モノレールで約20分です。

伊丹空港の駐車場情報

関西の玄関口である伊丹周辺には沢山の観光スポットがあります。中でも、昨年秋に開業したエキスポシティは、伊丹空港から大阪モノレール一本で行けるおすすめスポット。触って学べる体験型動物園『ニフレル』や、高さ日本一の観覧車『Redhorse OSAKA WHEEL』など、楽しいアトラクションが目白押しです。また、ライド型シアター『4DX』設備搭載の109シネマズもあり、雨の日でも天候を気にせず一日中楽しめます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「福島⇔伊丹」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「福島⇔伊丹」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「福島⇔伊丹」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

福島⇔伊丹 利用者の体験談

空港を利用した旅行について

福島空港から、飛行機で大阪伊丹へ行きました。とても心地よい旅行をすることができましたので、是非ともおすすめしたいです。空港までは、県内の各駅からリムジンバスが出ていますから、ホームページで所用時間と料金を確かめてから利用しました。空港の中には売店がありますのでお土産を買うことができましたし、チケットロビーには美術品の展示物や遊戯コーナーがありましたので楽しく過ごせました。次回も、旅行をする時には空港を是非使いたいです。

久しぶりの空の旅は最高でした

福島から大阪に観光旅行をしようと思い、福島空港から大阪伊丹空港までの便を使い空の旅をしました。福島空港へは福島駅からシャトルバスを利用して向かい、到着してから出発までが30分程度でしたのでバスの時刻設定が工夫されているなと感じました。1時間10分程度搭乗し定刻通りに大阪伊丹空港に着きましたので、こちらのバスもあまり待つ事無く大阪市に行く事が出来ました。パッケージツアーを利用して2泊3日の旅を楽しめましたので、また大阪に行きたいと感じました。

里帰りの帰りに利用しました

福島への里帰りの帰りに、福島空港を利用しました。ちょうどお昼時だったのでレストランシャロンで昼食をとったのですが、子供たちは大きなかつ丼に大喜びでした。食後、子供たちを3階のわくわくらんどたまかわで遊ばせながらフライトを待ちました。国内線出発ロビーはカラフルでポップな雰囲気で子供たちも楽しそうでした。フライトを終え、大阪伊丹空港に着くと、少し疲れが出たので、子供たちは夫に預け、私は10分リラクゼーションを行い、リフレッシュして帰宅の途につくことができました。

東北地方から関東へのアクセス

飛行機の航空チケットにはありがたいことに早割りサービスというのがあります。学生なので出来る限りやすいチケットを利用したいと考えるので、早めに予定を立てて早割りサービスを利用しています。毎年ゴールデンウィークに大阪の実家へ変えるときには、福島空港から大阪伊丹空港間の便を利用して実家に帰ります。福島から大阪はビジネス利用が多いことから便数が充実しています。早割を利用することによって5千円ほどお得になります。