空港着の飛行機を検索

福岡空港発いわて花巻着の路線情報

福岡空港へは博多から地下鉄で10分以内で行けます。福岡空港からいわて花巻空港へ向かう飛行機は1日あたり1便でJALによって運航されています。所要時間はおよそ2時間となっています。出発は11時10分頃です。

福岡空港発いわて花巻着空港情報

福岡空港の概要
福岡空港は、1972年に開港した九州を代表する空港です。2016年9月現在、ANA・JAL・SKYなど11社の運航で、羽田・伊丹・中部国際空港など全27路線に定期便が就航しています。国内線ターミナルは、第一、第二、第三に分かれており、定期便の就航時間に合わせ、開館時間は5時30分頃から22時30分頃までです。全国でも数少ない市街地にある空港として知られ、福岡指定地下鉄と直結していて、地下鉄を利用すると、博多駅まで約5分、福岡市の中心である天神駅まで約10分で到着します。

主要駅から福岡空港へのアクセス

博多駅から福岡空港までのアクセスは、電車利用の場合では、空港線の福岡空港行きの電車で移動します。約5分で福岡空港に到着します。バス利用の場合、博多バスタ―ミナル1Fのバス乗り場で福岡空港までの西鉄バスが出ています。また高速バスも利用することができ、筑豊急行バスに乗車すると福岡空港の第3ターミナルに着きます。

福岡空港の駐車場情報

福岡空港内にある駐車場は24時間営業で、午前7時から午後11時までは有人対応しています。収容台数は837台で立体駐車場になっていて、高さは2.2m、重量は2トンの制限があります。駐車場に入ってからの30分は無料で、1時間毎に普通車は200円、二輪車は100円、大型車は600円の料金が発生します。11時間を超えて24時間までは定額料金で利用でき、普通車は2400円、二輪車は1200円、大型車は7200円となっています。

いわて花巻空港の概要

いわて花巻空港は1961年に空港整備事業を開始した、岩手県で1つしかない空港です。国内線と国際線の設備がありますが、定期便の国際線は就航していません。就航路線は新千歳空港・大阪国際空港・福岡空港・名古屋飛行場となっています。空港は釜石自動車道の花巻空港インターチェンジからほど近いところにあります。花巻空港駅や盛岡駅から岩手県交通によって、空港までバスが発着しています。利用者の数は年々減少していましたが、名古屋線の運航再開などによって近年は増加傾向にあります。

主要駅からいわて花巻空港へのアクセス

いわて花巻空港には鉄道路線の乗り入れがなく、空港アクセスバスが運行されています。本バス路線は飛行機の発着時刻に合わせて運行します。予約は不要です。到着ロビー正面にあるバス会社のカウンターでは割引特典のある往復乗車券の購入が出来ます。バスの最終到着地はJR盛岡駅ですが、最寄りのJR花巻空港駅でも下車できます。

いわて花巻空港の駐車場情報

いわて花巻空港から近い観光スポットの一つに「花巻温泉」があります。「花巻温泉」は、自然に恵まれた25万坪の敷地面積のなかに、旅館とホテルが4軒建つ東北有数の温泉リゾート施設です。館内には、レストランやバーラウンジ、旧商家から移築した蔵で楽しめるカフェなどの食事処、カラオケや卓球場などのアミューズメント施設があり、滞在中は温泉以外にも楽しめる場所がそろっています。また、園内には、国指定名勝の「釜淵の滝」や、花巻出身の作家である宮沢賢治の設計した日時計花壇、約450種6000株をこえる様々なバラが楽しめる「花巻温泉バラ園」もあり、四季折々の自然を楽しみながら温泉地でリフレッシュすることができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「福岡⇔いわて花巻」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「福岡⇔いわて花巻」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「福岡⇔いわて花巻」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

福岡⇔いわて花巻 利用者の体験談

また旅行で使いたいです

先日福岡から岩手に旅行をした際に航空機を使って旅行をし、福岡空港からいわて花巻空港まで快適に搭乗する事が出来ました。福岡空港へは福岡市内の自宅からタクシーを使って行ったのですが、あっという間に到着してすぐに搭乗ゲートがわかりましたので、乗るのが初めてであってもわかりやすい案内でした。いわて花巻空港は盛岡市に近い花巻市に位置している空港ですので、空港から盛岡市への移動がシャトルバスで楽にできました。空港内は到着ロビーが1階でしたので到着後10分もせずに手荷物を受け取る事が出来ました。

旅行で初めて使った空港

以前行った事ない所に旅行に行こうという事になり、地元福岡空港から出発して岩手まで行ってきました。到着したのは初めて利用する、いわて花巻空港。静かで、とても感じのいい空港でした。子供も連れての旅行だったので色々と心配もしていましたがいわて花巻空港には授乳室やキッズルームなどもありお母さんには、とても便利で有難かったです。レストランやご当地のお土産屋さんなども沢山ありバスを待つ間のんびり回りながら楽しむ事ができました。

とっても便利な空の旅。

福岡空港から、いわて花巻空港までの空の旅でした。福岡空港はアクセスがよくて、便利な場所にあるので楽チンですし、しかもレストランも充実しているので、あえて早めについて食事を楽しむのも有りだと感じました。これからも利用し続けたい空港の一つです。いわて花巻空港でお土産屋さんを見ていたら、宮沢賢治グッズや地酒など名産が充実していて、ついつい長居してしまいました。こちらもまた今後利用してみたい空港となりました。

岩手の祭りに参加するために空港を利用

岩手で行なわれる地元の祭りに参加したいと考えた私は福岡空港発、いわて花巻空港行きの飛行機に乗り込んで岩手に向かいました。福岡空港には気さくに話しかけてくれる社員がいたので、気分良く出発時の手荷物検査を受ける事が出来ました。いわて花巻空港は土産物売り場が充実している空港なので、地元の友人たちへのプレゼントを買う際に役立ちました。店舗が多くて買い物に便利だったので次回も、いわて花巻空港を使いたいと思います。