空港着の飛行機を検索

山形空港発小牧着の路線情報

山形空港から小牧空港まではフジドリームエアラインズの運航している定期便があります。1日1〜2便。山形空港を出発する路線は、約1時間15分で小牧空港との間を結んでおり、広く利用されています。

山形空港発小牧着空港情報

山形空港の概要
山形空港は山形県内はもとより福島県北部や秋田県等の隣県からの利用客も多い、東北の主要空港の一つです。西日本方面への運行本数が多く、東北と関西方面を結ぶ重要な交通手段となっています。空港の施設的特徴としては、観光客向けの土産品ショップが充実している点が挙げられます。また、観光PR活動の一環として、定期的な催し物が行われているのも個性的です。

主要駅から山形空港へのアクセス

山形市内から山形空港へアクセスにはシャトルバスを利用します。山形駅から、十日町角、南高前、県庁前を経由して約30分です。山形市外からのアクセスにはライナーと呼ばれる予約制乗り合いタクシーが便利です。東根市、天童市、などの5つの地域と空港を結んでいます。山形空港に最も近いJRさくらんぼ東根駅からのアクセスは、予約制乗り合いタクシーで約10分です。

山形空港の駐車場情報

山形空港の駐車場には766台の収容が可能となっており、駐車料金は駐車日数にかかわらず終日無料となっています。駐車場は5時40分から23時までは出入りが可能で、ゲートが閉鎖する23時に間に合わない場合は山形空港事務所への申し出が必要です。さくらんぼシーズンに入る6月中旬からは混雑が予想され混雑が生じた際は駐車場の利用は航空便利用者優先となり、それ以外の利用客は状況により第2駐車場を利用することになる場合もあります。

小牧空港の概要

小牧空港は、所在地からそう呼ばれますが、空港施設の通称は県営名古屋空港、航空法上の正式名称は名古屋飛行場です。名古屋市の中心から北へおよそ15キロの濃尾平野北東部に位置しています。かつては、数多くの便が発着していましたが、中部国際空港が開港して以来、ほとんどの路線が同空港へ移転しました。2016年10月現在、旅客定期便はフジドリームエアラインズによる1社9路線のみです。また、小牧空港までのアクセスは、空港連絡鉄道路線はありませんが、立体駐車場が1350台分用意されており、自家用車でのアクセスが便利です。

主要駅から小牧空港へのアクセス

小牧空港へは、鉄道は乗り入れていません。そのため、近隣の駅へはバスを利用してアクセスする必要があります。名鉄線沿いや地下鉄鶴舞線沿いへ出たいという場合には、名鉄西春駅まで路線バスを利用して約20分、JR線沿いへ出たい場合は空港バスを利用して名古屋駅まで約20分で行く事が可能となっています。

小牧空港の駐車場情報

名古屋空港の近くにある小牧山は平野の真ん中にあり、山全体が史跡公園です。桜の名所としても古くから知られています。かつて、織田信長が美濃攻めの拠点として築城した小牧山城がありました。山の頂上には、実業家が私財を投じて建設し後に小牧市に寄贈した歴史館があります。これは京都市にある西本願寺の飛雲閣をモデルに設計され、城があった面影を伝えています。1階から3階は民俗や歴史の資料が展示され、4階は濃尾平野を一望できる展望室になっています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「山形⇔小牧」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「山形⇔小牧」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「山形⇔小牧」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

山形⇔小牧 利用者の体験談

航空機を利用した旅行について

山形から航空機を利用して名古屋小牧へ旅行をしましたが、短時間で着きましたし、とても快適でしたので是非おすすめします。空港の中はきれいな設備ばかりでしたし、レストランや売店が充実していたので退屈しませんでした。また、インターネットもできますから、待ち時間を有効に使うことができました。山形駅からはシャトルバスも出ていますし、ホームページには料金や所要時間も記載されていましたから重宝しました。次回も航空機で旅行したいです。

久しぶりの規制は飛行機で

仕事で山形に転勤して以来、初めて帰省をしました。山形空港から名古屋小牧空港まで飛行機での帰省です。4月に入ってもまだまだ寒い山形でしたが、愛知に着き飛行機から降りると暖かい春の陽気が漂っていました。柔らかな風が吹き、サクラが咲いているところもありとても心が和みました。暖かな日差しの広い青空の下、滑走路を行き来する飛行機を見るのは、子供だけでなく大人も心が吸い込まれるような気がし、とても印象深いものでした。

飛行機の発着の写真撮影

山形空港では、名古屋小牧空港行きのフライトまで少し時間があったので、ぼんやりと飛行機が発着する様子を眺めて過ごしました。手持ちのデジカメで飛行機が飛び立つ瞬間を撮影することができてとても満足です。その日は休日だったので、山形空港にはたくさんの家族連れやカップルたちが飛行機を眺めていました。空港にはレストランやカフェもあるので、家族で楽しんだり、デートをしたりするスポットとしてもいいところだなあと思いました。

新規就航の路線を楽しめました

先日私は2014年3月末に運航開始した山形〜名古屋小牧の路線を使って名古屋観光をする事にしました。運賃は搭乗予定の1週間前に予約しておけば半額程度の運賃で利用できますので、有給休暇を取ってから割安運賃でチケットを購入できました。山形空港は初めて使いましたが、無料無線LAN(会員登録が必要)がビジネススペースで利用できましたので、搭乗前の待機中も退屈する事はありませんでした。名古屋小牧空港は名古屋市から程近い場所にありましたので、すぐに名古屋市街地にバスで行く事が出来ました。