空港着の飛行機を検索

八丈島空港発羽田着の路線情報

八丈島空港は、底土港から徒歩44分程の距離です。八丈島空港から羽田空港までは、ANAの1社が運航しています。9時の始発から17時15分まで(2016年10月現在)の最終便まで毎日3便の直行便が出ており、東京都にある羽田空港までの所要時間は、約55分です。

八丈島空港発羽田着空港情報

八丈島空港の概要
八丈島空港は、東京都八丈町にある空港です。2000メートルの滑走路1本を有しています。現在は、東京(羽田)にANAが1日3往復運航しています。飛行時間は約50分から約55分で、使用機材はボーイング737です。その他には、東邦航空が青ヶ島、御蔵島にコミューター航空路線を開設しています。なお、八丈島空港の年間乗降客数は約20万人です。

主要駅から八丈島空港へのアクセス

八丈島空港には町営のバスがあります。島内を循環するタイプで、町役場や町立病院からであれば約20分ほどで行くことができます。南部の神湊からだと、バスで約10分で町役場に出て、町役場で空港に向かうバスに乗り換えます。タクシーは地区ごとにタクシー会社が運営していますから、そちらに電話をすると来てもらえます。

八丈島空港の駐車場情報

八丈島空港にはターミナル前面に合計で274台が収容可能な駐車場が整備されています。午前8時から午後6時までの間で入出庫が可能です。利用料金は、利用時間や車種に関わりなく無料。繁忙期や土日祝での料金も発生しません。1泊以上の駐車も無料で利用可能です。駐車スペースとは別個に、出迎え専用の待機場も用意されており、観光シーズンなどで来客が多い時期の出迎え待機時には、こちらのスペースで待機する事が出来ます。

羽田空港の概要

羽田空港は、関東圏での国内線空港のメインとして機能しています。正式名称は「東京国際空港」。24時間利用が可能な空港です。首都圏からのアクセスの非常によい空港で、全国でも1位2位を争う多くの利用客でにぎわっています。近年では、国際線の路線も増えました。空港内の設備や施設・飲食店・土産物店等も整っていて、快適で楽しい空港です。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は東京都大田区に位置する日本国内で最大級の空港です。空港内に東京モノレールと京急本線があり、空港からそのまま電車に乗り、東京方面、神奈川方面、千葉方面など様々な場所に行くことが出来ます。東京モノレールは山手線の浜松町まで直通で行くことが出来、京急本線は、品川、新橋、日本橋、浅草、成田空港、横浜など様々な場所に直通で乗り換えなしで行くことが出来ます。東京の23区内にある空港なため、何処に行くにも近く、大変便利な空港です。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港周辺の観光スポットの1つに、大田区東海にある、東京港野鳥公園という観光スポットがあります。多くの野鳥や水辺の生き物が生息しています。観光客の多くは野鳥を見つけると写真を撮ったりして楽しんでいます。休日も静かな雰囲気で心が落ち着く穴場スポットでもあります。より間近で観察する事が出来る小屋があり、そこでは持参した双眼鏡などを使用すればズームで野鳥を観察できます。面積も広く、24haの面積を誇ります。駐車場もありますのでお子様連れに人気の観光スポットになっています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「八丈島⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「八丈島⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「八丈島⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

八丈島⇔羽田 利用者の体験談

東京から東京へ飛行機を乗り帰省

旅行で八丈島に行き、そこから羽田空港に帰ってきたときなんですが八丈島をたつときは八丈島空港を利用しました。八丈島空港はあまり大きくはない空港なんですが、施設は充実しており、レストランやお土産の販売店など名産品、名物も充実していました。そしてそこから羽田空港に向かい着陸する前の夜景を見て少しの安堵と感動を覚えました。素晴らしき東京の夜景、そして普段ならうるさいと感じる喧騒も久しぶりに聞くと案外心地よいもの聞こえます。

ジェット機だったのであっという間でした

先日八丈島から東京にいる親戚に会うために飛行機を使わせてもらいました。八丈島空港と羽田空港の間はジェット機が就航しており、たった50分で着いてしまうという事でしたので初めて利用しました。八丈島空港は、受付から搭乗ゲートまでの行き方がわかりやすく初めてでも問題ありませんでした。羽田空港は予想以上の大きさでしたので道に迷ってしまうかと思いましたが、案内図が至る所にありましたので心づかいがある空港だと思いました。

釣り旅行に行ってきました

八丈島まで釣り旅行に行った帰りに八丈島空港を利用しました。空港内のお食事処、アカコッコで八丈島名物の島ずしと明日葉そばのセットを食べ、お土産に島焼酎とくさやを買い、14:20のフライトを待ちました。フライトは約1時間で羽田空港に到着しました。羽田空港に着いたら、連日の釣りの疲れがどっと出たので、てもみんで30分ほどマッサージを受けました。空港からは京浜急行が直結しているので、家まで座ってスムーズに帰れ、いい旅の締めくくりになりました。

大自然に包まれた東京のアウターアイランド

八丈島は東京から南へ約300キロにあり、黒潮に一年中洗われている関係で気候も温暖な地です。ヒラマサやカンパチの青物、石鯛、クエの底魚の超大物釣りで有名で釣り師の憧れの地です。ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツ、山歩きやサイクリングも楽しめる所です。東京に近くて、海に加えて温泉も湧き出している観光地なので、一度訪れると何回も行きたくなるような場所です。行きは竹芝桟橋から夜に発って早朝に八丈島に着く大型客船で、帰りは飛行機なら約1時間で羽田なので、次の日の仕事に疲れを残すこともありません。