空港着の飛行機を検索

広島空港発羽田着の路線情報

広島市街から約55km離れた広島空港から、東京都内の海沿いにある羽田空港へは、全日空・日本航空の2つの航空会社が運行しています。広島空港から羽田空港行きの飛行機はおよそ8時から21時の間で運行しています。この区間は、平日は首都圏へ出張するビジネスマン、休日には観光客の利用が多いようです。広島空港は山間部にあるので気象の影響を受けやすく、霧が発生することがあります。遅延や欠航が起きることがありますので、注意が必要です。

広島空港発羽田着空港情報

広島空港の概要
広島空港とは広島県三原市にある空港で、中国・四国地方では松山空港と並んで大きい空港です。年間旅客者数は約240万人で、羽田空港にはANAとJALの2社で1日18往復が運航されています。現在、広島駅とは高速バスで45分程で結ばれていますが、広島駅新幹線口から空港までの全区間を高速道路で結ぶ計画が進んでおり、開通後は約38分でアクセスが可能になります。旅客者数拡大のために広島県が様々な対策を打ち出しており、今後が期待されます。

主要駅から広島空港へのアクセス

広島空港へのアクセスは、空港まで鉄道の乗り入れがないため、バスを利用すると便利です。最寄りとなるJR白市駅や、JR広島駅といった主要駅から空港行きのバスが直通・路線ともに運行しています。JR白市駅からはおよそ15分で、JR広島駅からはおよそ45分で広島空港まで結んでいます。車を利用する場合、広島ICから約35kmの河内ICを出て約5km、尾道ICからは約20kmの本郷ICを出て約6.5kmで空港に到着します。

広島空港の駐車場情報

広島空港は、24時間営業です。空港駐車場は1149台(マイクロバス3台)の収容、県営第1は593台、第2は645台、民営正広駐車場は1426台(ターミナルビルまで無料送迎サービス有り)の全3800台分のゆったりとした駐車場になります。平成28年2月1日より入場から30分間無料で、入場から72時間以降は長期割引になっています。5時間から24時間まで一律800円です。身障者は割引料金になっています。また、電気自動車用の普通充電設備を設置しています。

羽田空港の概要

羽田空港は、国際線はもとより国内航空輸送網の拠点となる空港です。4本の滑走路があり、面積は国内最大級の約1500ヘクタールの広さです。第一旅客ターミナルと第二旅客ターミナルがあり、屋上の展望デッキからは360度の大パノラマを楽しめます。また、地下1Fには、さまざまな種類の食事を楽しめるレストランや飲食店が揃っています。クリニックや歯科などもあり、安心です。ラウンジや多目的ホールなど、いろいろな場面を想定した快適に過ごせる空間作りが行われています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港から渋谷駅までの交通アクセスは、まず、羽田空港国際線ターミナル駅から京急空港線エアポート急行泉岳寺行きの電車に乗車し、5駅先の品川駅まで行きます。品川駅でJR山手線(渋谷・新宿方面行)の電車に乗車すると、5駅で渋谷駅に到着します。料金は580円で約40分程度かかります。羽田空港国際線ターミナル駅からは”京急空港線”のほかに”京急本線泉岳寺行き”の電車に乗車しても品川駅まで行くことができます。京急本線を利用した場合、4駅で品川駅に行けます。

羽田空港の駐車場情報

エプソンアクアパーク品川は、羽田空港から京急線で行くことができる水族館です。移動時間は、京急線で羽田空港国際線ターミナル駅から品川駅まで最速11分、品川駅からアクアパークまでの距離も徒歩10分と訪れやすい場所にあります。音や光、映像による演出で、生きものやアトラクション、ショーなどのイベントを楽しむことができ、ほかの水族館とは違った体験ができます。また、営業時間も22時までなので、多少遅くなっても大丈夫な点も利用しやすいポイントです。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「広島⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「広島⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「広島⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

広島⇔羽田 利用者の体験談

90分の快適な空の旅

広島から羽田空港までのフライトを利用しました。いつもは新幹線で移動するのですが、今回は初めて飛行機を使ってみました。新幹線だと約4時間かかる移動が飛行機だと約90分、半分以下の時間で東京までいけます。広島空港も羽田空港も街の中心からのアクセスがいいので、待ち時間などを含めても飛行機の方が快適に、早く移動することができます。広島空港までは広島駅からバスが出ているのでアクセスはとても良く、空港内にはお店も多いので、東京で会う人にちょっとしたおみやげを買っていくこともでき、おすすめです。

帰省時の交通機関について

羽田〜広島間の帰省時の交通機関は新幹線・飛行機・夜行バスなど様々ですが、所用時間が一番短縮できるのは、飛行機です。事前に購入すれば、航空券も安く手に入れる事が出来るようになりましたが、まだまだ高いイメージです。実際に使用して感じた事は、平日でも乗客は想像していたよりも多かったのですが羽田〜広島間にはLCC便がありません。広島空港も市内から離れた場所にあり、少し不便に感じました。しかし、リムジンバスでの送迎などもあるので、LCC便でさらに価格が安くなると利用客も増加するのではないかと思います。

夏休みに旅行に行った帰りに利用しました

去年のお盆休みに広島まで旅行に行った帰りに、広島空港を利用しました。JR白市駅からバスで15分と、アクセスもよく、空港に着いたらちょうどお昼だったのでチェックイン後に空港内のレストラン、ロイヤルで食べた牡蠣フライ御膳もとても美味しかったです。さすが広島の牡蠣は違うなぁ、と思いました。フライトを終えて羽田空港に到着したら、旅の疲れが出てきたので、空港内のリラクゼーションスペース、てもみんでマッサージを受けたあと、東京モノレールで帰宅しました。

ビジネスラウンジ利用

広島出張の帰りは、いつも広島空港の出発ロビーにあるビジネスラウンジを利用します。有料ですが、空港のカフェに入ってもお金はかかりますし、ビジネスラウンジではソフトドリンク飲み放題ですし、ゆっくりテレビを見ながら搭乗する飛行機を待てるので、自分へのご褒美のつもりでいつも利用します。そして地元ということでなかなかお土産を買うことがなかった羽田空港で先日自分用にスイーツ土産を買うと、すごく美味でびっくりしました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.