空港着の飛行機を検索

函館空港発丘珠着の路線情報

函館空港へは、JR函館駅から約9kmあり、バスで約22分程度かかります。函館空港から丘珠空港まではJALとHACの2社が運行しています。8時台から18時台までの毎日約12便の飛行機が出ています。札幌市に近い丘珠空港までの所要時間は約40分です。

函館空港発丘珠着空港情報

函館空港の概要
函館空港は北海道の函館市にある空港です。道南の政治、経済、文化の中心であり、観光にも恵まれた函館市の中心部から9キロ程の場所に位置し、利便性の高い空港です。新千歳空港に次いで、北海道第2の規模を誇る空港であり、運用時間は7:30から20:30までです。1961年開港であり、小規模ながら充実した施設も整っている空港です。

主要駅から函館空港へのアクセス

近隣のJR函館駅から函館空港まではリムジンバスが出ていて、所要時間は約20分です。その他のアクセスでは函館バスが運行している路線バスがあり、五稜郭前のバス停から空港までは約30分です。五稜郭駅から道南いさびり鉄道の各駅停車函館行きに乗車し空港まで行くアクセス方法では、函館駅でリムジンバスに乗り換えます。

函館空港の駐車場情報

函館空港には、国内線ターミナルビル前に791台収容可能な駐車場があります。専用スペースはありませんが大きさ制限内の大型車も利用可能です。身がい者枠は10台分確保してあります。駐車料金は、入場から30分まで無料です。普通車の場合、30分以降2時間までは30分毎に100円、2時間以降は1時間毎に150円が24時間で800円を上限に加算されます。また72時間以降は24時間の上限は700円になります。空港ビルの提携テナント利用で駐車料金割引券がもらえるサービスもあります。最大で連続駐車は14日までとなっており、それ以上の利用は事務所への届け出が必要です。

丘珠空港の概要

札幌丘珠空港は、北海道札幌市にある空港です。陸上自衛隊の専用飛行場でしたが、1961年に民間機の乗り入れが開始され「丘珠空港」と通称されるようになりました。設備の管理者は防衛省となっていて、陸上自衛隊丘珠駐屯地との共用飛行場として使用されています。札幌市の中心から直線距離で6kmと近く、市営地下鉄東豊線栄町駅からは車で5分程度となっています。また連絡バスなども札幌市内数か所と結ばれていて、アクセスのいい空港です。

主要駅から丘珠空港へのアクセス

丘珠空港は札幌駅の北東、札幌市東区丘珠町に位置し、市街地からは比較的近距離にあります。交通機関は地下鉄東豊線やバスが利用でき、地下鉄東豊線栄町駅から丘珠空港まではバスで約5分、徒歩でも約20分です。バスの路線は豊富で、札幌中心部のほか地下鉄東豊線栄駅や地下鉄南北線麻生駅との間を行き来するなど、移動には便利な空港です。

丘珠空港の駐車場情報

札幌丘珠空港の近くにあるスポットの1つに丘珠空港緑地公園があります。18ホールのゴルフ場や飛行機の離発着を見ることができる展望エリアなどがある広さが385949平方メートルもある綺麗な大きな公園になっています。子供たちに人気があるのは、ヘリコプタや飛行機をモチーフにした珍しい遊具です。無料駐車場が完備されていて、食事持込も許可されているのでピクニックもできるので、家族連れの人や大人も楽しめます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「函館⇔丘珠」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「函館⇔丘珠」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「函館⇔丘珠」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

函館⇔丘珠 利用者の体験談

道内の出張も飛行機なら楽々

広大な北海道は、各地域の中核都市の間の距離も相当なもので、出張で出かける場合も結構な負担が伴います。しかし、札幌丘珠から空の便を利用すれば、時間と距離は大幅に短縮可能です。先日も函館までの出張があったのですが、通常なら一泊となるのが日帰りで完了できました。しかも、函館市内で美味しい海産物を堪能する時間まで確保可能でした。道内の旅行や出張で遠方にいく場合は、アクセス良好な札幌丘珠の利用が便利と感じる瞬間です。

飛行中は外から目を離せません

jr函館駅から空港連絡バスに乗ると啄木小公園、湯の川温泉と市街地を後にして湯倉神社を経由して空港に20分ほどで到着します。函館空港の滑走路は海と並行に設置されているので、海に向かって離陸します。飛び立つと函館山や五稜郭が眼下に海の色と対比して鮮やかに広がって見えてきます。左に旋回して、札幌丘珠に向かいますが、今度は大沼・駒ヶ岳が見えて、次に羊蹄山が見えてきます。40分ほどで広大な石狩平野の中央に札幌丘珠空港の滑走路が見えてきまが、滑るように札幌市の住宅地の中に着陸します。

飛行機で札幌までひとっ飛び

この間、札幌まで買い物旅行に行ったのですが、いつもは新千歳空港を使っていたのですが、初めて函館から札幌丘珠着で行ってきました。函館空港はいつも使っているので馴染みがありいい空港なのは知っていましたが札幌丘珠空港が想像よりもとてもいい空港でした。札幌丘珠はこじんまりとした空港ですが手続きが早く、空いているので移動も楽にできました。また、札幌の中心部までもとても近く、買い物を時間いっぱい楽しむことができました。

観光目的で使いました

先日私は、雪まつりを見に行く観光のために函館空港から札幌丘珠の路線を使いました。函館駅から出ているバスを使って空港まで行きましたが、20分強の乗車で着きましたのでアクセスしやすい空港であると感じました。空港内は有料待合室・レストラン・売店等が設置されていましたので、搭乗前の待機時間は退屈する事無く過ごせました。札幌丘珠空港は市街地に大変近い場所に立地しておりますので、空港前に停まっていたタクシーを使って簡単に市内に行く事が出来ました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.