空港着の飛行機を検索

いわて花巻空港発伊丹着の路線情報

いわて花巻空港から伊丹空港へ向かう飛行機は1日あたり4便で、すべてJALで運航されています。所要時間はおよそ1時間30分となっています。始発便は9時15分頃発で最終便は18時55分頃発です。およそ3時間おきに運航されています。

いわて花巻空港発伊丹着空港情報

いわて花巻空港の概要
いわて花巻空港の正式名称は花巻空港です。この空港は1961年開港岩手県花巻市の地方管理空港です。敷地面積は1722278平方メートルで、滑走路は1本です。運用時間は8:00−19:30です。キャッチフレーズは「イーハトーブの風にのって」で、イーハトーブとは宮沢賢治による造語で理想郷という意味です。岩手県唯一の空港で県民の長距離移動の要となっています。

主要駅からいわて花巻空港へのアクセス

いわて花巻空港に最も近い駅はJR花巻空港駅で、空港まではアクセスバスで約10分でアクセスすることができます。いわて花巻空港へのアクセスバスはJR盛岡駅からも発着しており、約43分でアクセスできます。新幹線の新花巻駅からはアクセスバスを利用することはできませんが、タクシーを利用すると約10分でアクセスすることが可能です。

いわて花巻空港の駐車場情報

いわて花巻空港には1,150台分の駐車場が完備されており、見送りを含め空港利用者なら誰でも無料で駐車することができます。空港の正面に位置する第一駐車場が最も近く、669台の駐車が可能です(うち、身がい者用が12台)。運用の時間は6時から21時までで、G・Wや年末年始などの混雑時にはスタッフが誘導することがあります。長期旅行などで7日間以上利用する場合は、ターミナル2階の花巻空港事務所分室への申請が必要となります。

伊丹空港の概要

伊丹空港は、関西の3空港の一つです。展望デッキからは、飛行機の離着陸を見ることができます。バリアフリー化されていて、エレベーターやスロープがあり車椅子などでの利用も可能です。レストランでは和洋中が取り揃えられています。お土産が買える売店では、お菓子や飲み物の他に、お酒や服や雑貨など様々なものが販売されています。

主要駅から伊丹空港へのアクセス

伊丹空港の最寄り駅は、大阪高速鉄道株式会社が運営する大阪モノレール「大阪国際空港」駅です。空港ターミナル2階にモノレール連絡口があります。北ゲートから直進、エスカレーター脇を通過して飲食店のある通りを左折、トイレや電話の設置された通路を直進するとモノレールの駅に到着します。北ゲートから徒歩約5分程度で移動が可能です。

伊丹空港の駐車場情報

伊丹空港は阪神高速11号池田線と接続しており、タクシーや空港バスを使って30分ほどで大阪市内に行くことができます。道頓堀は古くからの大阪の中心地で、今でもグリコの看板や食いだおれ人形などを見に、特に外国人の方が多く来られます。粉もんや串カツなど大阪を代表する食べ物屋が立ち並び、十分に大阪の食を堪能することができます。道頓堀川にはクルーズ船が就航しており、20分ほどの行程ですが、飛び込む人で有名な戎橋を下からも見ることができ、大阪の雰囲気が伝わります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「いわて花巻⇔伊丹」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「いわて花巻⇔伊丹」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「いわて花巻⇔伊丹」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

いわて花巻⇔伊丹 利用者の体験談

安い価格で利用できました

先日私は、JALを使っていわて花巻から大阪伊丹の便を使って往復しましたが、前もって休暇を取っていたので予約を搭乗日の2カ月程度前にしていた事から格安で購入する事が出来ました。花巻空港へは盛岡からシャトルバスを使って行き、空港内では岩手の特産品を購入して飛行機に乗り込みました。大阪伊丹は大阪北部に位置する利便性の高い空港で、大阪市方面へのシャトルバスが1時間につき数本出ていますので、空港内では時間を無駄にする事無く過ごせました。

子連れで里帰りから帰ってきました

8か月になる子供を連れて大阪から岩手まで里帰りし、帰りにいわて花巻空港から大阪まで帰りました。子連れでの里帰りは初めてだったので不安でしたが、空港内に授乳室があり、おむつ交換と授乳ができたので助かりました。授乳後、レストラン安比高原で美味しい日替わりランチを食べ、フライトを待ちました。フライト中はありがたいことに子供がぐずることもなく、大阪伊丹空港まで到着しました。フライト中子供を抱いていたので疲れた私は夫に子供を預けてコイン式マッサージチェアで凝りをほぐし、自宅へ帰りました。

関西まで飛行機で行って来た時の出来事。

いわて花巻から大阪伊丹空港まで飛行機で行き、京都で観光をしてから帰りの飛行機の時間まで空港内で過ごしました。空港は4階建てになっていて、最上階には展望デッキがあってあたり一面を見渡す事が出来てとてもいいです。また、3階には展望レストランがあり、景色を見ながらリッチな気分で食事を楽しむ事ができます。各所に設けられたコイン式のマッサージチェアーは、長旅で疲れた体を癒してくれます。レンタカーを借りれるカウンターもあり、今度来た時には借りてみたいと思います。

赤ちゃん連れで帰省した帰りに利用しました

子供が産まれてから初めて、家族でいわての旦那の実家に帰省した際、帰りにいわて花巻空港を利用しました。まだ赤ちゃんは5ヶ月で、授乳を頻繁に行わなければならず、不安だったのですが、空港内に授乳室があり、そこで調乳量のお湯も確保できたので、ミルクを作ることができて助かりました。フライトは約1時間半でしたが、ミルクがあったお蔭で赤ちゃんもぐずることなく、大阪伊丹空港に到着しました。大阪伊丹空港にも清潔な授乳室とミルク調乳用のお湯が確保でき、安心して帰宅できました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.