空港着の飛行機を検索

羽田空港発奄美大島着の路線情報

羽田空港は京急電鉄で東京から約30分の場所にあり、各ターミナル駅等からのリムジンバスバスなども便利な空港です。羽田空港から奄美大島まではJALが1日1便直行便を運行しており12:30発になります。所要時間は約2時間10分です。(2016.8月現在)

羽田空港発奄美大島着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は東京都大田区にあり、国内線のハブ空港として使われています。運用時間は5時から24時頃となっています。ターミナルは、第一旅客ターミナルと第二旅客ターミナルから成り立ち、それぞれのターミナルは「マーケットプレイス」という名称の商業施設を併設しています。また第一旅客ターミナルには宴会場や会議室も設備され、一般的な会合や結婚式を挙げることも可能となっています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

都内最大のターミナル駅である東京駅から羽田空港にアクセスする場合、大きく2通りの方法があります。1つは東京駅から浜松町駅で乗り換えて、東京モノレールを利用するパターン、そして、もう1つは品川駅まで行き、品川駅から京急空港線に乗り換えるパターンです。いずれも乗り換えは必ず1回行わなければなりません。なお、いずれのルートも約30分の所要時間となります。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港の国内線ターミナルから近い駐車場はP1からP4まで合計4つの駐車場から構成されています。各駐車場2000台以上の収容が可能となっていますが、ピークシーズンなどには多くの利用者がいるので、注意が必要です。なお、羽田空港の駐車場の一部は事前予約もできるので、予め予約しておけば確実に利用でき、安心です。なお、精算にはクレジットカードが利用が出来、各航空会社系のカードであればマイルも貯める事が出来ます。

奄美大島空港の概要

奄美大島空港は、もとは1964年に、現空港から約2km南方で、1,240mの滑走路で開港されました。その後、ジェット機の運用にはより長い滑走路が必要なことから、1988年に2,000mの滑走路の現空港が開港されました。定期就航路線として、東京(羽田)、成田、大阪(伊丹)、福岡、鹿児島、那覇といった都市のほか、喜界、徳之島、沖永良部、与論といった周辺の島への便があります。運用時間は、8:00から19:30となっています。交通アクセスとしては、与儀又および佐仁発着のバスの便があります。

主要駅から奄美大島空港へのアクセス

奄美空港は鹿児島県奄美大島にある空港で、ターミナル前にタクシーとバスの乗り場があります。バスは奄美市街地まで約60分で到着し、そこから島の各所へアクセスします。タクシーはジャンボタクシーなどを利用することもでき、約4時間から8時間の島内観光プランなどを交えて島の各所へアクセスすることも可能です。

奄美大島空港の駐車場情報

奄美大島空港から比較的近い岬、あやまる岬は奄美大島の玄関口としても有名なところで、土盛海岸などもあり綺麗な場所です。また龍郷町の森展望台からの景色もとても綺麗です。ダイビングなど行う観光客の方も沢山来ています。西郷南洲たつ遺跡もあり、ここは西郷さんが住んでいた住居として有名です。夢おりの郷は、機織りやすり込み染色など一つ一つ手作りされた反物を体験することができ、そして伝統工芸を味わうことができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔奄美大島」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔奄美大島」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔奄美大島」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔奄美大島 利用者の体験談

ダイビングを楽しむために

趣味であるダイビングをするということは、都会の喧騒から離れて自然豊かな離島へ足を運び、自然に囲まれながらゆったりと流れる時間を過ごすという魅力があります。羽田空港から国内線を利用して奄美大島へ時々ダイビングをしに出かけるのが、人生の楽しみの一つでもあります。飛行機に乗ってしまえばあっという間に都心を離れて自然豊かな奄美空港に到着します。すでに何度も利用している宿に荷物を置き、そこからダイビングへと向かいます。

一生の思い出になる空港

私は先日、結婚式を羽田空港で挙げました。羽田で出会ったので、この場所を大切に出来たらと思い、この場所を選びました。空港ならではの演出も出来ましたし、遠方の親戚も空港という事もあり、行きやすいといってくれたので、とても良かったです。式終了後は、空港内のホテルに親戚も私達も宿泊しました。翌日、ハネムーンで奄美大島に行く事も出来たので、至れり尽くせりの結婚式とハネムーンになり、何より、親戚の方にもとても喜んでもらえたのが、一生の思い出になりました。

アウトドアが好きな人の為の航空路線

安い航空券で旅行を楽しみたい、関東に住む者にとって奄美大島は意外と行きにくいエリアの一つです。その理由は直行便がJAL1社で1日1便しかないことと、割引航空券の取り難さにあります。夏の繁忙期など、予約受付が始まるとすぐに埋まってしまい、沖縄より近いのに格安チケット入手の難しい路線です。格安航空券より少し割高感があるけど、1泊付きのパッケージツアーで羽田から奄美大島へサーフィンを楽しみに行ってきました。サーフボードなどの大荷物持参なので、駐車場が近い空港はとても便利で移動もスムーズなのが楽です。

ダイビングのために使いました

私はダイビングをする事が趣味で南国の島に頻繁に出かけています。最近では奄美大島に行こうと思い、羽田空港から奄美大島空港への直行便を使ってダイビングを楽しんできました。羽田空港発は昼の便でしたので、評判の店が多い空港内のレストランでゆっくり食事を取る事が出来ました。奄美大島空港は、私同様にダイビング道具を持って訪れている人が多かった印象があります。海はとても綺麗で尚且つ地元の料理もおいしかったのでとても満足しています。