空港着の飛行機を検索

羽田空港発八丈島着の路線情報

国内最大の空港・羽田空港へは、品川駅から電車で約14分、東京発の高速バスで約25分、浜松町発の東京モノレールで約13分と利便性に優れています。同じく東京都である八丈島空港へはANAが就航していて、所要時間は50分から55分ほどです。また7時台から15時台まで1日3本のフライトがあります。

羽田空港発八丈島着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は東京都大田区にある日本最大級の空港です。「羽田空港」という名前は通称であり、正式名称は「東京国際空港」といいます。羽田空港は東京駅から電車で約30分程で行くことが出来ます。その他の交通手段としてはモノレールや自動車などで行くことも出来ます。羽田空港の年間利用者数は約7500万人であり、日本の中で年間利用者数が最も多い空港として知られています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港の地下には、第一旅客ターミナル、第二旅客ターミナルともに京急線および東京モノレールの駅があります。京急線の羽田空港国内線ターミナル駅へは、品川駅からエアポート快特で約15分ほどでアクセスすることができます。東京モノレールの場合、羽田空港第1ビル駅と羽田空港第2ビル駅があり、浜松町駅から快速で、第1ビル駅まで約17分、第2ビル駅まで約19分でアクセスすることができます。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港には合わせて4つの駐車場があり、いずれもターミナルと直結していて、24時間、年中無休で利用でき、大変便利です。第一ターミナル利用の場合には、2351台駐車可能な第1駐車場と、2343台駐車可能な第2駐車場を利用できます。第二ターミナル利用の場合には、2450台駐車可能な第3駐車場と、2425台駐車可能な第4駐車場を利用できます。入場から30分以内の出場は無料です。事前の予約サービスや、混雑状況を確認できるサービスなどがあります。

八丈島空港の概要

八丈島空港は、東京都八丈町にある地方管理空港です。東京都の離島である八丈島への空の交通を担っています。定期便の就航は羽田空港と八丈島空港を結ぶ1日3便。その他、青ヶ島など周辺の島を結ぶヘリコプターも就航しています。開館時間は、7:45?17:30。空港では、八丈島の名産品である島寿司やクサヤ、明日葉などが販売されています。また、明日葉うどんやそば、島寿司といった八丈島ならではの食事が楽しめるるレストラン「アカコッコ」もあります。

主要駅から八丈島空港へのアクセス

八丈島は羽田空港から飛行機、または東京竹芝桟橋から船で行くことが出来る東京都の島です。八丈島には電車が走っていないため、島の主要スポットへ行くためには空港から車かバスに乗る必要があります。島には観光スポットが点在していて、バスで行くことのできる場所もありますが、車があった方が便利です。八丈島空港にはレンタカーを借りる場所もあるので、空港に到着したらレンタカーを借りるのがおすすめです。

八丈島空港の駐車場情報

八丈島は伊豆諸島にありますが、行政区は東京都です。しかし、東京都とは思えない、とても素敵で素朴な名勝や美味しいものがたくさんあります。観光は、登龍峠展望台・八丈富士などから見渡す景色や裏見ヶ滝・ふれあい牧場など自然が堪能できるスポットなど、お勧めのスポットがたくさんあります。海は透明度も高く、ダイビングスポットとしても知られています。新鮮な魚介類はもちろん、明日葉を使った料理などを島特産の焼酎で堪能するのもお勧めです。また、温泉もたくさんありますので、疲れた身体を癒やすことができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔八丈島」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔八丈島」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔八丈島」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔八丈島 利用者の体験談

大島に行く前にちょっと観光

大島に遊びに行く予定を立てました。羽田から八丈島まで飛行機で行き、そこからヘリで大島まで。大島で自然を満喫する前に、八丈島空港でちょっとした観光気分を味わいました。都会の空港とは違い、のんびりした雰囲気が漂い、お食事も島ならでわのものが多く、島寿司や明日葉そばが人気のようで、もちろんデザート系のおみやげもたくさんありました。広い空の下に立つとてもすがすがしい気分になり、大島に行く前に来てよかったと実感しました。

空港で感謝した思い出

先日羽田空港を利用して八丈島までひとっ飛びしました。八丈島ではたくさんの思い出ができ、大満足だったのですが、それに負けないくらい良い思い出が実は羽田空港でもできていました。私が土産屋で買い物をしたとき、クレジットカードをカウンターに置き忘れてしまったのですが、店員さんが後から大急ぎで持ってきてくれて危うく難を逃れたのです。ひやっとしたと同時に彼女の優しさに感動し、また空港を利用したいと思いました。

家族旅行には最適の島です

羽田空港から八丈島空港までは1時間かからないくらい近く、飛行機で行けば観光にたっぷりと時間を使うことが出来ます。羽田空港内にはお土産も沢山売っていますので、東京のお土産を購入するのに空港は最適の場所です。八丈島空港はそれほど大きくはありませんが、休憩スペースなどはしっかりと設置されていますので旅の疲れを癒すのに最適の場所です。空港からはバスで移動できますので、旅行に行った際には覚えておくと便利です。

念願の亜熱帯地へ行ってきました

ずっと行きたいと思っていた東京都亜熱帯区と呼ばれる八丈島へ行ってきました。羽田空港から八丈島空港まで飛行機で50分。搭乗手続きに手間取ってしまいましたが、そんな事は機内での客室乗務員の方々のすばらしい対応ですっかり忘れておりました。八丈島空港に降り立つとやはり都会の空港とは一味違い、最小限だけの設備を兼ね備えたもので、空港と多くの自然が一体化しているように感じました。50分という短い時間での飛行機利用ですが、その短い間にがらりと雰囲気を変えてくれるのも空港ならでわのものだと感じました。