空港着の飛行機を検索

羽田空港発函館着の路線情報

東京都内に近い場所にある「羽田空港」から、北海道南部・函館市の中心地から9km東方の海岸近い場所にある「函館空港」へは、ANA(全日本空輸)・JAL(日本航空)・AIRDO(エアドゥ)の3つの航空会社が運行しています。羽田空港発、函館空港行きの便は、午前7時頃から午後17時半頃の間で1日約10便、運行しています。また、「羽田空港」から「函館空港」へは、およそ1時間20分のフライトで到着します。

羽田空港発函館着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は東京都の大田区にある国際空港です。1931年に正式開港された空港で、1978年の成田空港開港前までは日本の代表的な国際空港でした。現在では、4本の滑走路が稼働していて、年間で約38万便もの飛行機が離発着しています。年間の利用者数は約7,500万人で日本の空港の利用者数のランキングではトップを誇ります。今後はハブ空港としての機能がますます発展することが期待されています。空港内には国内線のターミナルが二つと国際線のターミナルが一つ存在しています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

都心の主要駅から、品川駅に向かえば、品川駅から京急本線が走っています。京急本線は、京急空港線と京急蒲田駅で直通になっているので、乗り換えなしで羽田空港に向かうことができます。また、新宿駅や渋谷駅などといった主要駅、観光地に近い舞浜駅などからリムジンバスが走っており、こちらは予約無しで乗ることができ、ゆっくり席に座って空港へ行けます。ただし、帰省時期等、混雑の予想される時期にリムジンバスを使用する際は、事前に予約することをお勧めします。

羽田空港の駐車場情報

2016年7月現在、羽田空港にはP1・P2・P3・P4のいずれもターミナルに直結した駐車場があります。P1・P2は第一旅客ターミナル、P3・P4は第二旅客ターミナルにに近いため、利用する航空会社に応じた駐車場を選ぶとスムーズです。全ての駐車場が24時間入出庫可能で、P1以外の駐車場は事前にインターネットで予約可能です。各駐車場全て2,000台以上が駐車でき、料金は入場から30分毎に150円、24時間1,500円です。予約の場合は2,000円、P4の個室の場合は1,000円が駐車料金にプラスされます。繁忙期や休日などの混雑が予想される日は、駐車が難しい場合もあるので、周辺の駐車場を利用するのも手段の一つです。

函館空港の概要

函館空港は北海道の函館市にある空港で、市街地から約9キロ程離れた場所に位置しています。国内線のターミナルは地上3階建てとなっており、1階部分が航空会社毎のカウンターと到着ロビーとなっており、2階部分が出発ロビー、待合室、そして、3階部分が送迎デッキ、展望レストランとなっています。同空港は全日空や日本航空に加えて、AIRDOや道内の空港への便がある北海道エアシステムが就航しているなど、遠距離から中距離までカバーしている空港であると言えます。

主要駅から函館空港へのアクセス

函館空港から一番近い主要駅である「JR函館駅」までは8.8kmあり、移動手段はリムジンバスが便利です。2016年7月現在、空港からJR函館駅行きのリムジンバスが約15分ごとに運行されており、片道410円で利用することができます。所要時間はおよそ20分です。また、函館空港から新幹線の駅である「JR新幹線・新函館北斗駅」へもバス移動が便利でしょう。2016年7月現在、料金は片道、大人1000円、小人500円です。新幹線の駅までは30.6kmで、所要時間はおよそ56分です。

函館空港の駐車場情報

函館空港から各方面にシャトルバスがでていますが、例えば「湯の川温泉」「函館駅」「ベイエリア」へ行くことが出来ます。朝市へ行きたいという方は函館駅前で降りると良いでしょう。函館名物のイカの透き通った身の美しさは、他ではなかなか見られないものです。もしレンタカーを使われるというのであれば、空港から10分ほどで行ける函館牛乳あいす118に行ってみてはどうでしょう。新鮮な牛乳で作られたソフトクリームもおすすめですが、なんと!ここでは120円で牛乳が飲み放題なのです。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔函館」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔函館」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔函館」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔函館 利用者の体験談

東京から北海道への空の旅

週末の仕事休みを使って、北海道にいる友達に会いに、羽田発函館行きの飛行機を利用しました。羽田空港は都心からも近く交通の便が良いので、東京から出発の際にはいつも羽田発便を使っています。空港には、お土産さんもたくさんあるため、友達への東京土産も、出発までの待ち時間にゆっくり買えて大変便利でした。函館に到着すると、思っていた以上に大きくてキレイな空港でした。レストランも色々とあったので、出迎えに来てくれた友達と美味しい北海道ならではのランチを食べることができて良かったです。

飛行機で北海道へ行きました

北海道へ旅行した時に、羽田空港から函館空港まで飛行機で旅しました。通常、札幌から入ることが多かったのですが、たまには違う都市にも行ってみたかったので、今回は函館からにしました。羽田空港は大きなショッピングモールのようで、お土産を売っているお店や飲食店がたくさんあって、出発まで楽しく過ごせました。到着地の函館空港は、初めて降りましたが、こちらも大規模な空港で、買い物施設がたくさんあって、帰りにお土産を見て回るのが楽しみになりました。

記憶に残る旅行となりました

先日私は羽田空港から函館空港までの航空便を使って往復し、とても記憶に残る旅行をする事が出来ました。羽田は数年前にリニューアルしてからエンターテインメント性が増した空港となっており、飛行機に乗る人以外にも楽しめる施設になっていましたので、飛行機に乗る時以外にもまた遊びに行きたいと思っています。函館空港は市街地からバスで数十分の場所にありますので、立地が良い印象を受けました。現地ではおいしい海産物を毎日食べる事が出来ましたので最高のグルメ旅を送れました。

憧れの夜景は素晴らしかった

北海道の中には魅力的なスポットが多数有りますが、なかでも私が行って見たかったのが函館です。歴史を感じる独特の町並みや活気溢れる朝一は、北海道の中でも特別な存在です。東京在住の私にとって、羽田から函館に直行便があるのがとても便利です。短時間でアクセス可能なので、観光に沢山時間を回すことができます。函館空港は市内からのアクセスも良好で、店舗も充実しておりお土産の購入もできるところが良い点であり、夜景を見にまた利用するつもりです。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.