空港着の飛行機を検索

羽田空港発宮崎着の路線情報

羽田空港は、浜松町から20分程度や東京駅から30分程度の距離です。羽田空港から宮崎空港まではJAL、ANA、SolaseedAirの3社が運航しています。7時頃の始発便から19時頃の最終便まで毎日約20便の直約行便が出ており、宮崎空港から羽田空港までの所要時間は約1時間30分〜1時間40分です。

羽田空港発宮崎着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は国内全域に向けた航空機の運航をしていて、一日当たりの利発着数が非常に多いのが特徴です。滑走路の効率的な運用が図られ、空港内で利用客対応にあたるスタッフの数も多いです。セキュリティーチェックが厳重に行われ、空港内外の保安管理にも力を入れています。レストランや物産コーナーの充実等、サービス面の拡充が図られていることもポイントとして挙げられます。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は電車やモノレール、バスなど様々な方法で行くことができます。電車の場合は京浜電鉄を利用します。品川駅から約15分、横浜駅から約30分でアクセスすることができます。また、東京モノレールを利用する場合には浜松町から約20分で羽田空港までアクセスすることができます。バスは、リムジンバス、急行バスなどが運行されています。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港には4つの駐車場があり、P1、P2は第1旅客ターミナルに、P3、P4は第2旅客ターミナルに直結しています。どの駐車場も料金は入場から5時間までは30分毎に150円、24時間以降は1時間毎に300円、24時間毎に最大1500円となっています。ただし入場から30分以内の出場の場合は無料です。P2、P3、P4はインターネットで事前に予約する事ができます。またP2、P3には電気自動車用の充電スタンドも設置されています。

宮崎空港の概要

宮崎空港は宮崎県宮崎市にある空港で、別名で「宮崎ブーケンビリア空港」とも呼ばれています。運用時間は7:30から21:30までで、空港は市の南部に位置しており、空港から市の中心部までは5kmほどの距離があります。国内線では日本航空や全日空などの航空会社が発着していて、就航地には東京国際空港や中部国際空港、福岡空港などがあります。空港からはJR宮崎空港線が利用でき、乗車すれば田吉駅へ行く事ができます。また空港からはバスも利用可能で、西都や都城方面などへ移動する事ができます。

主要駅から宮崎空港へのアクセス

宮崎空港から見た近隣の主要駅と言えるのが、県の主要部からもアクセスの良い宮崎駅です。この宮崎駅へは宮崎空港駅から鉄道が出ており、所要時間、約10分で行く事が出来ます。鉄道が最もスピーディーで便利ですが、鉄道以外にも空港からバスが出ており、約25分の所要時間でアクセスできます。鉄道もバスも利用しやすいのが特徴です。

宮崎空港の駐車場情報

宮崎空港から車で約20分のところにある青島が観光スポットとして有名です。青島は「鬼の洗濯岩」という洗濯板のように波打っている岩に囲まれた小さな島で、その中には「青島神社」という縁結びの社もあるので宮崎に着いたらまず訪れたい場所です。青島とは反対側には車で約20分のところに「こどもの国」があります。宮崎の亜熱帯の自然を生かしたファミリー向けのテーマパークになっているので、南国宮崎を肌で感じに訪れてみてはいかかでしょうか。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔宮崎」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔宮崎」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔宮崎」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔宮崎 利用者の体験談

飛行機を利用して関東

宮崎県から飛行機を利用して関東へいきました。空港は、宮崎空港から羽田空港を利用しました。宮崎空港は、大きい建物で店もたくさんあり、待ち時間も暇ではなく、楽しく過ごせました。羽田空港では、大型ショッピングモールなどと変わらないくらいたくさんの店があり、ショッピングを楽しむこともできてとても良かったです。ファミレスやお土産屋などもたくさんあり、どこで買うか迷うくらいたくさんの店がありましたので、羽田空港を利用するなら、早めに羽田空港に行ってたくさんの買い物をしたいです。

ご当地グルメを堪能できました

私は、東京から宮崎に行ってご当地グルメを堪能したいと思い、羽田空港から宮崎空港への航空便を使って旅をしました。羽田空港は鉄道で向かいましたが、事前に搭乗する航空会社のターミナルを調べていましたので降りる駅を間違える事無く行けました。宮崎空港は1日の離着陸数が35程度ありますので、とても活気がある印象を覚えました。宮崎県内では数多くの観光地を巡り、鶏料理を数多く堪能できましたので行って良かったと思います。

突然のトラブルへの冷静な対処

私は、羽田空港から鹿児島空港に帰ってくる時に台風に遭遇し、飛行機は進路を変えて宮崎空港に降りました。その時は、台風が鹿児島よりも南の方にあり、上空もその影響を受けていたので、飛行機自体も揺れが激しかったです。着陸できないトラブルにも、機長の冷静な判断と、乗客への説明が非常に丁寧であったために、私たち乗客は安心して宮崎空港に着陸できました。あそこまで、揺れた経験は初めてだったので、いくらか緊張しましたが、無事着くことができて良かったです。その後、バスを手配してもらい鹿児島まで搬送してもらいました。

お土産品選びとスイーツを食べるのが楽しみ

毎年春と秋に、羽田空港から宮崎の叔母の家に行く時の私の楽しみの一つが、羽田空港でのお土産品選びとスイーツ選びです。いつも羽田空港では叔母へのお土産と一緒に、自分で食べるためのスイーツを買ってから飛行機に乗り込みます。沢山ある美味しそうなスイーツの中から、迷いに迷って買ったスイーツを、離陸後に機内で食べるのが私の至福の時間なのです。そして宮崎空港に到着後は、空港内で宮崎名物を食べるのが私の定番です。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.