空港着の飛行機を検索

羽田空港発小松着の路線情報

東京都心から便利な場所に位置する羽田空港から、北陸地方の空の玄関口、小松空港へは、2016年7月現在、午前7時前後から午後7時前後の間で1日約10往復の便が運航されています。航空会社は日本航空と全日空の2社です。小松空港への公共交通機関によるアクセスは、バスが中心で道路事情によっては大幅に時間がかかることがありますので、余裕を持って行かれることをお勧めします。また、冬期には積雪による欠航や遅延、目的地変更などの可能性もありますので、注意しましょう。

羽田空港発小松着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港には、飛行機に乗るだけでなく、ターミナル内を楽しめる場所がたくさんあります。第1ターミナル地下1階には東京シェフズキッチンがあり、とんかつ専門店や日本そば屋、中華料理店などたくさんの種類の料理が楽しめる場所です。第1ターミナル6Fには屋上展望デッキがあり、飛行機が離発着する景色をパノラマで眺めることができます。また、羽田空港の案内所では記念スタンプが押すことができ、思い出づくりに一役買っています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

横須賀駅から羽田空港までの交通アクセスは、横須賀駅バス停留所まで徒歩約5分南方面へ行き、停留所から横須賀行きのバスに乗車し、横須賀中央駅停留所まで行きます。そこから約5分歩いた場所に京急本線横須賀中央駅があるので、快速泉岳寺行きの電車に乗車、6駅先の京急蒲田駅に約30分で着きます。蒲田駅で京急空港快速特急羽田空港国内線ターミナル行きの電車に乗車。途中下車なしで羽田空港に到着します。このルートでの所要時間は、約1時間です。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港の駐車場は、羽田空港第1ビルに直結しているP1・P2駐車場と、羽田空港第2ビルに直結しているP3・P4の、合わせて4つの駐車場が用意されています。P1〜P3の駐車場は立体式の駐車場ですが、P4では立体式の駐車場のほかに予約制で平置きの駐車場が用意されています。この予約制の駐車場には通常の2倍のスペースとシャッターがあり、車の乗り降りや荷物の積み下ろしが楽でプライバシーや防犯の点でも安心な個室の駐車場(別途料金が必要)となっています。また、空港の周辺にもたくさんの駐車場があり、空港までの送迎無料や長期間利用割引などお得に利用できる駐車場もあります。

小松空港の概要

小松空港は、北陸地方の空の玄関口として、北陸と国内主要都市を結ぶ空港です。正式名称は小松飛行場といい、滑走路は航空自衛隊小松基地と民間航空会社が共用していて、ターミナルビルなどの民用施設を指して小松空港と呼ばれています。2016年7月現在、就航都市と1日の就航便数は、羽田往復10便、成田往復1便、札幌往復1便、仙台往復2便、福岡往復4便、那覇往復1便です。就航会社は日本航空と全日空ですが、全日空の成田便・仙台便・および福岡便の一部はアイベックスとの共同運航となっています。

主要駅から小松空港へのアクセス

小松空港から近隣主要駅へのアクセスは、バス・タクシー・車の利用が一般的です。バス乗り場は、空港施設の空港案内所付近にあります。各主要駅へのバスは、JR金沢駅へは金沢駅行きリムジンバスで所要時間約40分、料金は片道大人1,130円です。JR小松駅へは小松駅方面バスで所要時間約12分、料金は片道大人270円です。JR加賀温泉駅へは加賀市内周遊バス(キャンバス)で所要時間約32分、料金は周遊バス大人1日券が1,000円・大人2日券が1,200円です。JR福井駅へは福井駅行き連絡バスで所要時間約1時間、料金は片道大人1,250円です。

小松空港の駐車場情報

小松空港のすぐそばには無料で遊べる”石川県立航空プラザ”があります。また、空港から車で10分ほどのところに建設機械で有名な小松製作所が開設した”こまつの杜”があり、家族連れに人気のスポットとなっています。バスやJRなどで30分ほどの小松駅周辺にも小松市立博物館・宮本三郎美術館・本陣記念美術館などがあり、大人も楽しめるスポットが満載です。また、自動車好きの人には、空港から車で20分ほどのところにある”日本自動車博物館”がおすすめです。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔小松」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔小松」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔小松」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔小松 利用者の体験談

飛行機で気軽に首都圏から石川県へ

首都圏から石川県へ旅行するのに、飛行機で羽田空港から小松空港まで行くと、とても便利で気軽に行けました。羽田空港から出発するのですが、羽田まで行くのに、京急を使ったら、空港まで直接乗り入れているので、電車一本で行けてとても便利でした。羽田空港は、広くて迷ってしまうこともありますが、案内所の方に聞くと、分かりやすく親切に教えてくれました。羽田から小松までは、所要時間が60分ほどなので、疲れることもなく、小松空港は、地元のお土産が豊富で、見ているだけで楽しく飽きませんでした。ぜひまた行きたいです。

とても便利な出張にて

私は、東京に住むサラリーマンです。先日、会社の出張で石川県に行くことがあったのです。出張にあたり、飛行機でと思い、都心にほど近い羽田空港を利用したのですが、この羽田空港はますます様々な施設ができており、待ち時間を感じなかったのがよかったです。また、石川県の空の玄関口である小松空港もちょうど石川県の真ん中あたりに位置しているので、県内の移動がとても便利だったので、また石川県に行くことがあったら飛行機を利用したいと思っています。

北陸地方のハブ空港とは

羽田から北陸地方へ向かう際によく利用するのが小松空港です。こじんまりとした空港でありながらも、北陸地方では最大の空港であり、飛行機の発着本数も他の空港とは比較にならないほどです。国内線のみならず国際線も多数発着しているので、近くの国へ向かう際には小松空港からそのまま旅立つことができます。たしかに、羽田初の国際線よりはチケットが高いですが、わざわざ羽田に戻ってそこから外国へ行く必要がなく、時間の節約になります。

夫婦で粟津温泉に行くときに利用しました

去年の秋に、夫婦で粟津温泉に行く際、羽田空港を利用しました。京浜急行線が乗り入れしているのでアクセスは非常にスムーズで、チェックイン後は、展望デッキへ上り、羽田空港限定の東京地ビール「羽田スカイエール」を飲みながらスカイドックを食べつつ、行きかう飛行機を眺めてフライトを待ちました。フライトは1時間ちょっとで、小松空港に着きました。小松空港では、空港内のカフェ、空カフェで人気という、トマトカレーを食べました。いい旅の始まりとなりました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.