空港着の飛行機を検索

羽田空港発釧路着の路線情報

東京の羽田空港から北海道の釧路空港までは、ANA、JAL、AIR DOの直行便が、毎日運行しています。羽田空港の出発時間で一番早い便が午前7:45頃で、一番遅い便の出発時刻は午後5:50頃です。ただ、午後の便が17時台に集中しているので気をつけましょう。最初の便は7時台なので、一日現地で観光を楽しみたいという人にはこちらがお勧めです。羽田空港から1時間35分程度のフライトで到着出来ます。避暑地として人気があるため夏の時期は混雑するため、早めに予約しましょう。

羽田空港発釧路着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は、交通の要として機能している空港の1つです。2つの国内線ターミナルに4本の滑走路、サービス施設も充実しており、規模の大きさは国内でも最大級です。空港には、京浜急行電鉄に東京モノレール、リムジンバスや京急バス、水上タクシー等が乗り入れており、アクセス方法を選ぶことが出来ます。ショップやレストランが豊富なだけでなく、無料で利用出来る携帯電話充電器や無線LANサービスも提供されており、とても便利な空港です。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港に電車でアクセスする場合は京浜急行、東京モノレールが利用出来ます。京浜急行は品川駅からエアポート日中約10分間隔(快速は約15分間隔)で運行しています。東京モノレールは浜松町駅から約5分間隔(快速は約20分間隔)で運行しています。バス利用の場合はリムジンバス、京浜急行バスが運行しており、東京方面からだといずれも約40分程度の所要時間となっています。またタクシー、水上バタクシー等のアクセス方法もあります。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港の駐車場の支払方法は、現金支払いだけでなく、クレジットカード・各種電子マネーでの支払いにも対応しています。航空会社のクレジットカードで支払いを行うとマイレージが2倍加算されるので、マイルを効率的に貯めたいという方もお得に利用できます。なお、駐車場には電気自動車用の充電スタンドも完備しているので、充電状態を気にせずに利用できます。P2・P3は、事前予約(1か月先まで)できるので、駐車場待ちの混雑も回避する事が出来ます。予約は電話での問い合わせとなります。

釧路空港の概要

釧路空港は、北海道の釧路市に位置する空港です。この地域は湿地帯に特別天然記念物のたんちょうが生息している由来から、「たんちょう釧路空港」の愛称も持っています。空港周辺には釧路湿原や阿寒湖などの観光地が多く、北海道旅行を目的とした利用客が多い傾向にあり、空港内には土産物購入に便利な商業施設が整っています。またビジネスマンからのニーズに応えられるよう、会議室や研修室、さらにインターネットルームなどの設備が導入されています。

主要駅から釧路空港へのアクセス

たんちょう釧路空港は北海道釧路市に位置しており、近隣の主要駅に釧路駅があります。空港に鉄道網は接続されていないため、自動車を利用する必要があります。空港から釧路駅までは連絡バスが運行されています。連絡バスはすべての到着便に接続するように運行されており、飛行機の到着後15分から20分程度を目安に出発します。釧路駅までは約45分で到着し、料金は940円です。またタクシーの利用では、約30分で到着し、5000円から6000円程度とされています。

釧路空港の駐車場情報

釧路空港の近くには「釧路市丹頂鶴自然公園」が存在します。特別天然記念物に指定されているタンチョウを見ることができ、工作教室やタンチョウクイズといった子どもが楽しめるイベントが開催されることもあります。園内には売店も存在し、タンチョウにまつわるお土産の購入が可能です。釧路空港からバス等を利用すれば、「釧路市動物園」へも行けます。。シマフクロウの繁殖に世界で初めて成功したことで知られており、園内には遊園地もあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔釧路」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔釧路」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔釧路」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔釧路 利用者の体験談

地方から道東の入口へ

広島から自分でスケジュールを組んで道東の旅をアレンジしたのですが、道東の入口となる釧路空港へはやはり羽田での乗り継ぎが1番便利でした。北海道の地方都市へは便数がないかとても少ない場合がほとんどなので、広島からの便数も多い羽田を利用することでとてもスムーズに移動できました。羽田での待ち時間が数時間ありましたが、空港内でも退屈することなくいろいろな施設を利用したり、ショップでの買い物やカフェでのひと時も旅のよい思い出となっています。

東京から北海道まで飛行機を利用した時

羽田空港は飛行機を利用しなくても楽しめるくらい施設が充実してるので、私は夕方釧路空港に向けて出発する飛行機に乗るにも拘わらず、午前中から羽田空港に行きお弁当を買い、飛行機の離発着が見える場所のベンチに座り、飛行機を見ながら食事をし、さらにショップで買い物したりしながら空港を散策し、搭乗時刻まで空港を満喫しました。そして、釧路空港では到着便全てに釧路市内に行く連絡バスが接続してるので、時間のロスなく釧路市内まで行けました。

日帰りの出張に航空チケット

北海道の出張の多くが日帰りです。仕事が長引くときには宿泊を伴いますが、それ以外は直行便を利用しています。北海道は各地に飛行場があるので、どこへ行くにも飛行機が便利です。特にビジネスマンにとって時は金なりなので時間の節約になるのであります。予め予定が決まっている時には早割を利用することによって通常運賃よりも安く飛行機にのることができてお得であり、さらに平日の羽田と釧路間はビジネス利用が中心となります。

北海道旅行は飛行機を利用しましょう

羽田空港から釧路空港までは1時間で到着するので、非常に時間を有効に利用できます。最近は早めの予約を行うと往復で1万円程度の格安の航空券もあります。羽田空港には東京のお土産も沢山売っていますので、北海道に行くときにお土産を購入する場合は便利です。釧路空港はそれほど大きくはありませんが、動物園が近くにありますし、駅までは直通バスが定期的に運行しているので、アクセスで困ることはありません。最近は飛行機とホテルがセットになっているプランも多いので、旅行の際には利用してください。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.