空港着の飛行機を検索

羽田空港発松山着の路線情報

羽田空港から松山空港への路線は、全日空(ANA)と日本航空(JAL)の航空会社が就航しています。羽田空港を出発して松山空港へ到着するまでの所要時間は約1時間30分ほどです。各便の運行日においては毎日の場合もあれば、曜日指定の場合もありますが、フライトスケジュール情報は変更される可能性があります。ご予約やご利用される前に各航空会社へお問い合わせください。ご搭乗される前にも再確認されると確実です。

羽田空港発松山着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港の国内線ターミナルは、第一旅客ターミナルと第二旅客ターミナルの2種類があります。第一ターミナルは床面積29万1500平方メートルを誇り、JAL・JTA・SKY・SFJの飛行機が発着します。第二ターミナルは床面積25万2400平方メートルを誇り、ANA・ADO・SNA・SFJの飛行機が発着します。両ターミナルとも1階に到着ロビー、2階に出発ロビーで同じ構造です。また地下には2つのターミナルを繋ぐ連絡通路があります。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は東京都大田区に位置しており、京急線、東京モノレールなどの鉄道路線のほか、各種リムジンバスなどが乗り入れています。品川駅からは京急線直通で約20分で乗り入れが可能です。また横浜駅からは京急線のエアポート急行の利用により乗り換えなしで約30分で羽田空港に到着します。JR山手線や京浜東北線が乗り入れている浜松町駅からは東京モノレール線が出ており、約20分で羽田空港まで到着できます。川崎駅やJR蒲田駅など、主要な駅からの路線バスも出ています。

羽田空港の駐車場情報

東京国際空港の駐車場は、羽田空港第一ビル・羽田空港第二ビルに2つずつあり、それぞれP1・P2、P3・P4と表記されます。P1・P2駐車場は第1旅客ターミナルに直通しており、P3・P4は第2旅客ターミナルに繋がっていますので、利用するターミナルに近い方を選ぶと便利です。いずれの駐車場も年中無休・24時間の利用が可能ですが、P1駐車場とP3駐車場には車高などに制限がありますので、ご利用の際は事前の確認をおすすめします。

松山空港の概要

松山空港は、愛媛県松山市に位置する、四国・中国地方では最多の利用客数を誇る空港です。敷地面積は1348570ヘクタールで、滑走路は2500m×45mとなっています。国内線搭乗口は4ヶ所あり、搭乗口A・BはJAL・JAC、搭乗口C・DはANAと棲み分けがされています。さらに制限ゾーンと制限外ゾーンを繋ぐ電話が設置されているなど工夫がされています。運用時間は7時30分から21時30分となっています。

主要駅から松山空港へのアクセス

松山空港に直接乗り入れている鉄道は無いため、空港のリムジンバスや車・タクシーなどを利用して主要駅へ移動することとなります。松山空港から主要駅である「JR松山駅」までは約5.8kmの距離にあり、2016年7月1日現在、リムジンバス(伊予鉄)で、片道料金・大人310円、所要時間およそ15分で行くことができます。また、松山空港から「松山市駅」までは約7.2kmの距離にあり、2016年7月1日現在、リムジンバス(伊予鉄)で片道料金・大人410円で、およそ20分で行くことができます。

松山空港の駐車場情報

松山空港近辺の観光では「松山城」と「道後温泉」が二大観光地と言えます。松山城は勝山の上にある城で市内を見下ろす風景は必見です。山の上までロープウェイもあるので歩くのが苦手な方でも大丈夫です。夏目漱石の「坊っちゃん」ゆかりの道後温泉ではゆっくりと湯に浸かって日頃の疲れを癒すのも良いですし、坊っちゃんカラクリ時計や道後温泉本館など温泉街を見て歩くのにも楽しいスポットです。また、松山出身の正岡子規の記念博物館で知識欲を満たしたり、西日本最大級のとべ動物園に家族で出かけたり、と、見どころも豊富です。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔松山」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔松山」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔松山」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔松山 利用者の体験談

ファミリー旅行に喜ばれる航空路線

羽田空港と松山空港の良さは市街地から直近にあることと、飛行ルートの機窓風景が良いところです。子供連れの家族旅行なら是が非でも窓際の席を確保しましょう。羽田から内陸部を飛ぶ為、晴れた日なら日本一の富士山を直近で見ることができます。大阪、兵庫、岡山の市街を眺め、尾道上空で機体は急に左旋回し、箱庭のような瀬戸内海をしまなみ街道と共に四国へと向かうと、ほどなくして四国一の都市である松山の街並みが視界に入ってきます。羽田を発って3時間で疲れ知らずで、日本三大古湯である道後温泉に浸かれるのもうれしい事です。

都市に近接する空港のメリット

東京から四国松山へ行くには、新幹線や在来線を乗り継いだり、夜行バスなどの交通手段がありますが、時間的にも掛かる旅費においても、ここは飛行機の方に軍配があがります。首都圏の中心部にある羽田と、四国の玄関口である松山市は、共に空港と中心市街地が隣接しているので、地方空港にありがちな空港と都市部への移動に時間を割かれないのは、忙しいビジネスマンや子どもや高齢者連れの方にはうれしいところです。早朝に出て、道後温泉に浸かって瀬戸内の新鮮な魚介類を堪能し、その日のうちに帰る、なんて贅沢もできます。

旅の始まりは空港ロビーから

旅行へ行くのは楽しいものですが、空港ロビーの賑わいも旅の気分を一層盛り上げてくれます。国際線が増便された羽田空港は世界中から人が集まりますから、自然と旅の高揚感も高まるというもの。土産店を覗いたり、展望デッキで離陸する飛行機を眺めていると次第に旅情に満たされてきます。フライト中の機窓からの眼下の景色を眺めるのも飛行機旅の楽しみの一つで、好きな路線は羽田ー松山空港間の空から眺める瀬戸内海に浮かぶ島々の風景です。尾道からしまなみ街道に沿って高度を下げてゆくと、煌く海に小舟が浮かんでいたりします。

温泉・路面電車を満喫できました

温泉に入る事と路面電車に乗る事が趣味の私は、松山市で観光をしたいと思い羽田空港から松山空港の便を使って旅行をしました。羽田空港は自家用車で向かい、事前予約していた有料駐車場を利用しましたので安心して車を数日間停められました。松山空港は空港から市街地までのバスが充実していましたので、空港到着後すぐに市街地に移動できました。松山市内では温泉・路面電車に乗って観光を楽しめましたので、またスケジュールが空いたら行きたいと思います。