空港着の飛行機を検索

羽田空港発長崎着の路線情報

羽田空港と長崎空港を結ぶ航空便は、4社の航空会社の便が就航しています。JAL(日本航空)・ANA(全日空)・ソラシド エア・スカイマークの4社です。おおむね、朝6時台から夜7時台までのフライトが用意されています。片道の飛行時間は約1時間50分のため、早い時間帯に出発すればその日のうちに往復することも可能です。スカイマークの航空便の場合、途中で神戸空港を経由するため他社の便よりも所要時間が長くかかります。

羽田空港発長崎着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は、正式名称が「東京国際空港」。通称である「羽田空港」は、空港ができる前の地名、「羽田」が由来といわれています。日本最大の空港として知られ、1年間の航空機離陸及び着陸の回数は約38万4,000回、航空機の利用者数は1年間で約6,670万人で国内最大といわれています。日本では例の少ない24時間運用が可能な空港として知られていますが、国内線の旅客の場合は、早朝5時から深夜24時までの利用が可能で、深夜から未明の時間は貨物便や国際線の利用のみとなっています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港には東京モノレールと京急電鉄が乗り入れており、関東各地の主要駅から短時間でアクセスすることができます。例えば東京駅からは、浜松町駅から東京モノレールに乗り換えることで、羽田空港第1ビルまで約25分ほどで行くことができます。上野駅からも、浜松町駅で東京モノレールに乗り換えることで、約35分で羽田空港第1ビルに到着することができます。横浜駅からは、京急本線(京急空港線エアポート急行)の利用が便利です。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港周辺には、空港運営の駐車場や民間運営の駐車場など、多くの駐車場があります。民間運営の駐車場の場合は、価格の安い場所も多いのが特徴で、駐車場からは送迎バスなどに乗って空港ターミナルに向かいます。空港(空港環境整備協会)が運営している駐車場には、国内線専用の(P1・P2・P3・P4)4つの大きな駐車場があり、全ての駐車場が国内線ターミナルに直結しているのが特徴です。第一旅客ターミナルへは、P1・P2が、第二旅客ターミナルへは、P3・P4が便利です。

長崎空港の概要

長崎空港は、長崎県大村市の海岸から約2kmの位置に建設された世界初の海上空港です。地元では大村空港と呼ばれることもあります。2016年7月現在、東京・大阪(伊丹・関西)・神戸・中部国際・那覇・五島(福江)・壱岐・対馬の9本の国内線が就航しています。運行時間は7:00〜22:00まで、建物全体の開館時間は6:15〜22:00です。海の上にあるため、アクセスにはバス・タクシーの他に船も利用可能で、ハウステンボスへの直通便(バス・船)も運航しています。

主要駅から長崎空港へのアクセス

長崎空港から主要駅まではバスの利用が便利です。長崎駅までは通常のバスだと約1時間、もしくはノンストップの空港リムジンバスを選択することもでき、この空港リムジンバスだと約45分で到着することができます。佐世保駅へもバスを利用することができ、所要時間は約85分です。長崎駅行、佐世保駅行ともに二枚回数券や往復割引乗車券を購入することでお得に利用できます。もちろんタクシーで向かうこともできますが、どちらの駅とも10000円前後の予算と運賃は高めです。

長崎空港の駐車場情報

長崎空港から長崎市や佐世保市へは、リムジンバスを利用すると便利です。長崎市内には「グラバー園」「平和公園」「出島」など歴史的な観光名所が多数あります。また、みらい長崎ココウォークやアミュプラザなどの大型ショッピングセンターも充実しています。佐世保市には「ハウステンボス」「パールシーリゾート」「九十九島」などがあります。ハウステンボスへのアクセスは、空港からの連絡船で行く方法もあり、これは、直接ハウステンボス内の港へ到着するという、とても楽しい移動手段ともいえるでしょう。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔長崎」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔長崎」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔長崎」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔長崎 利用者の体験談

また利用したいと思いました

先日の事になりますが、東京から長崎に旅行をしたいと思い移動手段を探したところ、飛行機で行く方法が最もコストがかからない手段という事が分かりましたので、ホテルとセットになったパッケージツアーで行ってきました。羽田空港は日本を代表する空港であるので食事をする場所が何か所もあり、名物の空弁を食べながら搭乗時間まで待ち、長崎に到着すると日本初の人工島に浮かぶ空港でしたのでとても新鮮な場所に空港が立地していると感じました。現地ではグルメ・観光を堪能する事が出来て行って良かったと感じました。

親切なバスの運転手さん

羽田空港から長崎空港へついたときには、あたりはすっかり暗くなっていました。長崎へは仕事の出張で行ったのですが、取引先は長崎市内にあるため、宿泊するホテルも市内に予約していました。長崎空港から長崎市内まではバスでの移動となるため、バス停を探して空港内をうろうろとしていたところ、やっと見つけることができました。発車までにまだ時間があったため、車外で煙草を吸っている運転手さんといろいろと会話をしていました。面白い運転手さんで、市内の面白いスポットをいろいろと教えてもらいました。

親としては嬉しい便利な空港

家族旅行の際、羽田から長崎まで飛行機を利用しました。羽田空港には飲食店が多く、食事をしながら出発までの時間を有効に過ごせました。また、本屋やコンビニも揃っているので、機内で読みたい本や食べたいお菓子なども空港内で買えて本当に便利です。また、小さな子供も一緒だったのですが、子供が遊ぶキッズスペースが完備されていたのは親としては嬉しいと思いました。到着した宮崎空港ではバス乗り場を職員の方に聞いたのですが、とても親切な対応で良い雰囲気の空港だと感じました。

旅行で感じたことです。

羽田空港はいつ使っても本当に気持ち良いサービスを提供してくれます。施設のレイアウトが変更になって面積も拡張されており、よりこの空港の可能性を感じさせてくれるな、と思ったのを覚えています。お土産屋さんも店の数が増えていましたし、流石東京の空港だと感じたのを記憶しています。長崎空港に到着して良いと感じたのは、インターネット環境が整っているということです。タクシーやバスの乗り場までも近いしスタッフは感じの良い人ばかりです。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.