空港着の飛行機を検索

羽田空港発那覇着の路線情報

東京都内の中心地にある羽田空港から、沖縄の首都である那覇にある那覇空港へはANA(全日空)・JAL(日本航空)・sky mark(スカイマーク)の3つの航空会社が運行しています。羽田空港から那覇空港への便は、朝6時くらいから23時くらいまで運行しており、フライト時間はおよそ2時間半?3時間前後です。お盆や年末年始は沖縄への観光客が増えるため、予約が取りづらくなる傾向があるため、早めに予約することをおすすめします。

羽田空港発那覇着空港情報

羽田空港の概要
東京国際空港は通称、羽田空港として広く認知されています。北海道から沖縄まで全国各地に就航しており、JAL、ANA以外にもスカイマークやAIRDOなどいわゆる格安航空会社の路線も就航しています。また、羽田空港は東京駅や品川駅から30分程でアクセスが可能という抜群の立地も魅力の1つとなっています。新幹線などが使える区間でも交通の利便性を考慮して、羽田空港の利用を選択するというケースもあるなど、観光にビジネスに幅広く利用がされています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

東京都区内から羽田空港に鉄道で移動するには、浜松町から東京モノレールを利用するルートと、品川駅からの京浜急行を利用するルートがあります。東京モノレールには「羽田空港第1ビル駅」と「羽田空港第2ビル駅」があります。利用する航空会社と路線によって乗降駅が異なるので、注意が必要です。各ターミナル間には無料のシャトルバスが運行されており、移動も可能です。いずれの場合も出発時間にはゆとりをもって移動することをお勧めします。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港にはP1〜P4までの駐車場があります。いずれも2,000台以上の車を収容でき、空港に直結しています。予約が必要なエリアと一般のエリアがありますが、一般のエリアは混雑していて満車であることも多いので予約をとるのが安全です。駐車料金と予約料金を払うことで、駐車場の予約サイトから簡単に予約をとることができます。また、いくつかのご当地ナンバーの車ではゲートバーが自動で開閉しないので確認が必要です。

那覇空港の概要

那覇空港は、沖縄県那覇市に建てられた戦前からの古い歴史を持つ空港です。年間の利用客数は全国でも上位で、国内の主要空港の一つであるとともに、沖縄での交通の拠点でもあります。国内線専用のターミナルビルがあり、開館時間は午前6:00〜午後24:00です。東京や大阪をはじめとして北は北海道の札幌・新千歳まで、国内の主な空港とをつなぐ多数の路線が就航しています。また、沖縄県内のほかの空港へも定期的に発着便があります。

主要駅から那覇空港へのアクセス

沖縄唯一の鉄道機関である「ゆいレール」は、那覇空港に直接乗り入れています。ゆいレールを利用すると、「那覇空港駅」から主要駅である「県庁前駅」まで(およそ6kmの距離)、2016年7月現在、片道大人260円、小児130円で、所要時間は約12分です。また、終点駅でもあり、観光客も多い主要駅「首里駅」まで(およそ12kmの距離)、2016年7月現在、片道大人330円、小児170円で、所要時間は約27分です。

那覇空港の駐車場情報

那覇空港からゆいレールで1駅、赤嶺駅から無料シャトルバスに乗れば「ウミカジテラス」というリゾート施設に到着します。海沿いに建っているこの施設には、飲食店やショッピング店、体験店などが豊富に入っており、沖縄らしさを満喫できます。また那覇空港からゆいレールで6駅、県庁前駅からは、観光スポットの「国際通り」へすぐ行けます。様々な飲食店や土産屋が豊富に並んでいて、観光客でにぎわっています。国際通りのすぐ近くにある壺屋やちむん通りでは、沖縄伝統の焼き物を買うことができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔那覇」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔那覇」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔那覇」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔那覇 利用者の体験談

久しぶりの沖縄旅行に行ってきました

久しぶりに羽田から沖縄那覇空港へ向かいました。沖縄へ行くのは数年ぶりだったので、新しくなった羽田空港を利用するのは今回が初めてでした。色々なお店が増えていたし、羽田限定の物もたくさんあって、空港の中だけでも結構楽しめました。沖縄那覇空港が近づくとだんだんと青い海が見えてきてテンションが高くなります。沖縄那覇空港のシーサーをみると、沖縄に着いたんだなという気持ちにさせてくれて、リゾート地に来た解放感が味わえて大好きです。

旅は空港から始まっている

東京在住で年に1〜2回故郷である沖縄へ帰省しますが、その際に利用する空港が羽田ー沖縄那覇。羽田空港の一番の魅力はやっぱり色んな店舗やレストランがあって空港内で1日中過ごせるところです。早めに空港に着いて実家への手土産をゆっくり選んだり空弁を選ぶのが楽しみの一つです。沖縄那覇空港に到着すると一気に南国リゾート感が満載で、沖縄に着いたぞっと実感出来てとてもワクワク出来る空港です。空港内には観光雑誌に掲載されている人気の飲食店があり、空港から出る前に観光名所に立ち寄れます。

都内から沖縄までの空路で。

私たちは先日、羽田発の航空便を利用して、沖縄那覇まで新婚旅行へ行って来ました。フェリーでのんびりと向かうのも良いのですが、船酔いが心配なのとすぐに沖縄に行きたいのとで迷った結果、空路で向かうことを選んだのです。羽田はとても広くオープンな空港だったので、初めての飛行機だという妻にも分かりやすい造りをしていました。飛行機の座席もゆったりとして座りやすく、特に不自由もなく沖縄那覇までたどり着くことができました。すぐに到着したことで楽しい旅行になりましたし、この空路を利用して良かったです。

沖縄旅行の定番ルート

沖縄旅行の時は時間を有効に使いたいので、空港へのアクセスの良さと到着してからの次の行動が起こし易さが大事と考えています。アウトドアが好きで年に一回は行く沖縄は、自宅から始発電車で一番機に間に合う羽田空港が便利です。横浜方面から京急空港線で空港までの直通なので、乗り換えなしで行けるのは荷物の多い時は助かります。奄美大島辺りで高度を下げ、南国を思わせる眩しい空と海が目に入って来るのは心踊る瞬間です。沖縄那覇空港を出てモノレールで国際通りのホテルへ向かうか、バスでケラマへの船が出ている泊港が定番です。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.