空港着の飛行機を検索

羽田空港発大館能代着の路線情報

大館能代空港は秋田県の北部、北秋田市に位置し、JR奥羽本線鷹ノ巣駅から車で15分の距離にあります。大館能代空港から羽田空港まではANAが1日2便運航しており、東京都心に近い羽田空港までの所要時間は、約1時間15分です。

羽田空港発大館能代着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は、主に札幌・大阪(伊凡)・大阪(関空)・福岡・沖縄の5路線を運航している国内線で、運用時間は24時間です。羽田空港は昭和6年に東京飛行場が立川から今の場所に移転しました。敷地面積は約1,522haです。ビジネスや旅行などの目的で、国内はもとより、世界中からの利用者も多く、とても重要な空港となっています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港には、京浜急行線と東京モノレールの2つの鉄道会社が乗り入れをしています。また、リムジンバスを利用すると、ディズニーリゾート方面からは約30分、渋谷方面からは約40分、池袋から約1時間でアクセスできます。また、京急バスを使えば新横浜方面やたまプラーザ方面、みなとみらい地区からのアクセスもできます。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港の2つの国内線旅客ターミナルの間にP1〜P4まで4つの駐車場が設けられています。P1・P4とP2・P3とで管理会社は異なりますが、駐車料金はすべての駐車場で統一されており、普通自動車の場合は、入場から30分間は無料、30分から1時間は300円、1時間から5時間までは30分ごとに150円で、5時間以上24時間以内は1日の上限額が設けられていて、一律1500円となります。また、支払いは現金のみならず、クレジットカードや電子マネーも使えます。

大館能代空港の概要

大館能代空港は秋田県の北秋田市に位置している空港で、周囲には観光地として知られる白神山地や十和田湖などがあります。空港施設の営業時間は朝の8時から19時半までとなっており、無料で利用が出来る空港の駐車場は営業開始の30分前から利用が可能となっています。この大館能代空港から2016年現在、定期便として運行しているのは全日本空輸の東京国際空港便のみとなっており、午前と午後の2回の往復が行われています。

主要駅から大館能代空港へのアクセス

大館能代空港からの主要駅の一つは、JRの鷹ノ巣駅です。バスが出ていて、約10分ほどで行くことができます。能代駅に行くには、鷹ノ巣までバスに乗り、そこからJR線を利用するとよいでしょう。鷹ノ巣からは約30分になります。JR大館駅まではリムジンバスが出ていて、約50分で行くことが可能です。スキーに便利な阿仁前田駅には、タクシーで約35分になります。

大館能代空港の駐車場情報

大館能代空港付近にある観光スポットのひとつは、道の駅たかのす内にある大太鼓の館です。中央ホールに展示されている綴子(つづれこ)大太鼓は、国の選択無形民俗文化財に指定されていて、直径約2mを超えるものだけでも6基あります。さらに愛好家から寄贈された世界各地の太鼓約140点が展示され、その半数を試しに叩けます。体感ゾーンでは、150インチの大型スクリーンに毎年行われる大太鼓奉納の模様が映し出され、迫力ある演奏を体感できます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔大館能代」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔大館能代」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔大館能代」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔大館能代 利用者の体験談

ディズニーランドへ行きました。

友達と卒業の思い出に旅行へ行こうということになり、ディズニーランドへ行こうということになりました。飛行機で大館能代空港から羽田空港へ行き、そこから出ているバスに乗っていきます。女の子5人での旅だったので閑静な大館能代空港内では少し賑やかに過ごしてしまいましたが、人が優しいのでみなさんほほえましく見送ってくださり、逆に羽田空港に到着したときは人が多くて賑やかで、見るものもたくさんあったのでおしゃべりをする暇もないほどでした。観光する前に空港だけでも十分楽しい時間を過ごすことができました。

秋田県の内陸部へ行くなら

秋田県というのは日本海側に面した東北地方の都道府県の一つですが、縦に長く、そして奥行きのある地域であるのが特徴です。そのため、県内には空港が2つあり、ひとつは日本海側に面しており、もうひとつは内陸部にある大館能代空港であります。更に内陸へ行くといわて花巻空港のほうが近くなります。そのため、羽田から秋田県へ出張へ出かける際には、秋田県のどこへ行くかを調べてから飛行機のチケットを予約するのが一般的です。

地酒・ご当地グルメは最高でした

先日東京から秋田に旅行を計画し、羽田空港から大館能代空港までの便を予約して3泊4日のパッケージツアーで行ってきました。羽田空港は初めて利用したのですが、空港内の案内図が多くの場所に提示されていましたので安心して移動できました。大館能代空港へは天候が悪かったもののほぼ定刻通りに到着し、空港内のレンタカーショップで予約していた車で秋田県北地域をドライブする事が出来ました。特に記憶に残ったのは地酒・ご当地グルメであり、お酒に合う食べ物が多かったのでまた行きたくなりました。

温泉旅館に向かうために空港を利用した話

大館能代空港の近くにある温泉旅館に宿泊したいと思ったので羽田空港発、大館能代空港行きの飛行機を手配する事にしました。羽田空港には、小洒落た見栄えのレストランやスイーツ専門店があったので食べ歩きが趣味の私は、出発時の待ち時間を利用して食べ歩きを行なって、充分に満足する事が出来ました。大館能代空港にはオープンカフェがあったので、温泉旅館に向かう前にコーヒーやサンドイッチを味わって優雅なひと時を過ごす事が出来ました。