空港着の飛行機を検索

羽田空港発根室中標津着の路線情報

羽田空港は首都圏各地からバスが運行されており、新宿からの所要時間は約35分・東京駅からは40分で、鉄道を使う場合は品川からは約15分・浜松町からは約17分で行けます。根室中標津空港までの便はANAが1日1往復(12時過ぎの出発)・およそ1時間40分の所要時間です。

羽田空港発根室中標津着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は、2016年9月現在東京から10以上の地方空港へ離発着する、国内便路線を運航している空港です。羽田空港は日本国内でもその規模と運航の量においても、日本国内屈指の規模を誇る重要なハブ空港です。羽田空港の運用時間は朝は6時から夜は午後11時までです。こちらの空港は2011年の11月に国内線第1ターミナルが再整備され、美しく便利に拡充されたターミナルは、ビジネスや観光の両面で便利で快適な場所となっています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は市街地にあるのでいろいろなアクセス方法があります。例えば品川駅からだと京浜急行電鉄本線を利用して京急蒲田駅で空港線に乗り換えていきます。この場合には所要時間は乗り換えも含めると約25分です。また浜松町駅からだと東京モノレールもあります。こちらの場合だと乗り換えなしで羽田空港まで直接行けます。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港にある駐車場は4つあり、P1とP2は第1ターミナルに直結し、共に24時間年中無休で利用可能です。P3とP4は第2ターミナルに直結し、P3に関しては入場から30分おきに5時間までは150円、24時間以降利用すると1時間毎に300円となっています。P4の運営は日本空港ビルディング株式会社が行っていて、24時間までの利用は料金は1500円で、P1以外の駐車場はネットでの予約が可能で、障がい者割引やマイレージを利用できます。

根室中標津空港の概要

根室中標津空港は、北海道最東端の空港で、根室地区の玄関口としての役割を担っています。1957年に、旧海軍の飛行場跡地を利用して根室地区の遊覧飛行を行ったのが、民間空港としての始まりといわれています。現在の路線は、全日空の、新千歳空港および東京国際空港(羽田)の路線があります。運用時間は、8:30から18:30となっています。アクセスとしては、根室駅発着で、厚床駅、中標津ターミナルを経由するバスの便があります。

主要駅から根室中標津空港へのアクセス

根室中標津空港からのアクセスは公共交通機関であれば、空港からの連絡バスが便利です。根室中標津空港に発着する航空機全便に接続しています。中標津バスターミナルへは約10分ほどで到着します。バスターミナル近郊にはお店や宿泊施設もあります。最も多く利用されるトーヨーグランドホテルへはタクシー移動がお薦めです。所要時間は約7分です。

根室中標津空港の駐車場情報

根室中標津空港から最寄りの観光地には、2005年に世界自然遺産に選ばれた知床半島があります。車では1時間半ほどの距離にあり、途中にはオシンコシンの滝という日本の滝100選に選ばれている滝もあります。知床五湖など内陸から悠久の自然を体感したり、知床観光船に乗り、海から知床岬の壮大な風景を堪能することも出来ます。運が良ければ鮭を追う熊や、イルカやクジラなどの生き物に出会えるかもしれません。海の幸も豊富で、五感が満たされる観光地です。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔根室中標津」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔根室中標津」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔根室中標津」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔根室中標津 利用者の体験談

平原に牛の黒点が見えてくると到着です

羽田空港は二つのターミナルがあるので、飛行機会社によって空港内で行先が変わります。根室中標津空港に行くには、第二ターミナルになります。空港に到着してからターミナルまでは少し距離があるので、お土産を買うには到着したところで購入するとよいでしょう。羽田を飛び立って日本列島を北上しますが、津軽海峡を左手に眺めながら眼下に釧路湿原が見えてくると北海道、そうして、広大な平原に無数の牛の黒点が迫ってきます。ここが根室中標津空港なのです。

酪農研修のために使いました

先日私は東京から道東地域における酪農研修を受けるために、羽田空港から根室中標津空港の全日空便を利用しました。羽田は大手航空会社の受付でしたので、予約確認・発券作業の全てを係員の方がしてくださったので機械に弱い私には大変助かりました。根室中標津はコンパクトな作りとなっているので、降り口から空港玄関までの距離が近くお土産やキャリーケースを持っていましたので、歩きやすい導線だった事から大変ありがたかったです。

東京発世界遺産知床を観光

東京から世界遺産の北海道知床を観光する場合、羽田空港を出発し千歳空港で乗り換えると根室中標津空港に行くことが可能です。3時間弱の時間が必要ですが、飛行機の乗りかえはそう体験するものでもないので良い体験になりました。羽田空港は、エアポートコンシェルジュが困り事に対応してくれるので、不慣れな空の旅も不安なく利用できます。千歳空港から根室中標津空港までプロペラ機で30分、あっという間に到着しました。観光案内所やレンタカーを借りることができるので、道東エリアの旅を自分なりに満喫できます。

中標津では北海道の自然を体験できます

羽田空港から根室中標津までは片道1時間程度の時間です。根室中標津空港はそれほど大きくはありませんが、周りに特に何も無いので、空港内の施設は非常に整備されており、休憩所、お土産売り場、レストランなど一通り揃っています。外に出ると北海道の大自然を堪能することも出来るので、旅行するにはオススメの場所になります。空港から中標津中心部まではバスが運行していますので、アクセス的には問題ありません。是非皆さんも飛行機を利用して中標津に行ってみてください。