空港着の飛行機を検索

羽田空港発高松着の路線情報

羽田空港から高松空港への直行便は、ANA(全日空)・JAL(日本航空)の2つの会社から運行されています。運行時間帯は、朝の7時半前後から20時頃までです。飛行時間はどの便も1時間15分くらいなので、第一便は9時前に到着することもあり、とても人気です。高松空港に到着した際の荷物の受け取りは、ベルトコンベアが一台しかないので、迷うことなくスムーズに受け取れます。空港内にはうどん店もあり、香川に到着してすぐに讃岐うどんを味わうこともできます。

羽田空港発高松着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は日本の玄関口とも言われている空港で、正式名称は東京国際空港です。国内では最大規模の敷地面積を誇り、空港内にはレストランが多数オープンしています。国内線は第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルがあり、北海道から沖縄まで全国各地への路線が就航しています。第1、第2ターミナルの間は無料の路線バスが運行しています。混雑状況によっては出発時刻に遅延が発生する可能性があるので注意が必要です。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港の国内線ターミナルへのアクセスのうち、京急電鉄を使う場合の所要時間は、横浜駅から急行利用で約28分、品川駅から快特利用で約14分などとなっています。東京モノレール線を利用したケースでは、浜松町から第1、第2ターミナルへそれぞれ快速を使って約17分、約19分です。また、京急バス、リムジンバスが東京・千葉・神奈川など関東各県の主要都市と羽田空港国内線ターミナル間を結んでいます。例えば、千葉方面への所要時間は1時間20分〜1時間40分程度となっています。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港国内線にはP1からP4の4つの駐車場があります。第一ターミナルへはP1、P2駐車場、第二ターミナルへはP3、P4駐車場の利用が便利です。普通自動車の料金は、30分毎に150円ずつ課金され、一日利用の場合、定額1500円となります。それ以降は一日毎に1500円ずつ加算されます。自動二輪車の料金は、30分毎に50円ずつ課金されます。一日定額、500円、それ以降は500円ずつ加算されます。一部、インターネットでの駐車場予約も可能です。

高松空港の概要

高松空港は四国の香川県高松市にある空港です。国内線は羽田・成田・那覇空港へ就航しています。1989年に開港され、それ以前は現在地から約10キロ北の市街地に旧高松空港がありました。旅行鞄などの荷物を運ぶベルトコンベアに讃岐うどんの模型が設置されていることで有名で、うどん県香川の観光アピールを行っています。現在、一般車両の送迎スペースが2台分しかなく、大変混雑していることから、今後新たに増設するとともに、待機レーンを設置する方針であることが表明されています。

主要駅から高松空港へのアクセス

高松空港から利用できる公共交通機関はバスのみとなります。ことでんバス・琴参バス・琴空バスの3社です。2016年7月現在、高松空港から近い主要駅の高松駅まで所要時間が約40分で、片道760円です。香川県内では、JR琴平駅・坂出駅・丸亀駅へも空港からのバスが運行しています。その他の交通手段では、タクシーが利用できます。高松空港から高松駅まで所要時間は約30分、利用料金は時間帯によっても変動がありますが、片道約4700円です。

高松空港の駐車場情報

高松空港から高松駅まで、リムジンバスが運航していて、市街へのアクセスがしやすくなっています。高松市には特別名勝として知られる「栗林公園」をはじめ、日本三大水城であり、玉藻城とも呼ばれている「高松城」や源平合戦の古戦場の「屋島」などといった観光スポットがあります。また、うどんタクシーなどでうどんの名店などを案内してくれるサービスもあり、空港までの送迎が可能となっています。高松空港周辺には、天然温泉の香南楽湯やさぬきこどもの国があります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔高松」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔高松」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔高松」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔高松 利用者の体験談

香川県の魅力がつまった空港

うどん食べ歩きのプチ旅行に、羽田から高松へ飛行機を利用しました。高松空港までの所要時間は僅か約1時間10分ほどであっという間に着いてしまいます。高松空港内は香川県ならではの特色が強く感じられ、たとえば、お遍路さんのお休み処やうどん店、特に、空港の2階で食べた「肉ぶっかけうどん」が美味しかったです。また、フライトシュミレーターなるものが置いてあり、そこで遊ぶ子供の姿が見られました。子供が退屈しがちな空の旅ですが、このようなスポットが空港内にあるのは親御さんにもうれしいポイントです。

空港で食べたおいしいうどん

昨年の夏に友人と四国に旅行に行きましたが、羽田から高松行きの飛行機に乗り高松に降り立った私達を待っていたのはおいしそうなうどんのにおいでした。私達はそのにおいに我慢できずに空港にあったうどん屋に入りました。食べたうどんはうわさに違わずとてもこしがあってとてもおいしかったです。旅の途中でもうどんを食べましたが最初に空港で食べたうどんが一番印象に残っています。また近いうちに旅行して空港でうどんを食べたいと思います。

食ベ物も充実の空港。

羽田空港から空の旅が始まりましたが、びっくりしました。お土産の充実ぶりがすごくて、羽田空港限定のお菓子などもたくさんあり、持ちきれない程購入しました。期間限定のお菓子もあり、ぜひまた利用したいと思っています。高松空港に到着すると、なんと空港の中にもうどん屋さんがあり、早速食べましたが、空港とは思えないほどすごく美味しくて、香川県のレベルの高さには驚かされました。こちらも、またぜひ利用したい空港です。

都心から四国への快適な空の旅

本州から四国へ向かうときには、なんといっても飛行機に勝るものはありません。乗り換えの必要がなく、一時間もせずに到着する距離なので、費用対効果も高いことから出張の際にはよく利用しています。先日、所要があって高松へ出張に出かけることになりました。都内勤務なので朝会社に出社した後にその足で羽田に向かい、すぐに飛行機に豆寿することができます。30分程度で到着し、何よりも羽田発の便は以前に比べてずっと便利になりました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.