空港着の飛行機を検索

羽田空港発富山着の路線情報

羽田空港から富山空港へはANAの便が1日に4便運航されています。午前中は8時50分頃と10時15分頃の2便、午後は18時頃と20時5分頃の2便が運航されています。フライト時間は約1時間です。富山空港はJR富山駅から連絡バスで25分ほどの場所にあり、無料駐車場も用意されています。

羽田空港発富山着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は東京都心から一番近く、アクセスが良い空港です。交通手段も京急線やモノレールが乗り入れているので移動も便利です。空港内には種類豊富なお土産が揃い、レストランもレベルが高く有名なお店が沢山出店しているので自分の好みに合ったお店を選ぶことができます。展望デッキも人気が高く、飛行機に乗らなくても景色を眺めるために訪れる人も多くいます。

主要駅から羽田空港へのアクセス

川崎駅から羽田空港までの交通アクセスは、駅から徒歩で約5分行った場所に京急川崎駅があるので、京急本線エアポート急行羽田空港国内線ターミナル行きの電車か京急空港線の電車に約5分乗り、羽田空港国際線ターミナル駅で下車すると羽田空港に到着します。このルートでは約20分かかります。その他のルートでは、有料道路の首都高速神奈川6号川崎線を経由すると渋滞がなかった場合、約20分かかります。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港には国内線第1旅客ターミナル前に第1と第2駐車場が、国内線第2旅客ターミナル前に第3と第4駐車場があります。四つの駐車場いずれも2300台ほどの収容が可能で、第2と第3、第4は事前予約が可能です。第1と第4は入場から30分まで無料、24時間で1500円を上限に30分毎に150円、24時間以降は1500円を上限に1時間毎に300円加算されます。第2と第3は入場から5時間まで30分毎に150円、24時間以降は1時間毎に300円が24時間1500円上限で加算されます。JALグループにSKYとSFJ(北九州空港)搭乗の場合は第1と第2が、ANAにADOとSNA他は第3と第4の利用が便利です。

富山空港の概要

富山空港は、富山市内に位置し、国内線は東京(羽田)と札幌(新千歳空港)に発着しています。また、羽田経由で秋田、広島、沖縄など全国各地への乗り継ぎ便が設定されており、羽田での手荷物受取やチェックインをする必要なく楽々乗り継ぎができます。愛称のきときと空港のきときととは富山弁で「活きがいい」という意味。富山はきときとな魚やきれいな地下水を活かした日本酒が自慢の旨いものどころでもあります。空港から駅までは市内バスで約20分、高速のインターチェンジまでは車で約5分、1500台以上の駐車場が完備されています。

主要駅から富山空港へのアクセス

富山空港からは、地元の地方鉄道会社によって運行されている路線バスを利用する事ができ、乗り換えなしで富山駅まで約25分から30分行く事が可能です。空港からタクシーを利用すると、高岡駅へは約30分で移動できます。またマイカー利用の場合、空港からは富山県道55号富山空港線と呼ばれる道路を利用すれば、富山駅方面への移動もできます。

富山空港の駐車場情報

富山空港から最寄りの観光スポットの一つに富山県中央植物園があります。総面積24.7ヘクタールの園内には、日本の植物ゾーン、世界の植物ゾーンに分けられた屋外展示園と、展示温室があります。さらに特色や分布環境などによっていくつものエリアに分けられていて、多種多様な植物を見て回ることができます。それぞれの植物には、各種名称や分布などが書かれたラベルがつけられているのでわかりやすく、展示ボックスや解説版などで詳しく学ぶこともできます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔富山」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔富山」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔富山」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔富山 利用者の体験談

アルペンルートはとっても素敵でした

先日、富山旅行に行ってきました。羽田から飛行機に乗り富山空港までの空の旅は、ゆったりした座席にすわり、雲の上の景色を満喫。富山ではやっぱり、黒部のアルペンルート、お食事は富山名物のホタルイカや白えびなど。壮大な景色が目の前に現れたときの言葉では言い表せない気持ちは今でも忘れられません。おいしいお食事と楽しい観光を十分に満足できたのも、交通手段を時間も気持ちもゆとりが持てる、空の便にしたことが大きかったと思います。

東京から北陸への空の旅

急な出張で羽田空港から富山空港まで飛行機を利用しました。羽田空港ではラウンジでぎりぎりまでパソコンをにらみがなら資料を作るはめになりましたが、静かでゆったりした場所なので集中できてよかったです。ふっと窓をみると飛行機や作業する人が見えていい気分転換にもなりました。飛行機に乗り込むと1時間ほどで富山空港に到着。登山の気持ち良い季節だったせいか黒部や立山に行く登山者の団体も多く、次回は仕事ではなく自然に触れに来たいと思いました。

ファーストクラスに乗りました

先日東京から富山にご当地グルメを食べに行った旅行の際に羽田空港から富山空港の便を使いました。航空機は贅沢をしてファーストクラスで乗ったのですが、とても快適に乗る事が出来たのでまたお金に余裕があったら乗ってみたいです。羽田空港は朝一番の7時前の便を使ったのですが、朝早くから営業している飲食店がありましたので重宝しました。富山空港は富山市から近い場所にありますので、あっというまに市街地に移動する事が出来ました。

とっても便利な空の旅。

羽田空港はキッズコーナーが第一ターミナルにも第二ターミナルにも二カ所ずつあるので、子供連れには本当にありがたいです。フライトの間まで子供が飽きずに待っていられるので、非常によかったです。富山空港に着くと、その地域ならではのお土産が売っていて、とても興味深くて色々購入しました。それを空港から送る事ができるので、荷物にならず助かりました。次もまた羽田空港と富山空港を利用して空の旅に出たいと感じました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.