空港着の飛行機を検索

羽田空港発神戸着の路線情報

到着便が集中したり混雑する場合は異なることもありますが、通常、羽田空港から神戸空港までの飛行機での所要時間は約70分から75分。就航している航空会社はANA(全日空)・SKY(スカイマーク)です。現在、JAL(日本航空)便はありません。羽田空港から神戸空港への直行便フライトは少ないですが、東京都と関西を結ぶ大切な路線のひとつとして機能しています。フライトスケジュール情報(時刻表)は変更される場合もありますので、ご予約やご利用される際には運行日時を各航空会社に確認しておくといいでしょう。

羽田空港発神戸着空港情報

羽田空港の概要
日本一の旅客数を誇る羽田空港は、日本最大の空港です。国内線中心の空港で、国内線だけでも、大きなターミナルを2つ構えていますが、国際線のチャーター便も運航しております。羽田空港の第一旅客ターミナルビルを上から見下ろすと、大きな鳥がまるで翼を広げているかのように見えるため、通称「ビッグバード」と呼ばれています。羽田空港は、東京駅からわずか約40分、品川駅からだと約20分で行ける大変アクセスの良い便利な空港です。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港へのアクセスは鉄道の場合、京浜急行電鉄空港線と東京モノレール羽田空港線げ利用できます。東京駅から山手線の渋谷・新宿方面に乗車し品川駅へは約12分、浜松町駅へは約5分で到着です。その後、各路線に乗車します。品川駅から羽田空港国内線ターミナル駅まではエアポート快特に乗車して最短約14分。浜松町駅からはモノレール(羽田空港第2ビル方面行)に乗車し約19分で羽田空港に到着します。また、東京駅から羽田空港行きのリムジンバスを利用した場合の所要時間は約35分(交通事情による)です。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港の国内線用駐車場には、日本空港ビルデング株式会社などが運営する旅客ターミナル前駐車場があります。このうち第一旅客ターミナルに近いものはP1とP2、第二旅客ターミナル側はP3とP4と番号が付けられています。駐車料金は、利用時間によって細かく区切られていますが、普通自動車の場合、概ね最初の5時間までは30分毎に150円、5時間以降は1日毎に1500円が目安となっています。その他には、送迎バス付きの周辺駐車場も利用可能です。

神戸空港の概要

神戸空港は兵庫県神戸市中央区位置する、人工島とともに建設された海上空港です。関西三空港の1つで、他に関西国際空港と大阪国際空港があります。比較的近年に開港しており2006年2月16日に開港しています。旭川空港と帯広空港に次ぐ国内3番目の市営空港であり、第三種空港としては初めて建設から運営までを神戸市が手がけています。年間の航空発着回数は約3万回、旅客数は約250万人と、地方管理空港の中では第1位を誇っています。

主要駅から神戸空港へのアクセス

神戸空港から電車を利用する場合、空港のターミナルビル2階と連絡通路でつながっている「ポートライナー神戸空港駅」を利用することができます。2016年7月現在、神戸空港駅から三宮駅までは片道330円で、所要時間は約18分です。5時台から23時台まで便があり、昼間は1時間に10本前後の電車が出ています。また、「ポートライナー三宮駅」からは、JR神戸線・阪急神戸線・阪神本線・市営地下鉄西神・山手線および海岸線に徒歩で乗り換えが可能になっています。

神戸空港の駐車場情報

神戸空港から三宮の中心部へは、ポートライナー1本でアクセスできます。神戸には日本三大中華街の一つである「南京町」があります。約100店舗が軒を連ね、中華料理やスイーツなどさまざまな味が楽しめます。三宮中心部から山手側に徒歩10−15分の場所には「神戸北野異人館街」があり、風見鶏の館やうろこの家などの代表的な建造物を見学することができます。また三宮駅から地下鉄等を乗り継ぎ、約30分で日本三名泉の一つにも数えられる「有馬温泉」に訪れることも可能です。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔神戸」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔神戸」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔神戸」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔神戸 利用者の体験談

東京からの旅について。

前回、東京から神戸への旅の際に、私は羽田空港から神戸空港の飛行機を利用しました。神戸空港は以前にも利用したことがありましたが、羽田空港は初めての利用でした。空港といえば私の地元にある神戸空港と言うイメージがあり、とても快適な空間です。羽田空港は初めての利用でも、分かりやすく安心して出発することができたのでほっとしました。急な用事での旅でしたが、東京から神戸へは約1時間ほどで到着し、やはり飛行機は速くて良いものだなと思いました。

安心して飛行機に乗れました

大阪方面へ旅行へ行こうと計画を立て、目的地を神戸と大阪に。羽田空港から神戸空港までの航空券を手配し、いざ空の旅へ出発しました。飛行機に乗るのは初めてで、旅行に行くというよりも飛行機に乗る!という事のほうが重大だったようなきもします。にぎわっている羽田空港ではどこをどう行くのかも分からずウロウロしていたところ、案内係の方が丁寧に教えてくれました。神戸空港でも降りてからの手続きや荷物の確認、出入り口の場所などを細かく説明していただけ、とても安心した飛行機の旅をすることが出来ました。

飛行機の移動なら早くて移動疲れも無いです

羽田空港から神戸空港までは1時間かからない程度の時間で到着しますので、長旅で疲れることもありません。また、どちらの空港にも休憩できるスペースが確保されており、空港内で疲れを癒すこともできますので安心して旅行を楽しんでください。神戸空港では特産品も多く販売されており、帰り際にお土産を購入するには最適です。中心部までの移動もバスが定期的に運行していますので、アクセス的には心配することはありません。最近は飛行機の値段も安くなっているので、交通手段としてオススメです。

関西旅行に行く際に利用しました

去年の夏、夫婦で神戸のライブを観に行くのを目的に関西旅行をしたのですが、その際に羽田空港を利用しました。チェックインを済ませたあとは、展望デッキにあるスカイ・ステーションで羽田空港限定の東京地ビール「羽田スカイエール」を飲みながらスカイドッグを食べつつ、離発着する飛行機を眺めつつフライトを待ちました。フライトは1時間ちょっとで、神戸空港に到着しました。ライブまでけっこう時間があったので、空港内のレストラン、牛筋壱成でぶたモッチーズと牛筋煮込みセットを食べてからライブ会場に向かいました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.