空港着の飛行機を検索

羽田空港発稚内着の路線情報

東京都心に近い羽田空港から稚内空港までは、ANAが運航しています。10時45分頃出発の便と13時55分頃出発の便、1日2便の直行便が出ており、所要時間は約1時間50分です。稚内空港からJR稚内駅までは、レンタカーで約25分です。

羽田空港発稚内着空港情報

羽田空港の概要
羽田空港は、東京都大田区にある空港です。首都圏を代表する空港で、日本各地への航空便が就航しています。国内線では、第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルがあり、発着する航空会社が異なります。ターミナル間の移動はバスか徒歩で可能です。羽田空港へは、京急電鉄や東京モノレールの他、自家用車やリムジンバスでのアクセスが可能です。

主要駅から羽田空港へのアクセス

横浜駅から羽田国際空港まで京急高速バスの利用が可能です。横浜駅東口から地下街ポルタを通って、横浜スカイビルへ向かいます。そごうの隣のビルです。そごうを正面にして右側にスカイビルのエスカレーターがあります。これを使って1階へ行くとYCAT(バス乗り場)があります。横浜駅(YCAT)から羽田空港まで約30分です。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港には駐車場が4つあります。羽田空港第一ビルにはP1・P2、羽田空港第二ビルにはP3・P4があります。どちらもそれぞれビルに直結しており、24時間年中無休で利用することができます。すべて立体駐車場となっており、高さ制限があるので、車の高さや幅などに注意してください。また、駐車場は混雑が予想されますので、スムーズに駐車して搭乗手続きを行えるように、あらかじめ時間に余裕をもって行動することをお勧めします。

稚内空港の概要

稚内空港は、北海道稚内市にある、国管理空港です。日本最北のジェット化空港で、札幌や東京に路線を持ち、拠点空港として重要な役割を担っています。1960年に1200mの滑走路で開港し、その後、滑走路の延伸が何度か行われ、現在の滑走路は2200mとなっています。ターミナルビルは滑走路の南側にあり、国内線の設備のみで、国際線の設備はありません。アクセスとしては、稚内フェリーターミナル発着で、稚内駅前と南稚内駅前を経由する、バスの便があります。

主要駅から稚内空港へのアクセス

稚内空港は北海道稚内市に位置する日本最北端にある空港です。空港から稚内市内に行く交通手段は主にシャトルバス、リムジンバス、レンタカー、タクシー、マイカーになります。稚内空港から稚内駅前までバスが出ており、所要時間は約30分片道600円です。季節により、宗谷岬まで立ち寄るバスも出ており、観光も楽しめるようになっています。

稚内空港の駐車場情報

稚内空港周辺の観光スポットでお勧めなのは市立ノシャップ寒流水族館です。小さい水族館ながらも100種以上の魚が飼育されており、北方の海の魚や、幻の魚ともいわれるイトウが回遊する姿を見ることができます。また、アザラシやペンギンなども展示されており、餌やりを体験することができるため、子ども連れの方にはお勧めであります。ノシャップ岬では冬に流氷が見られ、この水族館では流氷について良く知ることができるような展示もあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「羽田⇔稚内」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「羽田⇔稚内」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「羽田⇔稚内」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

羽田⇔稚内 利用者の体験談

ビジネス利用でも便利で快適な旅でした。

ビジネスで羽田-稚内を往復しました。羽田空港で取引先への手土産を購入しましたが、さすが、種類が豊富です。有名な折り菓子に決めていたのですぐに購入も終わり、時間に余裕があったのでカフェに入りました。人は多いですが、カフェの数も多く電源を確保することもでき仕事をすることができました。到着の稚内空港は初めての利用だったのですが小さくもレストランも売店も充実していて、北海道の良いところを凝縮したような空港でした。帰りには稚内空港でおいしいラーメンを頂くこともでき、とても快適な時間を過ごすことができました

家族4人で北海道旅行をしました

初めて昨年の冬、北海道に家族4人で旅行に行った時、羽田から稚内まで飛行機を利用しました。自宅からは電車で羽田空港国内線ターミナル駅まで行きましたが、駅のホームから旅客ターミナルまではエスカレーター移動で、重たい荷物を持っていても楽々行けました。少々稚内への飛行機到着が遅れたのですが、稚内空港ターミナル発のバスは、飛行機の到着を待ってから出発してくれるので予定通りに目的地まで辿り着く事ができました。

雄大な自然を満喫できました

先日私は北海道の冬の自然を堪能したいと思い、羽田空港から稚内空港の便を使い4泊5日の旅行をしました。羽田空港は数年前にリニューアルオープンしたという事でしたので、搭乗時間より数時間前に行って建物内の散策を楽しみました。稚内には定刻通りに到着し、飛行機到着後にタイミング良く出発するシャトルバスが運行されていましたので、あまり待つ事無く市内のホテルに移動する事が出来ました。流氷がちょうど来ている季節でしたので、記憶に残る旅行でした。

道北へスキー旅行に行きました

今年の冬は道北へスキー旅行に行き、その際に羽田空港を利用しました。チェックインしてからは、展望デッキのスカイステーションで、羽田空港限定の東京地ビール「羽田スカイエール」を飲みつつ、スカイドッグを齧りながら行きかう飛行機を眺めてフライトを待ちました。フライトは約2時間で、無事稚内空港に着きました。稚内空港に着いたのは12:20で、ちょうどお昼だったので、稚内空港レストランで宗谷の塩ラーメンを食べてから、スキーに出発しました。