空港着の飛行機を検索

伊丹空港発いわて花巻着の路線情報

伊丹空港からいわて花巻空港へ向かう飛行機は1日あたり4便です。すべてJALによって運航されています。所要時間はおよそ1時間25分です。始発便は7時5分発で最終便は17時発となっています。約3時間おきに飛行機は出発します。

伊丹空港発いわて花巻着空港情報

伊丹空港の概要
伊丹空港は大阪府豊中市と大阪府池田市、兵庫県伊丹市の三都市にまたがる会社管理空港で、大阪空港という名称でも呼ばれています。北海道から沖縄まで全国各地の空港に運航しており、5つの航空会社が乗り入れています。空港内には大阪モノレールの大阪空港駅があります。また、新大阪駅などからリムジンバスを使ってアクセスすることもできます。空港の敷地には2463台の車を駐車できる24時間営業の駐車場もあります。

主要駅から伊丹空港へのアクセス

伊丹空港へは、梅田駅より阪急宝塚線で「蛍池駅」下車。その後大阪モノレールに乗り換え「大阪空港駅」で下ります。電車所要時間は約40分です。駅からは連絡通路で空港まで約2分です。また、リムジンバスは大阪・京都・兵庫・奈良より各数か所の主要駅前から出ています。梅田からでは約25分から30分で空港まで行けます。

伊丹空港の駐車場情報

阪神高速や中国自動車道の出入り口からほど近くに伊丹空港の駐車場はあります。合計2463台が収容可能で、24時間営業です。30分以内の利用であれば無料。14日間までなら届け出無しで連続の駐車が可能です。現金は勿論、クレジットカードやEdyでの支払いも可能で、支払い方法が選べて便利です。さらにKIXカードを利用すると駐車料金が10%割引、JALカードやANAカードで支払うとマイルが2倍貯まるなど、便利な特典も用意されています。

いわて花巻空港の概要

いわて花巻空港は、岩手県唯一の空港で、岩手県の空の玄関口の役割を担っています。1964年に開港し、2009年に滑走路東側に新しい空港ターミナルビルができました。国際線の設備もありますが、現在定期便は国内線のみとなっています。3基のボーディングブリッジを備えています。定期就航路線として、新千歳、大阪(伊丹)、福岡、名古屋(小牧)の路線があります。交通アクセスとしては、盛岡バスセンター発着でJR花巻空港駅経由のバスの便があります。

主要駅からいわて花巻空港へのアクセス

いわて花巻空港の最寄り駅は花巻空港駅で、路線バスで約10分です。航空機到着から約20分後に発車します。また、盛岡駅へは東北自動車道経由の高速バスが出ています。所要約43分で、こちらも航空機到着から約20分後に発車します。その他、予約制の乗合タクシーがあり、新幹線が乗り入れている水沢江刺駅や一ノ関駅をはじめ、岩手県内各地を結んでいます。乗車前日の18時までに要予約、航空機到着から約10分後に発車します。

いわて花巻空港の駐車場情報

いわて花巻空港から近い観光スポットの一つに、「宮沢賢治童話村」があります。こちらは、岩手県出身の作家である宮沢賢治の童話の世界観を、実際に楽しく遊びながら体験できる観光施設です。童話村のなかには、作品世界を体験できる「賢治の学校」のほか、作中に登場する動植物や星座などに関する展示を行っている「賢治の教室」、周辺の森には「妖精の小径」や「山野草園」などがあり、四季折々の自然散策をすることもできます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「伊丹⇔いわて花巻」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「伊丹⇔いわて花巻」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「伊丹⇔いわて花巻」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

伊丹⇔いわて花巻 利用者の体験談

3月、春の大阪から雪残る平泉へ

高校を卒業した3月、受験勉強の間日本史の教科書でずっと眺めていた中尊寺の金色堂へ卒業旅行へ行きました。成績の上下に一喜一憂する毎日の中、ふわりと癒された阿弥陀三尊像にお礼の気持ちが伝えたい、友だちには照れくさくて言えない気持ちもありました。小さいながらに清掃の行き届いたいわて花巻空港に着くと、すでに春のあたたかさを感じながら出発した大阪伊丹の空気とは一転、まだ冬の冷たさが残る空気に身が引き締まる思いがしました。歴史の扉を開けるにふさわしい、すてきな空港だったことを覚えています。

大阪から岩手までの旅行で使いました

先日大阪から岩手に観光に行った際に、大阪伊丹からいわて花巻の航空便を使用しました。鉄道を使って当初は行く予定だったのですが、航空機のアクセスが大変良いとの事を知人が言っていたので、航空機に変更しました。実際に使ってみるとわずか1時間30分搭乗しているだけで着いてしまったので、腰痛持ちの私にとっては大変ありがたかったです。花巻から盛岡までの交通機関は便利なシャトルバスがありましたので、現地での移動も快適でした。

大阪まで飛行機で飛んで行った時の事。

いわて花巻から飛行機に乗り、大阪伊丹空港まで行ってから、大阪市内を観光してそれから空港に戻って帰りの飛行機の時間まで空港で過ごしました。大阪市内からタクシーで30分位で空港に着きました。空港の中には、いろんな料理のレストランが沢山あり、ショップも沢山あるので見てまわるだけでも待ち時間を退屈なく過ごす事が出来ます。空港警察とか郵便局とか診療所なんかもあり、まるで小さな街みたいな施設になっています。4階の展望台は、見晴らしが大変よくてまた行きたい空港です。

岩手に出張の際には必ず飛行機を利用します

大阪伊丹空港からいわて花巻空港行きの飛行機を非常によく利用します。いわて花巻空港は、岩手県のちょうど中心にあるため、アクセスも非常に良くオススメの移動手段になります。花巻駅までは直通のバスもありますので、車などの移動手段がない方も安心して利用できます。出張で利用するサラリーマンの方はもちろんですが、岩手県に旅行に来る際にも大阪伊丹空港から1時間少々で着きますので、積極的に飛行機を利用していただきたいと思います。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.