空港着の飛行機を検索

伊丹空港発仙台着の路線情報

大阪の市街地に近い伊丹空港(大阪国際空港)から仙台市の空の玄関である仙台空港へは、ANA(全日空)・JAL(日本航空)・IBEXエアラインズの3社が運行しています。伊丹空港から仙台空港へのフライトは朝は7時過ぎから、夜は10時頃までで、所要時間は約75分です。この区間はお盆と年末・年始を除いてはビジネスでご利用される方が多く、特に平日の早い時間帯の混雑が予想されますので、なるべく早くご予約されることをお勧めします。

伊丹空港発仙台着空港情報

伊丹空港の概要
伊丹空港の通称で親しまれている大阪国際空港は、大阪の市街地から約12キロメートル北に位置しています。大阪府の豊中市と池田市、兵庫県の西宮市という3市にまたがって広がり、総面積は約311ha、滑走路は全長1828メートルのA滑走路と全長3000メートルのB滑走路の2本です。1939年、大阪第2飛行場として開設され、戦後の一時期には米軍に接収されましたが、1958年、全面返還され再開港しました。当時の名称は大阪空港でしたが、翌年、国際線の就航と同時に大阪国際空港に改名しました。1994年、関西国際空港の開港と同時に国際線は廃止になり、現在は国内線のみが就航しています。

主要駅から伊丹空港へのアクセス

伊丹空港の最寄りの駅は、大阪モノレール「大阪空港駅」です。例えば、「大阪駅・梅田駅」周辺から伊丹空港へ向かう場合は、阪急梅田駅から蛍池駅まで約13分、大阪モノレールに乗り換えて蛍池駅から大阪空港駅まで約3分でアクセスすることができます。また、路線バスが伊丹駅・新大阪駅・宝塚駅などから出ています。その他に大阪駅・なんば駅・あべの橋・三宮駅・京都駅などからリムジンバスも運行されており、様々な方法でアクセスすることが可能です。

伊丹空港の駐車場情報

伊丹空港には、空港ターミナルビルの前に中央立体駐車場・南立体駐車場・北立体駐車場の3つの駐車場があります。収容台数は合わせて2463台です。普通車の料金は入庫から12時間までは30分毎に100円?110円かかります。なお、入庫から30分以内は無料です。12時間以降24時間までは一律2570円。24時間以降24時間毎に2060円を上限として1時間毎に200円?210円が追加されます。長期駐車は駐車場の管理、空港の保安上、原則14日間までとなっています。空港周辺には一般の駐車場も多数あります。

仙台空港の概要

仙台空港は、宮城県の名取市と岩沼市にまたがる立地にある空港です。滑走路は2本あり、小型機から大型の旅客機まで離発着が可能です。ターミナルの2階に「仙台空港アクセス線」の駅につながる通路があります。ターミナル3階には展望デッキがあり、さらにその上には「スマイルテラス」という屋上展望デッキがあります。ターミナル3階にはエアポートミュージアム「とぶっちゃ」があり、入場無料(有料のコーナーも有り)でコックピット登場体験などができます。

主要駅から仙台空港へのアクセス

仙台空港から電車を利用する場合、空港のターミナルビル2階と直結している仙台空港アクセス線の仙台空港駅を利用することができます。2016年7月現在、空港から近い主要駅の仙台駅まではきっぷ運賃で片道650円(ICカード運賃で648円)で、快速列車で約17分、普通列車で約25分です。仙台空港アクセス線の運転本数は6時から21時までは1時間に2本から3本運転されており、22時と23時は1時間に1本運転されています。

仙台空港の駐車場情報

仙台空港は、宮城県の中心的なエリアである仙台市まで鉄道で約20分です。直行バスも出ていますので、市内でショッピングやグルメを堪能できます。仙台駅の西口の定禅寺通りはケヤキ並木の美しさに定評があり、すずめ踊りや仙台七夕、ジャズフェスティバルなど、さまざまなイベントが開催されます。さらに、仙台空港より南に位置している大河原町には、名所として知られている白石川堤があります。春は桜の花見客で賑わいますし、冬は白鳥の飛来地として有名です。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「伊丹⇔仙台」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「伊丹⇔仙台」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「伊丹⇔仙台」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

伊丹⇔仙台 利用者の体験談

大阪から宮城への旅行で使いました

先日大阪から宮城に旅行をした際に航空機を使って往復したのですが、楽しく旅行をする事が出来ました。大阪伊丹空港は隣接地域が市街地という事もあり、鉄道で行ったのですが駅前に空港が位置しておりますので利便性が高い空港であると思いました。仙台空港は仙台市から少し離れた場所に位置してるのですが、仙台市に直接乗り入れているアクセス鉄道が走っているので早く仙台市内に移動する事が出来ました。空港内は再オープンをしたばかりでしたので、帰りの売店ではたくさんの仙台名物を買って家族に持ち帰る事が出来ました。

飛行機に乗って大阪に行って来た時の事。

仙台から飛行機で大阪伊丹空港まで飛んで、大阪市内観光を終えて空港に戻って来て、帰りのフライト時間まで空港の中で時間を過ごしました。大阪市内からタクシーで30分位で空港に着きます。空港内はいろんなお店があり、中華、洋食、和食レストランとかショップとかを見てまわる事で退屈する事なく時間を過ごす事が出来ます。コイン式のマッサージチェアーなんかもあって、疲れた体をもみほぐすには丁度良かったです。コイン式インターネットもあり、情報収集も出来て大変助かりました。

とても楽しかった旅行について

飛行機を使って、とても楽しい旅行ができましたので、本当によかったと思っています。大阪伊丹空港では、待ち時間を展望デッキのラ・ソーラで過ごしましたが、眺めが素晴らしかったし、ゆったりと座りながら飛行機が飛び立つ様子を見ることができました。また、到着した仙台空港にはエアポートミュージアムがありましたので、コックピットを体験するなど、貴重な思い出になりました。スタッフの皆さんは親切でしたし、とても快適でした。

東北出張につかった空港

東北出張が急遽入ったためすぐに行ける飛行機で大阪伊丹から仙台までむかいました。大阪伊丹空港は今でこそ国際空港ではありませんが関西圏屈指の空港であり家でとることが出来なかった食事もここでとることができました。仙台空港は今回はじめて使った空港でしたが仙台市内から鉄道一本で行くことができ全体がコンパクトに収まっている空港でしたからはじめての利用でも迷うことなく飛行機に搭乗できました。今回使った大阪伊丹と仙台はどちらも便利に使える空港でした。