空港着の飛行機を検索

出雲空港発隠岐着の路線情報

出雲縁結び空港は、松江駅からバスで約30分、出雲市駅からは約25分、出雲大社前駅からは約35分の距離です。出雲縁結び空港から隠岐空港へは、9時40分発の1日1便、JACが運航しています。所要時間は約30分です。

出雲空港発隠岐着空港情報

出雲空港の概要
出雲空港は2010年に出雲大社にちなみ「出雲縁結び空港」という愛称がつけられました。空港からの有名な出雲大社や宍道湖までのアクセスは30分くらいです。また、駐車場の駐車可能台数は1196台で無料のため利用しやすいです。そして縁結びにちなみ、特製の絵馬が用意されておりその絵馬はきちんと神社に奉納されます。

主要駅から出雲空港へのアクセス

出雲空港へのアクセスは鉄道と空港連絡バスでアクセスできます。空港連絡バスは一畑交通が運行しており、JR松江駅(9番乗り場)から約30分で到着します。他にも、JR出雲市駅、玉造温泉、出雲大社からバスが出ています。タクシーの使用では、空港の最寄駅のJR壮原駅、JR穴道駅、一畑電車平田駅から約10分から15分です。

出雲空港の駐車場情報

出雲空港は第1駐車場に456台・第2駐車場に63台・第3駐車場に85台の収容が可能です。そのほか東駐車場に473台・公園駐車場に104台・障害者用駐車場に15台・送迎車用駐車帯に12台・バス駐車場に6台の収容ができ、全部合わせて1196台の収容が可能となっており全ての駐車場を無料で利用することができます。第1・第2・第3駐車場は空港ビルから近いため早い時間からの混雑します。駐車場に空きがない場合や4日以上駐車される場合は東駐車場か公園駐車場の利用がおすすめです。

隠岐空港の概要

隠岐空港は隠岐諸島唯一の空港で隠岐諸島、島後島の南端に位置し隠岐の島町の中心部から約3キロ離れた場所にあります。1965年に開港し、2006年には隣接地に新空港が建設され小型ジェット機の就航が可能となりました。また平成27年7月には「隠岐世界ジオパーク空港」という愛称がつけられています。運航会社は基本的には日本エアコミューター(JAC)で伊丹国際空港と出雲縁結び空港が就航地となっています。ただし、夏季に限りジェット機の増便があり、日本航空(JAL)が運航しています。

主要駅から隠岐空港へのアクセス

隠岐空港からは本土とを結ぶフェリー乗り場であるポートプラザへのバスが運行されています。隠岐空港とポートプラザ間を約10分で結ぶ路線です。なお、空港連絡バスとなっている為、飛行機の到着に連動したダイヤとなっています。1日2便、空港での手荷物の渡しも完了した段階での出発となっています。

隠岐空港の駐車場情報

隠岐空港から車で約10分の場所に隠岐自然館・隠岐世界ジオパークビジターセンターという施設があります。隠岐の島の成り立ちや島に生息する生物や特徴的な鉱物などが展示されています。空港は隠岐世界ジオパーク空港という愛称がつけられている程なので、島に訪れた際には立ち寄りたいスポットと言えます。この他にも近隣には国の重要文化財に指定されている億岐家住宅などの歴史的な建物なども多く、大自然と合わせて見ごたえがあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「出雲⇔隠岐」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「出雲⇔隠岐」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「出雲⇔隠岐」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

出雲⇔隠岐 利用者の体験談

旅はやっぱり飛行機ですね

出雲から隠岐まで旅をしようと思い、時間もないことなので飛行機を利用することを前提として旅をすることにしました。旅のはじめは出雲の空港からでしてが、初めて利用をしたのですが思ったより綺麗で最新の設備であったことにびっくりしました。しばらく飛行機に乗ってなかったので、こんなになっているとは思いませんでした。飛行機に乗って小一時間くらいで隠岐につきましたが到着してまたびっくり、このような地方都市でも空港が広いなと驚きました。

沢山の縁起を担げる空港

最近恋愛運がなく、悩んでいたら、友達が出雲空港近くにある、出雲大社に連れて行ってくれました。私達は、隠岐に住んでいるので、飛行機だと約30分位で到着するので、とても便利でした。出雲到着後は、連絡バスで約25分から35分で出雲大社に到着したのて、飛行機と合わせても、約1時間で到着したので、身軽に行ける旅でした。帰宅時も同じ経路で帰宅したのですが、行きに気づかなかった出雲空港の縁結び特製絵馬があり、縁起を担いで、絵馬を購入し、絵馬掛けにかけて、隠岐行きに搭乗しました。今年は良い恋愛が出来そうです。

釣りを満喫する事ができました

私は海釣りをするのが趣味で、頻繁に離島に出かけて釣った魚を捌いて自分で食べる旅行をしています。先日は出雲から隠岐に行こうと思い、出雲空港から隠岐空港の便を使いました。出雲空港は現在流行中の婚活をしている人たちが、近くの神社に行くためにたくさん利用している姿が印象に残りました。隠岐空港には定刻通りに到着し、空港近くでレンタカーを借りて海辺まで行き、狙いの魚を大量に釣る事が出来ました。満足いく旅でしたのでまた行きたいと思います。

楽しいサイクリングができました

私はサイクリングをする事が趣味で、特に離島の海岸沿いを走るのが楽しみになっています。先日は出雲空港から隠岐空港の便を使い隠岐に向かいました。出雲空港は最近マスコミに取り上げられる事が増えた出雲大社が近いので、若い女性客の比率が高いと感じました。隠岐では無事に自転車を受け取る事ができ、3日間の島内サイクリングを満喫する事が出来ました。帰りの隠岐空港では食べ物をはじめとした島の特産品を買えましたので、売店の存在はありがたかったです。