空港着の飛行機を検索

新潟空港発福岡着の路線情報

新潟駅から、新潟空港へは直行リムジンバスが出ていて、所要時間約30分で運行されています。新潟空港から福岡空港への路線は3往復で、ANAが午前午後の2往復・FDAとJALの共同運航便が昼12時過ぎ発の1往復であり、所要時間は1時間50分〜1時間55分ほどです。

新潟空港発福岡着空港情報

新潟空港の概要
新潟空港は国が設置・管理する第2種空港で、1930年に開港しました。運用時間は7時30分から20時30分です。国内線は札幌、佐渡、成田、名古屋、大阪、福岡、沖縄の6都市に就航しています。新潟市東区の日本海側に位置し、JR新潟駅からバスで約25分、新潟空港ICからは車で約10分の距離にあり、約1300台収容できる駐車場もあります。

主要駅から新潟空港へのアクセス

新潟空港には、新潟交通のバス路線が乗り入れをしています。直行のリムジンバスは、新潟駅から約25分で空港までアクセスすることができ、約20〜30分間隔で運行しています。各停の路線バスでは新潟駅から約33分で空港までアクセスでき、概ね約1時間に1本の間隔で運行しています。また、上越地方より乗合ジャンボタクシーも出ており、約2時間25分で新潟空港にアクセスできます。

新潟空港の駐車場情報

新潟空港には、第一駐車場と第二駐車場という大きな駐車場が2箇所あります。第一駐車場の収容可能台数は、1,072台で、第二駐車場の収容可能台数は、272台です。どちらの駐車場も料金システムは同じで、入場から30分までは無料、30分以降2時間までは30分ごとに100円の駐車料金が発生します。入場してから2時間を超えると1時間ごとに150円が加算されます。24時間ごとの最大料金としては、入場してから72時間以内までは800円となり、入場してから72時間を超えると700円となります。

福岡空港の概要

福岡空港は九州において最も重要な役目を果たしている空港です。福岡の繁華街である天神から地下鉄で10分ほどという抜群の交通アクセスであるのが特徴です。また新幹線で東京から5時間以上かかるということもあり、東京と福岡間の路線は国内全ての航空路線においてトップクラスのシェアを誇るほど福岡空港の存在は大きいです。このため日本航空や全日空をはじめオリエンタルエアブリッジや天草エアラインなど様々な航空会社が乗り入れています。

主要駅から福岡空港へのアクセス

福岡空港は博多駅という大きな駅と近いということもあり、地下鉄を利用して約5分でアクセスできます。博多駅を経由すれば、新幹線、JRなどへ乗り換えることができます。また天神駅へは、地下鉄を利用して約11分でアクセスでき、多くの観光客や、地元の人に利用されています。

福岡空港の駐車場情報

福岡空港から、地下鉄に乗車し、大濠公園駅で下車すると、都市部とは思えないほどの自然に囲まれた大濠公園に着きます。一周二キロメートルと敷地も広く、ランニングやウォーキングする市民でにぎわっています。敷地の広さや、自然の量などとても贅沢な都会の中の憩いの場です。その大濠公園が県外の方で特ににぎわうのは、毎年、8月1日に開催される大濠花火大会。九州中の人々が訪れ、夏を感じます。すばらしい花火が打ち上げられ圧巻です。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「新潟⇔福岡」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「新潟⇔福岡」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「新潟⇔福岡」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。