空港着の飛行機を検索

関西空港発旭川着の路線情報

関西空港へは大阪駅からJR関空快速で約65分で行くことができます。関西空港を出発し旭川空港に到着する直行便は現在運航していません。中部国際空港へいったん行きそこからANAの便で旭川空港へ行くことができます。

関西空港発旭川着空港情報

関西空港の概要
関西国際空港は、1994年9月4日に開港された大阪府泉佐野市の大阪湾内泉州沖5kmの海上に建設された、世界で初めての人工島にできた空港です。住宅地への騒音の影響が少ないため、旅客便と貨物便の両方で24時間運航しています。JR直通の電車もあるので交通の便はとても良く、空港に併設されているターミナルビルは大きく、海外からの旅行客などでにぎわっています。

主要駅から関西空港へのアクセス

関西空港へのアクセスは、南海電鉄難波駅から空港急行で約45分の所要時間となっています。また同駅からラピートαを利用すると約35分で到着します。JRを利用する場合は特急はるかを利用して京都駅から約1時間15分、新大阪駅から約50分の時間で行くことができます。また大阪駅から関空快速を利用して約1時間で行くことができます。

関西空港の駐車場情報

関西国際空港は第1駐車場から第5駐車場、展望ホール駐車場があり、それぞれ立体駐車場と平面駐車場があります。駐車料金は、入庫から30分までは無料、30分以降は15分ごとに普通車では100円から110円かかります。二輪車では40円から50円となっています。6時間15分以降24時間までは普通車一律2570円、二輪車1030円で、24時間以降は最大料金が定められています。レシート割引があり、空港内の各店舗3000円(税込)以上利用すると2時間のサービス券が発行されます。

旭川空港の概要

旭川空港は1966年に旭川市と上川郡東神楽町にまたがる形で作られた空港です。空港ターミナルは地上3階建ての作りとなっています。1階に航空会社各社のカウンター、到着ロビーが設置されており、2階には出発ロビー、ラウンジ、更にはショッピングモールなどが設置されています。そして、3階はレストラン街と展望デッキとなっており、展望デッキは無料で利用をする事が出来ます。なお、空港の営業時間は8時から21時までとなっています。

主要駅から旭川空港へのアクセス

旭川空港からは、旭川空港と旭川駅方面を結ぶ空港連絡バスが運行しています。一日一便に限り、空港と旭川動物園を結ぶ空港連絡バスの運行もあります。どちらも乗車時間は約35分。また、旭川市内方面、美瑛・富良野方面、旭岳方面行きなど、各種路線バスも運行しています。空港付近にはレンタカー会社も多数あり、レンタカーの利用にも便利です。

旭川空港の駐車場情報

旭川空港は旭川市街地からバスで35分ほどの場所にあるということもあり、旭川市中心の観光スポットはもちろん、景観がきれいな美瑛エリアの観光スポットにも足を運びやすい環境となっています。旭川市街地には行動展示やペンギンの散歩などで全国的にも有名な旭山動物園があります。また、旭川市街地とは反対側になりますが、空港からほど近い美瑛エリアにはラベンダー畑や幻想的なエメラルドグリーンの水面が美しい青い池などがあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「関西⇔旭川」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「関西⇔旭川」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「関西⇔旭川」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

関西⇔旭川 利用者の体験談

関西から北海道に飛行機で行った時の話。

少し前に、大阪関西国際空港から飛行機で北海道の旭川空港まで行きました。飛行機で約2時間位かかりましたが、時間のわりに直ぐに着いたような感じがしました。旭川空港は大阪関西国際空港ほど飲食店やお土産屋さんは多くはないですが、それなりに地元のお店が出ていた飽きないで楽しかったです。最上階には展望台なんかもあり、綺麗な眺めを見ることが出来て良かったです。それに、ビジネスラウンジ「空」っていう待合室が、一人500円で2時間利用でき、ドリンクも1杯無料で付いて来るので時間待ちにも困りませんでした。

久しぶりに実家へ帰省

久しぶりに実家のある北海道に帰省しました。大阪関西空港から飛行機に乗り旭川空港へ、初めて格安チケットを利用しました。格安なので機内での客室乗務員の対応やサービスに不安がありましたが、いざ乗ってみるとまったく不安は感じませんでした。いつもと同じサービスや接客内容で、安心のできるひと時でした。旭川空港へ降りると、とても活気がありたくさんの旅行客やビジネスマンが見受けられ、おばあさんに優しそうに接している案内係りの方がとても印象的でした。

北海道旅行で使った空港

北海道に旅行目的で行くために大阪関西と旭川の2つの空港を利用する機会がありました。まず大阪関西は何度も使い慣れた地元の空港でしたが前に使った時にはなかった飲食店がありそこで食事をとることができました。そして北海道で使った旭川空港は地方空港であったので設備は期待していませんでしたが想像以上に素晴らしい設備が整っており北海道各地方のおみやげを取り扱う専門のおみやげ屋さんがありそこで買い物を楽しむこともできました。

北海道旅行には飛行機が一番楽です

大阪関西空港から旭川空港まで飛行機を利用しましたが、1時間半程度のフライト時間であっという間に到着しました。大阪関西空港ではお土産屋やレストランが豊富に揃っているため、時間つぶしにも非常に役立つ空港です。旭川空港はそれほど大きくはありませんが、旭川駅までの直通バスが定期的に運行しており、アクセスが良いため問題ありません。旭山動物園などに旅行に行く際には飛行機で時間を有効に利用するとゆっくり回れるのでオススメです。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.