空港着の飛行機を検索

関西空港発羽田着の路線情報

関西空港は、大阪の中心部から鉄道やリムジンバスで約1時間程度です。羽田空港へは、朝6時台から夜9時台まで、ANA(一部スターフライヤーが運行)が10便、JALが3便運行されています。羽田空港までの飛行時間は、約1時間15分です。

関西空港発羽田着空港情報

関西空港の概要
関西国際空港は、大阪湾内の人工島に作られた海上空港で、大阪国際空港(伊丹空港)、神戸空港とともに、関西三大港のひとつです。2016年9月現在、日本航空、全日本空輸をはじめ、6つの航空会社が国内線定期便を関西国際空港に就航しています。日本の拠点空港で初めて24時間運用が行われ、ターミナルビルも24時間利用できる他、空港内の店舗の一部も24時間営業を行っています。敷地面積、滑走路の規模は西日本最大の空港であり、建造物としての空港やその機能について、国内外から高い評価を受けている空港です。

主要駅から関西空港へのアクセス

大阪の市街地から関西国際空港までは約50kmです。新幹線を利用する場合、JR新大阪駅から、特急はるか号で約50分。JR大阪駅(梅田)からは、関空快速で約65分。大阪駅前にある周辺ホテルから、リムジンバスで約50分。南海電鉄なんば駅からは、特急ラピートで約34分(空港急行で約43分)。また、ユニバーサルスタジオジャパンからリムジンバスに乗ると、約70分でアクセスすることができます。

関西空港の駐車場情報

関西空港にはP1とP2、P3、P4、P5の5つの大きな駐車場があります。駐車台数は、P1が2157台、P2が2053台、P3が893台、P4が416台です。P1のみ事前予約スペースがあり、予約料金が510円かかります。料金は、全ての駐車場同じとなっていて、入庫してから30分以内の出庫は無料です。30分以降は、15分ごとに100円から110円の料金がかかります。ただし、6時間15分から24時間までは一律2570円となります。二日目以降は1日最大1540円が加算され、七日目以降は1日最大1030円が加算されます。

羽田空港の概要

首都圏の空の玄関口の一つである羽田空港。正式名称は「東京国際空港」です。2010年には国際線ターミナルが開業され、世界各地とも路線が結ばれるようになりました。首都圏からは、電車やバスの路線も充実していて、アクセス抜群の空港ですから、旅行客も多く、その数は世界で4番目に入るくらいです。また、皇族や内閣総理大臣などが政府専用機で移動される場合や、国賓や公賓をお迎えする際にも羽田空港が利用されています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は東京都大田区に位置し、鉄道路線では京急線と東京モノレールの2路線があり、どちらの路線も首都圏各方面へアクセスしています。京急線では品川まで最速約14分(エアポート快特利用の場合)、東京モノレールでは浜松町まで最速約20分(空港快速利用の場合)で、どちらもJR山手線への乗り換えが便利で、東京・秋葉原・渋谷・新宿などの各都市へ行く事が出来ます。また、京急線は川崎・横浜や地下鉄線への直通列車で、東京スカイツリーや千葉・成田空港へもアクセスしています。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港からアクセスのよい観光スポットが築地です。東京の中心部なので、他の観光スポットと合わせて巡りやすいですし、空港からの乗り換えがほぼ1本で行けると言う事もあり、気軽に立ち寄ることが可能です。築地は都内を代表する市場という事もあり美味しい魚を食すことが出来るのはもちろんですが、時間帯によってはセリやマグロの解体の風景を見る事が出来るので、グルメ目的の方、体験目的の方いずれの方も楽しむことが出来ます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「関西⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「関西⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「関西⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

関西⇔羽田 利用者の体験談

大阪から東京への航空便

日本の主要都市である東京と大阪を結ぶ交通手段として、大阪関西国際空港から羽田便の飛行機を利用するのが最も早い手段の一つです。関空へのアクセスも大阪中心部から電車で一本ですし、その後の飛行時間は1時間程度と、離陸してあっという間に到着する感じです。ビジネスでの利用はもちろんのこと、東京への旅行などにも時間短縮の手段としてとても重宝します。羽田は東京都心部へすぐにアクセスできる立地なのもポイントが高いですね。

夜遅い便で帰る事が出来ました

先日私は大阪で仕事の用事があり夜遅い便しか手配する事が出来なかったのですが、大阪関西からの便は21時以降でも出発する便がありましたので、時間に余裕をもって空港に向かう事ができました。羽田には23時前に着きましたが、都心ターミナル駅への鉄道は営業していましたので、帰宅の足に困る事は一切ありませんでした。手荷物受取も到着後すぐに受け取り可能となっておりましたので、旅客対応がしっかりしている印象を受けました。

大阪府南部に住んでいる場合はかなり便利

私は大阪府の南部に住んでおり、先日は大阪関西から羽田への航路で飛行機を利用しました。大阪関西からの国内便は以前はあまり就航していないイメージがありましたが、最近では複数の会社が乗り入れておりますので国内便を使う旅客がかなりいた印象があります。羽田は久しぶりに利用したのですが、一流レストランをはじめとした食事スペースの多さや旅客待機スペースが充実しているのを見て、とても高級感ある施設に生まれ変わったなと思いました。

東京旅行につかった空港

東京に旅行に行く機会があったので久しぶりに飛行機を使ってみました。大阪関西から行くのははじめてでしたが噂に聞いたとおりの豪華な設備の空港で見学するだけでも一日はかかりそうな広大な空港でした。帰りに使った羽田空港は日本一の空港にふさわしい広さがありショッピングやグルメを楽しみに行くだけでも価値のある空港でした。今回の旅行で利用した空港はどちらもかなりの広大な面積の空港で探索するだけでも楽しい時間がすごせました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.