空港着の飛行機を検索

宮崎空港発伊丹着の路線情報

宮崎空港から伊丹空港まではJALとANAの2社が運航する便があります。JALは13便がほぼ毎日運航している他、ANAも10便と非常に充実しています。早朝から夜遅い時間まで運航されています。

宮崎空港発伊丹着空港情報

宮崎空港の概要
宮崎空港には全日空や日本航空、ソラシドエア、アイベックスエアラインズが運航しています。3階のレストランでは宮崎名物の冷汁を食すことができます。また、マンゴーや日向夏が買える売店もありお土産には困りません。屋上では離発着する飛行機を見物したり、展示されている小型機に入って飛行機内を見学したりできます。宮崎空港は、「宮崎ブーゲンビリア空港」という愛称でも親しまれています。

主要駅から宮崎空港へのアクセス

宮崎空港へはバスや電車などの公共交通機関が乗り入れしています。バスは宮崎駅から約25分、電車では宮崎駅から日豊本線と日南線及び空港線を利用すれば約10分で空港へ行けます。日中では1時間あたりに特急と普通電車がそれぞれ1本ずつ運行されています。宮崎駅から空港まではほとんどの電車が直通運転しているので乗り換えの必要は基本的にありません。

宮崎空港の駐車場情報

宮崎空港の駐車場は879台収容の無料駐車場があります。年中無休利用することができますが、入り口は午前5時から午後11時まで、出口は24時間利用できます。料金は平日か土日祝かに関わらず、入場から30分までは無料、それ以降から2時間までは100円ずつ加算され、さらにそれ以降からは1時間ごとに150円加算されます。宮崎空港では事前精算システムがあり、車に乗る前に精算を済ませておくことができるので車から手を伸ばす必要もなくスムーズに駐車場を出場することができます。

伊丹空港の概要

伊丹空港は、別名「大阪空港」とも呼ばれる事のある、大阪府伊丹市にある空港です。関西国際空港、神戸空港と並んで関西3大空港のうちの一つです。大阪から近くアクセスも非常に良いため航空機の便数も多く、ビジネスマンに多く利用されています。大阪だけでなく、京都府などの観光地へも容易に行けるため外国人観光客の利用も多いようです。

主要駅から伊丹空港へのアクセス

伊丹空港には、リムジンバスが頻繁に乗り入れていて、大阪駅行きや、新大阪駅行き、京都駅行きは1時間に3本から5本出ていて利便性は高いです。また、国内線ターミナルにも隣接していて、到着後すぐにリムジンバスに乗れるのも大きな魅力です。主要時間は、大阪駅へは約35分、新大阪駅へは約25分、京都駅へは約55分です。

伊丹空港の駐車場情報

伊丹空港から半径10キロ以内の距離には宝塚大劇場があります。これは阪急電鉄の歴代社長が大正期に建てた歴史のある建物です。ダンスや演劇などにおいて全国的に有名な宝塚歌劇団を生で楽しむことができます。それ以外にも不定期でアーティストによる音楽コンサートも行われます。他には手塚治虫記念館があります。日本の漫画において大きな功績を残した手塚治虫の軌跡が残されています。さらに高校野球でお馴染みの甲子園球場もあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「宮崎⇔伊丹」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「宮崎⇔伊丹」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「宮崎⇔伊丹」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

宮崎⇔伊丹 利用者の体験談

それぞれ空港内の雰囲気が異なりました

宮崎空港では、時間になると搭乗手続き付近にある中央の時計のカラクリが動き出すため、出発前にそれを見るのが楽しみでした。国際線もありますが、小さな空港のため、迷うことは滅多になく、カラクリを見てから搭乗手続きを行っても十分間に合いました。反対に大阪伊丹空港は、広くて迷いそうになりました。広いだけあって、お土産屋以外にも飲食店などが多数入っており、通路を歩きながら手続きが終わったら買い物に行こうと思うぐらいでした。

関西に飛行機で行ってきた時の出来事。

宮崎から飛行機に乗って大阪伊丹空港まで行き、京都で用事を済ませてから帰りの飛行機の待ち時間を空港内で過ごしました。空港内の3階には、展望レストランがあって辺り一面の景色を見渡しながら、リッチな気分で食事をする事ができます。また、4階まである各階には和食、洋食、中華のレストランやショップなんかが沢山あって、ウインドショッピングをしても、結構時間を退屈する事なく過ごす事もできます。レンタカーを貸してくれる窓口もあって、今度来た時には借りてみたいと思います。

冬に旅行に行った帰りに利用しました

冬休みに家族で宮崎に旅行に行った際、帰りに宮崎空港を利用しました。チェックインをしたらちょうどお昼の時間だったので、空港内のレストラン、コスモスで夫婦は宮崎牛丼で、宮崎牛を楽しみ、子供は飛行機の形をしたパイロットランチを食べ、大喜びでした。フライトは約1時間で大阪伊丹空港に到着し、ついでだったので空港内の理容室で子供と旦那の髪の毛をクイックコースでカットしてもらいました。二人とも30分で終わったので、スッキリした頭で帰宅の途に着きました。

大阪のお城を見物する旅行に出かけた時の話

大阪にあるお城を見物したかったので宮崎空港発、大阪伊丹空港行きの飛行機を使って大阪へ向かいました。宮崎空港には飲食店が6種類以上もあったので、宮崎を出発する前に好物の料理を味わう事が出来ました。大阪伊丹空港には、大阪の名物料理であるたこ焼きを販売している料理店があったので、大阪伊丹空港についてすぐに大阪の味覚を堪能する事が出来ました。面白い会話をしてくれる職員がいる空港だったので、大阪伊丹空港は魅力的でした。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.