空港着の飛行機を検索

熊本空港発那覇着の路線情報

熊本県にある阿蘇くまもと空港はJR熊本駅からバスで40−45分程度の距離にあります。阿蘇くまもと空港から那覇空港までは、ANAが運航する直通便があります。熊本を午前11時すぎに出発する路線があり、所要時間は約1時間40分です。

熊本空港発那覇着空港情報

熊本空港の概要
熊本空港は、2016年10月現在、日本航空と全日空が、東京、大阪、名古屋への便を運航しています。加えて、ジェットスターによる成田便、天草エアラインの天草便もあり、各地への路線が充実しています。空港には、1490台を収容できる駐車場が完備され、市内中心地はもとより阿蘇や県南の八代を結ぶリムジンバスが整備されているため、県内各地から多くの乗客に利用されています。

主要駅から熊本空港へのアクセス

熊本空港へのアクセスはバスがメインです。熊本市内への空港リムジンバスは九州産交バスが運行していて、熊本駅までの所要時間は約1時間です。その他、阿蘇、八代、天草方面からも乗降することが可能です。また、県外の宮崎県と大分県からもアクセス可能で、快速バスや九州横断バスなどがあります。大分県からは約5時間となっています。

熊本空港の駐車場情報

熊本空港は熊本県上益城郡上益町にある空港で阿蘇くまもと空港の愛称で親しまれています。熊本空港へのアクセスはバス又は車となっています。車で空港を利用される際は、ターミナルビル正面にある空港駐車場を利用すると便利です。駐車場は24時間利用でき収容台数も1482台と多いため便利です。身障者専用の駐車場も屋根付きが8台分、屋根なしが10台分、通常よりゆとりのある駐車スペースが9台分完備されているので体の不自由な方も利用しやすくなっています。

那覇空港の概要

那覇空港は、沖縄県那覇市の南西部に位置します。国内線旅客ターミナルビルは南側の建物です。航空会社10社が運航していて、各地方に少なくとも一か所以上、県内のものも含め計30の空港に就航しています。ターミナルビル2階は、最寄り駅である那覇空港駅(沖縄都市モノレール線)の改札階と連絡通路で結ばれています。出入り口付近に路線バスおよびリムジンバスの乗り場もあります。また国道332が目の前を通り、国道58号線も合流しています。ターミナルビルには、銀行や簡易郵便局、待合室など多くのサービス施設があり、売店や飲食店も多いです。開館時間は6時から24時までです。

主要駅から那覇空港へのアクセス

那覇空港から市街地へは、ゆいレールというモノレールが運行しています。ゆいレールの終点は首里城駅。所要時間、約27分でアクセスする事が出来ます。なお、最終列車は23時30分となっており、遅くまで運行しています。また、モノレール以外にも路線バス、高速バスも那覇空港から出ており、宜野湾方面や具志川方面へも行くことができます。

那覇空港の駐車場情報

那覇空港からモノレールで30分以内で行ける場所の一つに首里城があります。古来よりある建物ですが、本州にある城と比べて造りが大きく異なります。本土よりも中国に近いので中国の影響を色濃く残しています。国内にいながら外国の雰囲気を楽しめるのが魅力的です。また近隣には国際通りがあります。那覇市最大の繁華街を形成していて、様々な飲食店があるので、琉球そばなどを味わえます。本州のものと異なっていて、ラーメンの麺に似ているところがあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「熊本⇔那覇」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「熊本⇔那覇」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「熊本⇔那覇」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

熊本⇔那覇 利用者の体験談

初の沖縄旅行はとっても快適

先日、初めての沖縄旅行に行きました。ツアーではなく、チケットやホテルなどすべて自分で手配をし旅行計画を立てました。実家のある熊本空港から飛行機に乗り、沖縄那覇空港まで。空の便はとても快適で、客室乗務員のかたもとても気持ちよく接していただき、無事に沖縄に着き観光をしホテルで休み、とても楽しい経験が出来ました。飛行機に乗るのは初めてで、少し不安な面もありましたが空港での説明や対応がとても親切でしたので、安心して旅をすることが出来ました。

海の境界線が、気持ちを変えました。

熊本空港のターミナルからは海の向こうにある沖縄那覇は見えないけれど、そこに沖縄那覇はあると確信できていました。空の旅約1時間半は、電車での旅とは広すぎてうまく比べられないけれど、ちょっとしたプチ旅行であると考えてしまいます。陸地を離れることは何度もしていたはずなのに、その思いは消えていかないのです。だから私はお土産を運び入れるように買って行き来をしたるのかもしれません。空の旅が他とはどう違うのかわからないですが、沖縄那覇の空港に飛行機が到着したとき、いつもいつも新鮮な気持ちに変わっていたのです。

九州沖縄の空の旅に行きました

東京から九州は熊本と沖縄の旅に出かけました。福岡や大分、熊本と温泉やグルメを堪能し熊本空港から沖縄に飛行機で行くルートでした。熊本空港では阿蘇山がきれいにみえて、その雄大な自然の美しさに見惚れてしまいました。お酒や馬ざし、からしレンコンなど重い荷物も自宅に送り、すっきりと身軽になって沖縄那覇空港へ。熊本から沖縄まで1時間30分で到着しましたが、ヤシの木のある南国の開放的な空港でまた別世界に来たようで気分がかわっておもしろかったです。

沖縄料理を食べるために沖縄へ行った話

本場の沖縄料理を食べて沖縄料理の作り方を研究したいと思ったので熊本空港発、沖縄那覇空港行きの旅客機を利用して沖縄へ行きました。熊本空港の中には果物を販売している売店があったので、フルーツが好物な私にとって魅力的でした。熊本空港は雰囲気が良い空港でした。沖縄那覇空港の従業員さんはフレンドリーな態度で接してくれたので、人見知りな性格の私でも楽しくお喋りを楽しむ事が出来て嬉しかったです。なのでこれからも沖縄那覇空港を使いたいと思います。