空港着の飛行機を検索

鹿児島空港発屋久島着の路線情報

鹿児島市から少し離れた場所の霧島市にある「鹿児島空港」から、屋久島の東側に所在する「屋久島空港」へは、(JAL)日本航空のグループ会社である(JAC)日本エアーコミューターが運行している唯一の航空会社となっています。「鹿児島空港」から「屋久島空港」行きの便は、午前8時30分頃から午後の17時頃までの間で1日約4便、運行しています。「鹿児島空港」から「屋久島空港」へは、およそ35分のフライト時間で到着します。

鹿児島空港発屋久島着空港情報

鹿児島空港の概要
鹿児島空港は鹿児島県霧島市にある空港です。身体障碍者の人や小さな子供でも使用しやすいよう、多目的トイレなどバリアフリーに力が入れられています。主要都市からは離れた場所ですが高速道路からのアクセスが良好。九州及び国内でも有数の規模を持っています。東京都など首都圏への航空のほか、沖縄、屋久島、種子島など九州南部〜沖縄への路線が複数存在しています。周辺には桜島や霧島など観光スポットも多数あります。

主要駅から鹿児島空港へのアクセス

鹿児島空港から近隣の主要駅となっている鹿児島中央駅までは距離にして35キロ程離れているため、タクシーでの移動の場合、10000円程度かかってしまいます。そのため、空港から鹿児島中央駅までを結んでいるバスを使うのが便利でお得です。いくつかの会社から便が出ており、合わせると1時間に4,5本程度の便があります。また、直行便を利用すれば、よりスピーディーに移動できるので、少しでも早く移動をしたいという方はそちらもあわせてチェックするのが良いでしょう。

鹿児島空港の駐車場情報

鹿児島空港の駐車場は、24時間の営業です。入場から2時間まで、普通車も二輪車も無料です。普通車は2時間から10時間まで100円ずつ加算、二輪車は60円ずつ加算、10時間から24時間まで800円、二輪車は480円、24時間を超えると3時間毎100円ずつ加算、二輪車は毎60円加算されます。軽自動車は普通車料金です。駐車日数は、原則20日までとなっています。身体障害を証明する手帳表示で、駐車料金は半額になります。支払方法は現金と電子マネーEdyが利用できます。

屋久島空港の概要

屋久島空港は、鹿児島県熊毛郡屋久島町にある空港です。航空会社は日本エアコミューターが乗り入れており、滑走路の本数は1本です。平坦な地形をしており、着陸後はタラップから直接駐機場に降り、到着ロビーへ移動する流れになります。空港施設内には土産物屋があります。空港施設には無料駐車場が併設されており、車で訪れることが可能です。また飛行機の便に合わせてタクシーが待機しているほか、路線バスの乗り入れがあります。近隣にはレンタカー会社が軒を連ねています。

主要駅から屋久島空港へのアクセス

屋久島空港からの主な移動手段は、バス・レンタカー・タクシーなどです。バスは「屋久島交通」と「まつばんだ交通」の2社があり、島の西部を除く海岸線を通っていて、安価で便利です。2016年7月現在、港のある安房まで約420円、観光地である屋久杉自然館まで約570円です。時間を気にせず移動したい場合は、レンタカーを予約すれば1日約4,000円で空港から利用可能です。また、空港にはタクシーが常駐しています。複数人の場合や、運転に不安がある方はタクシーが便利です。安房まで2,700円程度です。

屋久島空港の駐車場情報

鹿児島空港から飛行機で約30分の場所に屋久島があります。屋久島は多様な自然環境が作り出す緑豊かな環境を有しており、ユネスコの世界自然遺産に登録されています。樹齢が1000年を超える杉は屋久杉と呼ばれ、中でも樹齢3000年以上とも言われる縄文杉は屋久島を代表する観光スポットとして有名です。また映画「もののけ姫」の舞台としても有名な白谷雲水峡や、ウミガメの産卵を観ることのできる永田いなか浜、迫力満点の大川の滝などがあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「鹿児島⇔屋久島」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「鹿児島⇔屋久島」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「鹿児島⇔屋久島」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

鹿児島⇔屋久島 利用者の体験談

屋久杉を見にいざ出発

屋久島へ行くことにしました。屋久島へは鹿児島空港から屋久島空港へ行くのですが、屋久島空港へ着いたとき今までの空港とは少し違った感覚にとらわれました。自然の中に飛行機が降り立った感じで、案内所と飲食店、喫煙所が少しありそのほかの余分なものは一切ありませんでした。空港はいつも人がいっぱいでざわついている印象があったのですが、ここは少しちがっていて、とても癒しを感じることができ、大自然の中にある空港だからこそ、こういった感覚を味わうことが出来るのだなぁと実感しました。

世界遺産を間近に見る事が出来ました

私の趣味は日本にある世界遺産巡りをする事であり、先日は屋久島に行ってきました。鹿児島空港は東京からの経由地として使いましたが、離島の空港へ行く人や大阪・東京方面に向かう人で大変賑わっていました。特にお土産品を買い求めている人が多かったのが心に残っています。屋久島空港は世界遺産を見に行ってきた人と見に行こうとする人が多くいて、登山をするための重い荷物を持っている人がたくさんいました。2泊3日で屋久島観光をしましたが、とても美しい風景ばかりでしたのでまた行きたいです。

セスナ機を利用して旅行

鹿児島市からセスナ機を利用して屋久島に旅行しました。セスナ機は初めて乗ったのですが、とても快適でした。鹿児島の枕崎空港は、緑も豊かな場所にあり、空港内はショップやレストランなどもあり、楽しく過ごすことができます。屋久島の空港にも、特産品などを置いてあり、珍しい物を見ることもできます。山もあり海もあり自然を満喫することもできましたし、景色を見るのが好きなのでとても良い場所でしたので、また旅行に行くときは空港を利用したいです。

美しい自然を近くで見るために空港を利用

屋久島の美しい自然を近くで見たいと思った私は鹿児島空港発、屋久島空港行きの飛行機に乗って屋久島へ行ってきました。鹿児島空港には10店舗を超える飲食店があったので、鹿児島空港を離れる前に昼食をとる事が出来ました。屋久島空港は細かい箇所まで掃除が行き渡った清潔感溢れる空港だったので、キレイ好きな性格の私でも空港内の清潔さに満足する事が出来ました。屋久島空港は自然が多い場所に建てられているので、空気が新鮮で美味しかったです。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.