空港着の飛行機を検索

鹿児島空港発沖永良部着の路線情報

鹿児島空港から沖永良部空港までは、JACの1社が運行しています。8時10ごろの始発から15時15分ごろの最終便まで毎日約3便の直行便が出ており、沖永良部空港までの所要時間は約1時間5分です。

鹿児島空港発沖永良部着空港情報

鹿児島空港の概要
鹿児島空港は、鹿児島市内からはやや離れた立地にあります。しかし、高速道路のアクセスは抜群であり、九州内では福岡に次ぐ利用者数を誇っています。また、国内主要空港はもちろん、離島への便が充実しており、種子島や奄美大島・与論島などレジャーでの観光客も多く利用しています。また、空港内には足湯があるなど、とても工夫されている空港です。

主要駅から鹿児島空港へのアクセス

鹿児島空港駅に鹿児島市内から向かう場合、鉄道ではなくバスを利用します。起点となるのがJR鹿児島中央駅で、途中の加治木駅や国分駅で降りて、バスに乗り換えます。なお、加治木駅のバス停は0番乗り場、国分駅は4番乗り場が空港バスとなっています。また、鹿児島中央駅からもバスを利用することが出来、所要時間は約38分です。

鹿児島空港の駐車場情報

鹿児島空港は鹿児島県霧島市にある空港です。空港へのアクセスは電車、バス、車となっています。車を駐車しておく場合はターミナルビル前にある鹿児島空港駐車場が近くて便利です。鹿児島空港駐車場は24時間営業で一般車の他に二輪車専用駐車場もあるので二輪車での利用も可能です。鹿児島空港駐車場は原則長期間の駐車は認められていません(20日以上の駐車は禁止)。20日以上駐車する場合は事前に空港管理事務所に問い合わせなければなりません。

沖永良部空港の概要

沖永良部空港は沖永良部島最北端の国頭岬にあります。1969年に開港し2005年には滑走路等の舗装強度変更が行われ、滑走路の長さも1,350メートルへ延長されました。平成28年1月には特産であるエラブユリにちなんで「えらぶゆりの島空港」という愛称がつけられています。路線は日本エアコミューター(JAC)により鹿児島空港、奄美空港、与論空港への便が運航されています。2015年3月までは第一航空が那覇空港や徳之島空港への不定期便を運航していましたが、現在は運航路線から削除されています。

主要駅から沖永良部空港へのアクセス

沖永良部空港からは周遊バスが運行しています。沖永良部には駅は存在しませんが中心街まではバス・タクシーで行くことが多いです。また、周辺にはホテルがあり、直接マイクロバスを出しているところがあります。周遊バスは和泊港へも運行していますので、飛行機と船を併用しての旅行も可能です。

沖永良部空港の駐車場情報

沖永良部は、鹿児島市の南に浮かぶ隆起サンゴ礁の島です。年間平均気温22度の大変過ごしやすい気候も魅力です。観光するなら、東洋随一の景観といわれるの鍾乳洞「昇竜洞」、アダンの群生地で文化財の指定も受けている「沖泊海浜公園」など自然の魅力が満載です。また周辺の海でとれた新鮮な魚介類、季節限定の島の味など食でも楽しめ、お土産も奄美群島専売の黒糖焼酎をはじめ、黒糖、マンゴーなどお気に入りが見つかること間違いなしです。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「鹿児島⇔沖永良部」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「鹿児島⇔沖永良部」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「鹿児島⇔沖永良部」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

鹿児島⇔沖永良部 利用者の体験談

小型飛行機の良い点について

私は、JACを利用して鹿児島空港から沖永良部空港に行きました。飛行機は小型飛行機だったので、乗りこむとすぐに着席できたところが非常に良かったです。また、小型飛行機なので揺れるのではないかと思ったのですが、まったくそういうことはなく、非常に安定していました。時間は1時間15分程度で着いたので疲れませんでした。さらに、沖永良部空港に着くと、空港が非常に小さいため、すぐ外に出ることができて、非常に移動が楽でした。

帰省の際に使わせていただきました

私は鹿児島市内に住んでいて故郷は沖永良部島であり、数年に一度帰省しております。先日帰省する機会があり、鹿児島空港から沖永良部空港の便を利用しました。鹿児島空港には自家用車で行き、空港前にあるコインパーキングで3日間にわたって置きましたが少しの負担で済みました。沖永良部空港は飛行機から降りるとすぐに手荷物受取が可能ですので、迎えの車には到着後10分で乗る事が出来ました。沖永良部島では久しぶりの帰省だったのでたくさんの友人達と会って近況報告をお互いにしました。

九州から沖縄諸島を旅する

鹿児島空港を利用して沖縄諸島のひとつである沖永良部空港までは、1時間ちょっとで行くことができます。鹿児島空港はレストランや特産品売り場・ラウンジなどが充実しているほか、1階入り口付近の足湯で待ち時間を過ごすことも可能です。誰でも利用しやすいようバリアフリー化されており、授乳室も完備しています。沖永良部空港は、小さいながら南国を感じるお土産コーナーで特産品を購入したり、軽食喫茶で食事をとって元気よく出発、海に山にアクティブに動き回れ、とても楽しかったです。

南国へのいざないフライト

日本でも有数な鍾乳洞を探検するために鹿児島から沖永良部の飛行機を利用しました。最初は小さい飛行機に不安もありましが、果てしなく続く碧い海を眺めていると、あっという間に赤い土の海際に滑走路が見えてきて沖永良部空港に到着しました。空港はいかにも南国らしいかわいい建物でした。航空会社のスタッフも笑顔に満ち溢れていました。おかげで沖永良部が大変気に入り、その後何回も鹿児島から沖永良部の飛行機を使っています。