空港着の飛行機を検索

鹿児島空港発種子島着の路線情報

鹿児島空港から種子島へ向かう飛行機は1日あたり3便で、すべて日本エアコミューターで運航されています。所要時間はおよそ40分です。始発便は8時50分発でその次の便が10時35分発そして最終便は16時発となります。(2016.8月現在)

鹿児島空港発種子島着空港情報

鹿児島空港の概要
鹿児島空港は昭和47年に鹿児島市旧鴨池空港より移転した国管理空港です。平成28年9月現在、国内18路線、国外4路線を有しており、開館時間は午前6時30分から午後9時30分頃までとなっています。空港面積は187.7ヘクタール、滑走路3000メートル、鹿児島県は離島を抱えていることや地理的理由から隣県の利用者も多い為、利用客数は福岡空港に次いで九州第2位の空港です。

主要駅から鹿児島空港へのアクセス

鹿児島空港から新幹線も停車する鹿児島中央駅間は、空港への鉄道の直接の乗り入れがないので、途中駅である加治木駅でバスに乗り換えを行う必要があります。鹿児島中央駅から加治木駅までは特急列車を利用すれば約23分、通常列車の場合は約43分の所要時間となっています。なお、鹿児島中央駅からバスで空港まで直通の便もあるので、状況に応じて使い分けが行えます。

鹿児島空港の駐車場情報

鹿児島空港内にある駐車場では24時間、駐車可能で、金額は入庫から2時間までは無料になっています。普通車は2時間から10時間は1時間毎に100円ずつの加算、10時間から24時間は800円、24時間からは3時間毎100円ずつの加算になります。二輪車は、10時間から24時間は480円、24時間以上は3時間毎60円ずつの加算です。支払いは現金の他電子マネーEdyの利用が可能です。障がい者手帳等による割引制度があるので、利用する場合は管理事務所での手続きします。

種子島空港の概要

種子島空港は2006年3月16日開港、通称「コスモポート種子島」と呼ばれる空港で、種子島のほぼ中央に位置しています。航路はJALの子会社であるJACにより大阪国際空港、鹿児島空港間で開かれており、年間70000人以上が利用しています。現在使用されている滑走路はジェット機が利用できる2000メートルの物ですが、旧空港は1500メートル規模のものでプロペラ機のみが利用できるものでした。しかし、平成4年ごろから行われた滑走路の拡張などを経て、現在の新種子島空港として開港しています。

主要駅から種子島空港へのアクセス

種子島空港のある種子島には、鉄道がありません。最寄りの市街地へのアクセスは、西之表市街地から車で約30分、中種子市街地から車で約15分、南種子市街地から車で約40分となっています。車以外でのアクセスは、大和バス、空港リムジンバスがあり、各路線一日に3〜6本ほど運行しています。

種子島空港の駐車場情報

種子島空港近くの観光スポットとしては、種子島宇宙センターが有ります。同センターは昭和44年に設置され、ロケットや衛星の模型だけでなく実物も展示されています。またこの施設ではH−2ロケットの打ち上げが体感可能なシアターもあり、ロケット好きには1日中楽しめる施設です。また鉄砲館と呼ばれる日本に於ける鉄砲の歴史を知る事が可能な資料館が有ります。ポルトガルから伝来した鉄砲や日本で最初に製造された鉄砲などが展示されています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「鹿児島⇔種子島」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「鹿児島⇔種子島」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「鹿児島⇔種子島」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

鹿児島⇔種子島 利用者の体験談

空港で印象に残ったこと

知り合いに会いに行くために、鹿児島空港と種子島空港を利用しました。鹿児島空港で一番印象に残ったのが、天然温泉の足湯です。飛行機に乗るというのは、とても緊張する事ですが、足湯のおかげでリラックスして飛行機に乗ることが出来たので良かったです。種子島空港に着き、レンタカーを予約していたのですが、空港から店舗まで送ってもらい助かりました。丁寧でスムーズな対応と、笑顔で接して頂いたので気持ちが良かったです。

里帰りで使わせてもらいました

種子島に実家のある私は、鹿児島空港から種子島空港の空路で里帰りをしました。鹿児島空港は大型ジェット機・小型ジェット機が多数駐機しており、航空機マニアの私にとっては天国のような場所でした。種子島空港はジェット機に対応している空港ですので、わずか35分の空の旅で島に移動する事が出来ました。島では久しぶりに会った友人・家族とゆっくりと過ごす事が出来ましたので、今後も飛行機を使って里帰りをしたいと考えております。

非常に早くて便利な路線

私は仕事の都合で鹿児島空港から種子島空港まで行きました。普段は船便で行くのですが、この時は東京からの空港便の帰りにそのまま種子島に行かなければならなくなったためこの航空便の利用に至りました。通常であればこの路線は船便で行く人が多いですが、飛行機も数本あったので助かりました。船便よりも良い点は、時間が40分程で到着したことに非常に驚きました。時間的に見れば車で隣り町に行くことと、そんなに変わりないため、今後はもっと利用しても良いと思いました。

離島まで短距離ながら飛行機の旅

新婚旅行で行った鹿児島県では種子島に向かうために飛行機を利用しました。まず最初は鹿児島空港から向かったのですがここは県内で一番の空港であり全国各地へ出発便があるので設備は充実しておりショッピングなども楽しめる面白い空港でした。着地の種子島空港は空港というよりは飛行場という規模の小さな空港でありましたが空港係員の愛想も良く設備も掃除が行き届いていてかなり清潔な室内環境でした。種子島も鹿児島もどちらも魅力的な空港でした。