空港着の飛行機を検索

松山空港発中部国際着の路線情報

松山空港は、JR松山駅からリムジンバスで15分ほどの距離です。松山空港から中部国際空港までは、ANAが運行しています。9時ごろの始発から20時ごろの最終便まで毎日4便の直行便が出ており、所要時間は約1時間です。

松山空港発中部国際着空港情報

松山空港の概要
松山空港は愛媛県松山市にあります。伊予灘に面した海岸線に位置しています。四国の空の玄関口ともいわれています。JR松山駅や松山市駅、道後温泉からのリムジンバスもあり、交通の便がよいです。松山空港からは様々な空港と繋がっています。羽田空港、成田国際空港、伊丹空港、関西空港、中部空港、福岡空港、鹿児島空港、沖縄空港への便があります。伊丹空港や羽田空港への便は充実しています。

主要駅から松山空港へのアクセス

松山空港には県内各地から、主にバスでアクセスすることになります。JR松山駅からはリムジンバスが運行しており、約15分で到着します。伊予鉄道の松山市駅からもリムジンバスは運行され、約20分でアクセスできます。今治駅からはいずみ観光バスが空港までを結んでいる他、鉄道で松山駅まで移動しバスに乗る方法もあります。

松山空港の駐車場情報

松山空港は990台収容可能なP1駐車場と392台収容可能なP2駐車場があり、ターミナルビルから近いP1駐車場に身体障害者専用スペースが設けられています。障害者割引制度を利用するには障害者手帳の提示が必要となり、駐車料金は半額となります。またP2には大型車と自動二輪車の駐車はできません。一般の方の駐車料金は入場から1時間毎普通車は150円、大型車は400円、原付を含む二輪車は100円で積算されます。

中部国際空港の概要

中部国際空港は24時間運用されている、2005年に開港した日本国内の中でも比較的新しい空港です。この中部国際空港は大都市への便が豊富に揃っているというだけでなく、沖縄や新千歳などの人気の高い路線、宮崎、松山、女満別など地方空港にも定期便が就航しているなど、定期就航している路線が非常に多い空港です。なお、路線の豊富さだけでなく、愛知県の中心地である名古屋駅まで直通で約30分以内という交通アクセスの良さも魅力の一つです。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

愛知県常滑市にある空港、中部国際空港「セントレア」。中部地方のターミナル駅である名古屋駅と名鉄常滑線で直通になっているため、岐阜や三重などにもスムーズに移動できるのが魅力です。名鉄空港特急「ミュースカイ」を利用すれば、空港から名古屋駅まで約28分で移動できます。駅の乗り場は国内線の到着口を上がってすぐの場所にあり、空港内の移動も簡単なのが嬉しいポイントです。

中部国際空港の駐車場情報

中部国際空港は愛知県常滑市にある空港です。常滑市は「常滑焼き」と呼ばれる陶磁器の生産地として知られています。常滑市には「やきもの散歩道」があります。歩きながら陶磁器会館を始め、陶磁器造りのレンガの煙突、常滑焼の廃材を利用して作られた道などを巡って楽しむことができるようになっています。実際に陶磁器を作ることができる工房も点在していて、気軽に陶磁器造りを楽しむことができます。中部国際空港から私鉄である名鉄で約5分で行くことができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「松山⇔中部国際」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「松山⇔中部国際」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「松山⇔中部国際」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。


Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.