空港着の飛行機を検索

中部国際空港発福岡着の路線情報

中部国際空港から福岡空港へ向かう飛行機は1日あたりで12便運航されています。二つの空港間においての移動時間はおよそ1時間25分となっています。始発便はスターフライヤーと全日空の共同就航で8時発です。最終便は全日空の20時25分発(2016年10月現在)です。

中部国際空港発福岡着空港情報

中部国際空港の概要
中部国際空港は、元々小牧市にあった名古屋空港から路線を引き継いだ、国内線の路線を多くもつ空港です。また、近年ではローコストキャリアと呼ばれる新たな航空会社の参入により、路線が拡大しつつあります。空港自体も海の上の人工島にあり、夜間を含めて24時間運用が可能な空港となっています。アクセスも鉄道やバスなどが利用でき、とても利用しやすいです。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

中部国際空港は、名古屋駅より名古屋鉄道ミュースカイの利用で最短28分でアクセスができます。また、特急、準急の利用でもアクセスができ、時間は約35分となります。また、名古屋駅からバスで行くこともできます。名古屋駅西口よりバスに乗車、約1時間ほどで空港へ到着。名古屋駅以外に、栄や藤が丘からでも、空港へのバスが運行されていて、所要時間は約48分から85分となります。

中部国際空港の駐車場情報

中部空港へのアクセスは電車、バス、高速船、車などがあり車を利用する場合は、ターミナルビルに直結する空港駐車場が利用できます。24時間利用することができ、収容台数は5800台ありますが、混雑時は臨時駐車場を開放してくれます。臨時駐車場からターミナルビルまでは徒歩10分程度です。駐車料金は普通車で1時間300円、30分以内は無料となっています。

福岡空港の概要

福岡空港は、1945年に開港した九州を代表する空港です。滑走路1本のみの運用ですが、年間発着回数が国内で3番目に多く、主要地域拠点空港とされています。市街地から至近距離にあり、地下鉄が国内線ターミナルと直結、福岡都市高速と九州自動車道も近くに所在しています。国内線ターミナルは3つありますが、第1ターミナルのみ分離しています。第2・第3ターミナルへは徒歩で移動可能です。第1ターミナルはLCCと地方空港発着、第2ターミナルは東京等の主要都市路線用、第3ターミナルは到着専用として利用されています。

主要駅から福岡空港へのアクセス

福岡空港からJR博多駅までは市営地下鉄空港線の福岡空港駅から乗車して、地下鉄博多駅下車後すぐで、約5分で到着します。又、市内の主要繁華街にほど近い地下鉄天神駅へは、市営地下鉄空港線の福岡空港駅から乗車して約11分で到着します。市営地下鉄天神駅下車後の徒歩5分圏内では、西鉄福岡駅、市営地下鉄七隈線と、他の主要路線への乗換が可能です。

福岡空港の駐車場情報

福岡空港から最寄りの、有名な観光スポットの一つは太宰府天満宮です。学問の神として知られる菅原道真公を祀る神社で、国内はもとより海外からも合格祈願に訪れる九州屈指の人気スポットです。年間の参拝客は700万人におよび、特に受験シーズンには受験生やその家族で境内や参道がごった返すほどです。都を追われた道真公を追って一夜にして飛んできたとされる「飛梅」が本殿前に立っており、梅のシーズンにはみごとな花を咲かせます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「中部国際⇔福岡」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「中部国際⇔福岡」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「中部国際⇔福岡」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。