空港着の飛行機を検索

中部国際空港発函館着の路線情報

中部国際空港から函館空港までの路線は、ANAとエアドゥが共同運航しています。中部国際空港をお昼前後に出発します。所要時間は1時間30ほどです。

中部国際空港発函館着空港情報

中部国際空港の概要
中部国際空港は2005年に開港した国内では比較的、新しい空港となっています。国内線は2016年夏時点のダイヤでは18都市へ就航し、一日あたり最大で80便が運行されています。北は北海道から南は沖縄県まで日本全国各地への便が整備されているなど、ビジネスから旅行まで幅広い需要に応えている中部地区に欠かせない空港です。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

中部国際空港へは名古屋鉄道を利用し、名古屋駅からならミュースカイの利用で約28分、特急の利用で約33分となります。空港バスは名古屋駅西口からなら約55分、浜松駅からなら約2時間でアクセスが可能です。また、三重県の津市と松阪市からは高速船が運航されており、津市からなら約45分、松阪市からなら約70分ほどでアクセス可能です。

中部国際空港の駐車場情報

中部国際空港は自家用車でアクセスをしたいという方にも便利な空港です。5000台を超える大型の駐車場が完備されています。、リアルタイムに満車空車情報がサイト上にアップされるので、駐車状況を参考にする事が出来ます。通常、P1、P2でまかないますが、万が一、満車になった際は臨時駐車場も複数完備しているので安心です。なお、事前予約も出来ます。

函館空港の概要

函館空港は北海道函館市にある空港です。中心部からは約10キロ離れていて、バスで約20分です。滑走路は3000メートルの滑走路1本です。また、年間乗降客数は約150万人で、北海道内では新千歳に次いで、2位です。函館市内には、函館山から見られる夜景(日本三大夜景の一つ)や、湯の川温泉と言った観光スポットがあります。路線は、ANAが羽田、伊丹、新千歳に、JALが羽田、伊丹に就航しています。

主要駅から函館空港へのアクセス

函館空港は港近くに位置し、コンパクトで使い易く、利用しやすい空港です。主要駅へのアクセスも良く、函館空港とJR函館駅を結ぶシャトルバスは国内線の到着、出発時刻時間に合わせた運行時刻なので利用しやすいです。約20分でJR函館駅へ行くことができます。大森町やベイエリアへの観光もアクセス抜群です。

函館空港の駐車場情報

函館空港付近の有名な観光スポットといえば、金森赤レンガ倉庫です。函館旅行では外せない所で、いつも多くの観光客で賑わっています。明治時代に建設され4つのエリアからなり、ショッピングできるお店やレストランがたくさんあります。中でもオルゴールの専門店は人気があり、お土産にしたりオルゴールの手作り体験もできます。アクセスは函館空港から車で25分、また函館駅までバスが出ていて、そこから徒歩15分で行くことができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「中部国際⇔函館」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「中部国際⇔函館」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「中部国際⇔函館」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。