空港着の飛行機を検索

中部国際空港発新潟着の路線情報

中部国際空港へは名鉄名古屋駅から特急で約30で行くことができます。中部国際空港を出発し新潟空港に到着する便はANAが午前中の1便と午後の1便を現在運航しています。所要時間は中部国際空港を出発してから約1時間を予定しています。

中部国際空港発新潟着空港情報

中部国際空港の概要
中部国際空港は愛知県の西部に位置している常滑市に位置している空港です。県の中心地である名古屋市とは35キロ程離れ、隣接はしていないものの鉄道、高速道路などでしっかりと結ばれており、利便性の高い空港となっています。この中部国際空港の4階部分にはちょうちん横丁、レンガ通りなどが作られており、愛知県ならではのグルメやお土産などを楽しむことが出来ます。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

中部国際空港へは、名古屋鉄道か空港バスを利用するのが主なアクセス方法です。名古屋駅からは中部国際空港行きに乗り、全席指定席の特急車ミュースカイを利用すれば約28分、一部特別席の特急車を利用すると約33分で中部国際空港に到着する事ができます。途中で乗り換えもなく、駅と空港が直結しています。また、名古屋駅西口から空港バスが出ているので、そちらを利用すると約55分で中部国際空港に到着します。

中部国際空港の駐車場情報

中部国際空港の駐車場はターミナルビルに併設されています。24時間営業をしていて、5800台駐車可能です。混雑時のためにターミナルビルから約10分の場所に臨時駐車場が完備されています。普通車の駐車料金は1時間当たり300円です。ただし、最初の30分は無料となっています。最大料金は24時間で1500円です。駐車場はインターネットからの予約にも対応しています。12週前から予約が出来るようになっています。

新潟空港の概要

新潟空港は新潟市東区に所在している空港です。昭和35年に1800メートル級の滑走路整備により供用が開始。現在では2500メートルの滑走路を有し、6つの都市を結ぶ7つの路線が運行されており、午前7時30分から午後9時30分までの14時間運用されている空港です。2013年までは運用時間が13時間でしたが、住民代表との覚書を締結し、運用時間の延長にこぎつけました。新潟空港は日本に19カ所ある国管理空港の一つで、国土交通大臣の管理下に置かれています。

主要駅から新潟空港へのアクセス

新潟空港から新潟駅へは、バス1本で行くことができます。駅へ向かうバスは直行のリムジンバスと各停の路線バス2種類が存在しており、新潟駅までの所要時間は直行のリムジンバスが約20分から30分間隔で所要時間約25分、各停の路線バスが約1時間間隔で所要時間約33分です。なお運賃支払にはICカードも使用することができます。

新潟空港の駐車場情報

新潟空港から近くの有名な観光スポットは、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターです。この施設はイベントホールや展示場やホテルなどが一体になった複合型の施設です。イベントホールでは、歌手のコンサートやライブが行われることが多いです。展示場では、車やおもちゃなど製品の展示会や商品の即売会が行われ、多くの観光客がやってきます。施設内には、芸術家によるモニュメントが複数展示されており、さながら美術館のようです。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「中部国際⇔新潟」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「中部国際⇔新潟」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「中部国際⇔新潟」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。


Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.