空港着の飛行機を検索

中部国際空港発宮崎着の路線情報

中部国際空港へは名鉄空港特急のミュースカイを利用して約30分で行くことができます。中部国際空港から宮崎空港への便はANAの2便とIBEXの1便が現在運航しており1時間15分ほどのフライトが予定されています。

中部国際空港発宮崎着空港情報

中部国際空港の概要
中部国際は、2016年10月現在9社の国内線航空会社が就航しています。人工島の上に作られた、関西国際空港に次ぐ第二の海上国際空港として運用されています。名古屋空港から移転し、2005年2月17日に中部国際空港は開港しました。旅行やビジネスでの利用はもちろん、商業施設が充実しているので飛行機を利用しなくても、楽しめる場所となっています。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

中部国際へのアクセスですが、電車の場合は名古屋駅から最短約28分、金山駅から最短約24分、神宮前駅から約21分です。旅客ターミナルビル1階で下車できる空港バスは名古屋駅から約55分、静岡県の掛川インターから約2時間10分でアクセス可能です。三重県からの高速船では津から約45分、松阪から約72分ほどです。

中部国際空港の駐車場情報

中部国際空港には空港のターミナルに直結した駐車場があります。駐車場は第一駐車場、第二駐車場、更に臨時駐車場の3つからなり、収容台数は最大で5800台という大規模なものっとなっています。また、中部国際空港では独自の割引制度も行っており、隣接する商業施設での買い物が5,000円以上であれば、600円の割引、更に、ハイブリット車や電気自動車などの低公害車を利用の方には車検証の提示で300円の割引を受ける事が出来ます。

宮崎空港の概要

宮崎空港は、市の中心部から約5kmの至近距離にある空港で、別名「宮崎ブーゲンビリア空港」としても知られています。平成8年7月には、ローカル空港としては全国で初めてとなる空港連絡鉄道「宮崎空港線」が開通しました。国内線の定期便は全日空・日本航空・ソラシドエアライン・IBEXエアラインズが就航しており、全国でも利便性の高い空港の一つとされています。平成15年には高齢化社会に伴う対応として、九州の空港としては初めて「身体障害者用駐車帯ルーフ」を設置し、空港ターミナルビルまでのバリアフリー化を図るなど、より便利な空港として進化を続けています。

主要駅から宮崎空港へのアクセス

宮崎空港にはJR日豊本線、日南線が乗り入れています。宮崎の中心地である宮崎駅まで電車で約10分と非常に立地の良い空港です。日向や延岡へも特急列車で約55分から約70分で行けます。また宮崎交通バスや宮崎空港リムジンバスも運行されており、市街地方面だけでなく、小林、西都、日南、都城方面への移動も便利です。

宮崎空港の駐車場情報

宮崎空港付近の有名な観光地の一つに青島があります。青島は宮崎県南東部にある陸続きの島です。海岸線を「鬼の洗濯板」と呼ばれる独特の形状の波状岩で囲まれており、島の中央には1200年もの歴史を持つ青島神社が鎮座しています。この青島神社は縁結びのご利益があると人気のあるスポットです。青島は島全体に亜熱帯性植物が自生しており、「青島亜熱帯性植物群落」として国の天然記念物にも登録されています。また、宮崎空港からはバスで30分ほどで宮崎駅付近の繁華街まで出ることもできます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「中部国際⇔宮崎」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「中部国際⇔宮崎」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「中部国際⇔宮崎」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。