空港着の飛行機を検索

中部国際空港発仙台着の路線情報

中部国際空港を出発し仙台空港に到着する便は、ANAとIBEXの共同で運航されています。一日に6便ほどで、仙台空港までの所要時間は中部国際空港を出発して約1時間15分となっています。

中部国際空港発仙台着空港情報

中部国際空港の概要
中部国際空港は、2005年2月に愛知県常滑市の沖合に開港した海上空港です。海上空港としての利点を生かし、24時間運用可能な空港として様々な国内線が就航しています。具体的には、北海道・新千歳から沖縄・那覇まで7社18路線以上もあり、現在の県営名古屋空港から引き継いだ路線も多く就航しています。

主要駅から中部国際空港へのアクセス

中部国際空港には、電車では名鉄線、また名鉄バス・知多乗合・遠州鉄道・三重交通・名古屋バスの路線バスが乗り入れています。名鉄線ならば、名古屋の中心である名古屋駅から約30分、バスなら名古屋駅から約55分ほどです。バスですと、三重県や静岡県から運行しているバスもあります。豊田方面から向かうには、バスは乗り換えもなく、約1時間18分ほどです。

中部国際空港の駐車場情報

中部国際空港の駐車場は第1駐車場と第2駐車場があり、収容台数は5800台となっています。この他に、混雑時には臨時駐車場も用意され、臨時駐車場から空港までは徒歩10分で行くことができます。営業時間は24時間利用可能です。駐車料金は、入庫から30分以内は無料、それ以降は1時間あたり普通車300円、大型車1000円、二輪車100円となり、24時間以降は最大料金がそれぞれ定められています。駐車場を予約することもでき、混雑する時期も安心です。

仙台空港の概要

仙台空港は、宮城県の名取市と岩沼市に跨がった場所に位置する空港です。仙台空港のターミナルビルは1997年に供用を開始した、バリアフリー面で優れた空港です。また、待合室などの壁面を全面ガラス張りにして、照明の利用を減らすようにしています。環境保全にも配慮した空港であることがいえます。航空機を待つ際にはレストランで食事をとったり、3階にあるエアポートミュージアムで、旅客機について知ることもできます。

主要駅から仙台空港へのアクセス

仙台空港から、在来線と新幹線が乗り入れる仙台駅まで、仙台空港アクセス線で25分です。運行は安定しており、ビジネス等空港到着後の予定が決まっている場合には、とても頼りになります。快速を利用すれば仙台駅まで約17分ですので、そこから新幹線で他県へ、在来線で県内を移動する場合でも、ゆとりを持てます。

仙台空港の駐車場情報

仙台空港から最寄りの、有名な観光スポットの一つとして挙げられるのは仙台城跡です。仙台城跡には、伊達政宗の像があることで知られています。伊達政宗の像からは市街地を一望できるのも魅力です。今では天守閣はありませんが、立派な石垣を見ることが出来るので、観光客には人気となっています。他にも、仙台空港から近い観光スポットに、牛タン通りがあります。仙台名物の牛タンを提供するお店がずらりと並んだスポットで、ジューシーな味が愛されています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「中部国際⇔仙台」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「中部国際⇔仙台」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「中部国際⇔仙台」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。


Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.