空港着の飛行機を検索

長崎空港発羽田着の路線情報

長崎県の防災警察隊、警察航空隊も使用していることで有名な長崎空港から羽田空港までの便は、ANA(全日空)・JAL(日本航空)・Solaseed air(ソラシドエア)・skymark(スカイマーク)の4つの航空会社の便が運航しています。基本的には、7時頃から19時頃まで1時間程度の間隔で毎日運航しているのですが、特に帰省時期は、早めに予約をして座席を確保しておくといいでしょう。

長崎空港発羽田着空港情報

長崎空港の概要
長崎空港は長崎県大村市にある空港です。大村湾の沖合にある箕島を埋め立てた海上空港として開業しました。長崎空港の敷地面積は173.6ヘクタールです。2016年7月現在、3000mの滑走路が1本あります。国内線を中心に、上海への路線も就航しています。空港の運用時間は7時?22時となっています。ターミナルビルの売店、飲食店は6時すぎから22時の間で営業をしています。また、待合室は6時45分?20時までの営業となっています。

主要駅から長崎空港へのアクセス

長崎空港は、長崎市の大村市にある空港です。空港は海上空港となっており、空港へのアクセスには陸路がメインとなっています。この空港への陸路には鉄道が通っていませんが、主要駅である長崎駅からは空港行きのバスを利用することができます。長崎空港から長崎駅までは市街の繁華街などを経由しておよそ50分の所要時間です。運行間隔は1時間におよそ2本で最終便は時期にもよって異なりますが、18時から19時の間となっています。

長崎空港の駐車場情報

2016年7月現在、長崎空港にはターミナルビルの前に大型駐車場があります。収容台数は1049台で、24時間営業しています。有人対応は7時?22時となっています。普通車の料金は入場30分間無料です。以降、1時間ごとに課金され、24時間までは最大800円、その後72時間までは24時間ごとに800円課金されます。72時間を過ぎると、割引が適用されます。駐車料金は平日、土日祝日にかかわらず同じです。障害者の方や空港ビル利用の方には料金割引が適用されます。

羽田空港の概要

東京都大田区を拠点としている羽田空港は日本最大の空港です。1931年に羽田飛行場として開港したのが始まりとなり、今では日本を代表する空港となっています。空港の中では数少ない24時間運用が実現されている点が羽田空港の特徴ですが、国内線ターミナルは国内線の運航時間に合わせて開館しているため、開館時間は午前5時から深夜の24時迄となります。羽田空港は国内線が主体となっていて、航空旅客数は国内最大の約6600万人を記録しています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港から電車を使って移動する場合は、空港地下の羽田空港国内線ターミナル駅が利用できます。最寄りの主要駅は品川駅で、2016年7月現在、快特を利用した場合は約15分で移動できます。また、国内線旅客ターミナルには羽田空港第1ビル駅、羽田空港第2ビル駅という二つのモノレールの駅があります。こちらを利用して行くことができる最寄りの主要駅は浜松町で、空港快特を利用すると羽田空港第2ビル駅から約20分で行くことができます。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港周辺の人気観光スポットに「天王洲アイル」があります。ウォーターフロント計画で運河沿いに数多くのレストランやホテルなどがある商業施設群が誕生しました。ボードウォークやふれあい橋など、安全性を考慮した快適な歩行空間も設けられ、美しい景観を楽しみながらのんびりと過ごすことができます。羽田空港までは東京モノレールを利用すると約20分でアクセスができ、利便性にも優れていることから人気を呼んでいるエリアです。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「長崎⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「長崎⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「長崎⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

長崎⇔羽田 利用者の体験談

空港は気持ちの切り替えもしてくれます

長崎旅行はとても印象に残るものでした。古くからの町並みや路面電車、ハウステンボスに長崎原爆資料館など、たくさんの体験と観光で時間がたつのもあっという間でした。そんな楽しいひと時を過ごし、東京へと帰る時間が近づき、長崎空港から羽田へと向かう便に乗りました。夜の空港はとてもきれいで、飛行機が飛び立つとさらに長崎の夜景に目を奪われました。いつまでも旅行の余韻に浸っていたいところですが、羽田について足を下ろすと引き締まった気持ちになり、明日からまた仕事を頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

空港に関することです。

長崎空港は駐車場から空港の入り口まで非常に近いので効率的な設計となっています。国内線はもちろんのこと国際線も出ているので、非常に便利な空港になっているのを感じたのを覚えています。長崎といえばちゃんぽんが有名ですが、勿論空港内で食べることが出来ます。羽田空港に到着してまず思ったのは、羽田は日本の文化を伝えるための展示が非常に多くあるという印象を持ったのを覚えています。国際線が増えたということも影響していると考えています。

とっても快適な空の旅。

長崎空港ではフライトまでかなり待ち時間があったので、食事をしようとすると空港の中なのに、長崎名物ちゃんぽんのレストランがあったので入りました。味もかなりおいしくて、また来たいとおもう空港でした。羽田空港に着いて、歩いているとマッサージ屋さんが複数ありました。本格的なアロマトリートメントから手軽なマッサージまであったので、手軽なマッサージを受けてみると体がとっても楽になりました。ぜひ次も利用したい空港でした。

仕事で国内線を利用しました

先日、仕事の出張で、長崎空港から羽田空港まで、国内線の飛行機を使って移動しました。長崎空港は、レストランがとても充実していて、タクシーの運転手から勧められた名物の佐世保バーガーを待ち時間に食べることができて、とても美味しかったです。お土産も売店でいろいろと買えました。羽田空港は、さすが日本のハブ化が進んでいる空港だけあって、都会的なモダンなイメージで、都心への交通の便もよく、素晴らしい空港だと思います。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.