空港着の飛行機を検索

成田空港発福岡着の路線情報

都心に近い場所にある成田空港から九州の玄関口として天神や博多駅などの中心市街地から至近距離にある福岡空港へは、Jetstar・Peach・ANA・JALの4つの航空会社が運行がしています。成田空港から福岡空港行きの飛行機の便は、6時頃から19時頃までの間です。この区間は出張での利用が多いという特徴があり、他の便と比べ平日の早い時間帯に混雑していることがあります。そのため、直前になってしまうと航空券を予約することが困難になることが考えられるので、予定が決まり次第早めに予約をすることが望ましいです。

成田空港発福岡着空港情報

成田空港の概要
成田空港は千葉県成田市にある1978年に開港した空港です。成田空港の敷地面積は約1090ヘクタールで、広さは国内第2位です。正式名称は成田国際空港ですが、通称は成田空港と呼ばれています。2016年現在、滑走路は4000mのA滑走路と2500mのB滑走路の2本があります。今、3500mのC滑走路の整備計画がありますが、周辺の騒音対策や地域住民との擦り合わせが必要で、まだ完成のめどは立っていません。騒音問題のため、23時以降の飛行機の発着は原則禁止されていますが、第3ターミナル本館2階および第2ターミナル1階北ウエイティングエリアは24時間利用可能です。

主要駅から成田空港へのアクセス

成田空港へは、都内の主要な駅から特急列車等が運行されていて、とても便利です。JR路線であれば東京駅から特急を利用すれば、1時間ほどでアクセスが出来ます。また、京成線の特急列車も運行されており、京成スカイライナーを使えば日暮里駅から成田空港まで約45分ほどの所要時間。東京駅からは、乗り換えを考慮してJR、京成スカイライナーいずれも1時間〜1時間半ほどで成田空港にアクセスできます。

成田空港の駐車場情報

成田空港にはP1,P2,P3,P5の4つの駐車場があります。それぞれ第一、第二、第三ターミナルの近くに位置しているので、使用ターミナルによって近い場所を選ぶことができ便利です。料金は時間によって加算されていき、P1とP2,P3とP5では料金が異なります。P2とP5駐車場は事前予約をすることができますが、事前予約には別途手数料が必要になります。それぞれの駐車場ではスタッフが24時間体制で巡回しているので安心して車を預けておけます。

福岡空港の概要

福岡空港は2800mの滑走路を持ち、国内線と国際線の両方が乗り入れている空港です。市街地にある空港のため、アクセスは非常に便利で、市営地下鉄が国内線第2ターミナルに乗り入れています。さらに、福岡・佐賀・大分・熊本などの各方面への高速バス、博多駅や福岡タワー南口などへの路線バスが運行されています。車の場合は、国内線用の駐車場が普通車用838台分、大型車用3台分用意されています。太宰府方面・北九州方面・天神方面などへ国道3号線で向かうことができます。

主要駅から福岡空港へのアクセス

福岡空港から電車を利用する場合、国内線第2ターミナル地下に乗り入れている福岡市営地下鉄空港線の福岡空港駅が利用できます。2016年7月現在、空港から主要駅へのアクセスとしては、新幹線駅の博多駅へは所要時間約5分、また、市内一番の繁華街天神へは所要時間約11分、料金はいずれも大人片道260円です。バスを利用する場合、国内線第2ターミナル前にバス乗り場が設けられています。市内バス・急行バス・高速バスと種類が分かれており、高速バスでは九州他県各地への便もあります。博多駅バスターミナルへは市内バスまたは急行バスで約15分、260円です。

福岡空港の駐車場情報

福岡空港近辺には大型のショッピング施設が多くあります。博多駅に隣接している博多city・kitte・キャナルシティ・天神の地下街と老若男女ショッピングを楽しむことが出来ます。特に、博多cityや天神地下街は地下鉄を利用すればすぐアクセスでき、便利です。また、他には福岡ヤフオクドーム・福岡タワーといった福岡を代表する建物や、海の中道海浜公園・福岡動物園と、家族で楽しむことの出来る観光スポットもあります。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「成田⇔福岡」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「成田⇔福岡」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「成田⇔福岡」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

成田⇔福岡 利用者の体験談

二つの空港の利点や期待感

東京成田空港は海外への出発口として、電車やリムジンバスで到着した時から、楽しさと緊張感が味わえます。出国審査を終えてヨーロッパへ行くターミナルやアジアに行くターミナルでの搭乗時間待ちの間も海外旅行への期待感に高まります。一方、福岡空港は市内からのアクセスの良さは抜群で地下鉄に乗れば、博多の天神まで15分の時間で到着するという国内の空港の中でも一番の近さです。前述の両空港の良さをいつも実感して利用しています。

荷物を抱えたり送ったりする必要がないです

思い切り海外で楽しんで日本に帰国しました。東京成田空港は日本の正門です。しかし、関東圏以外の人々にとっては荷物を送るかまたは抱えて羽田まで行かなければなりませんが、東京成田発福岡の便は福岡圏の人々にとってはとても便利です。午後5時前に東京成田に到着後、入国手続き・税関の後、再び荷物を預け、休憩を兼ねて軽い食事をして福岡へのフライトを待ち、福岡空港には9時半に到着しました。東京での移動が無くとても便利でした。

東京から九州へ出張があったので。

先日、東京成田発の飛行機を利用して、福岡まで出張へ行ってきました。会社の出張だったのですが、急にその予定が決まったので、慌ただしい出発となってしまいました。東京成田発の飛行機はとても空間があって、乗り心地が最高に良かったです。空港内もゆっくりと時間待ちのできるスペースが十分にありましたし、落ち着いた気分で飛行機に乗ることができました。福岡での手続きもスムーズに進み、こちらの空港は初めて訪れたのですが、分かりやすいシステムだったので、まったく困ることがありませんでした。

成田空港から九州の中心地へ

東京成田空港はとにかく広く、国際線と国内線が行き交う国際的な空港でした。外国人も多く、異国情緒を感じに海外旅行に行きたくなります。そんな思いを持ちつつ、今回は福岡空港へ飛び、福岡弁で暖かく迎えられましたことに喜びを感じました。荷物もスムーズに受け取ることができ、タクシーにもすぐに乗ることができたので良かったです。成田ほど大規模ではありませんが、私は福岡空港の方言あふれる落ち着いた雰囲気が気に入りました。