空港着の飛行機を検索

成田空港発小松着の路線情報

成田空港から小松空港へ向かう飛行機は、1日あたり1便です。アイベックスエアラインズと全日空によって共同で運航されています。この路線での所要時間はおよそ1時間15分です。出発時刻は18時40分頃です。

成田空港発小松着空港情報

成田空港の概要
成田空港は千葉県成田市に位置する国際空港です。国内18路線を要していて、運用時間は6時〜23時までの計17時間となっています。成田空港は、1978年に新東京国際空港という名で開設されましたが、2004年、新東京国際空港公団の民営化に伴い現在の成田空港へと名前を変えました。敷地面積は1090haで、国内屈指の大型空港として多くの方々に利用されています。

主要駅から成田空港へのアクセス

北千住駅から成田空港までの交通アクセスは、北千住駅で東武りょうもう線有料特急浅草行きの電車に約10分乗車し、とうきょうスカイツリー駅まで行き、そこから徒歩で約5分移動したところに押上駅があります。押上駅から京成成田スカイアクセス線のアクセス特急成田空港行きの電車に乗車し、8駅先の成田空港に到着します。

成田空港の駐車場情報

成田空港の駐車場は3つに分かれており、行先のターミナルごとに最寄りになるように配慮されています。P1、P2、P3、P5と別れており、貨物地下駐車場もあります。料金は普通車、二輪車、大型バス、マイクロバスごとに区別されています。P1とP2は事前予約が可能ですが、予約サービス料が別途必要になります。ネットから混雑状況を確認することができます。20日間を超えて駐車する場合には申し出が必要で、90日連絡がない場合には車両を移動処分される可能性もあります。

小松空港の概要

小松空港は、石川県に位置し、1961年に開港してから50年以上の歴史を持っています。全国に7箇所ある自衛隊共用空港の1つです。国内線主体であり、2016年8月現在、羽田、成田、札幌、仙台、福岡、那覇の6路線を運航しており、定期便の運行に合わせて6時40分ごろから21時30分ごろまで、開館しています。北陸有数の観光地である金沢市の金沢駅までは、バスで約40分の距離です。またJR小松駅までは、バスで約10分で到着します。

主要駅から小松空港へのアクセス

小松空港は、石川県小松市にある空港で、空港から主要各駅へのアクセスは車やバスでの移動が便利です。直近の小松駅には、直行バスあるいはタクシーの利用で約12分の近さです。新幹線が乗り入れている金沢駅へは、小松空港リムジンバスが運行されており約40分で結んでいます。また、福井駅には空港発の高速バス利用によって約55分でアクセス可能です。

小松空港の駐車場情報

小松空港から金沢市の中心部までバスやタクシーで40分ほどです。金沢市の中心部には兼六園や21世紀美術館があります。兼六園は日本三名園の一つにも選ばれている江戸時代の庭園です。兼六園のすぐそばには近代的な21世紀美術館が建っており、ユニークな野外展示エリアについては無料で観覧することができます。市内を周回するバスに乗れば、寺町の寺院群や武家屋敷跡、ひがし茶屋街などの加賀藩時代に形成された金沢の伝統に触れることができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「成田⇔小松」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「成田⇔小松」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「成田⇔小松」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

成田⇔小松 利用者の体験談

旅行で使った空港について

東京成田空港を利用したのですが、外国語の案内がかなり多くて非常に感心したのを覚えています。日本を代表する空港だけあって、かなり面積が広かったのですが案内の標識がかなり分かり易かったので助かったのを記憶しています。レストランやお土産屋さんの数も非常に増えたので良かったです。到着したのは小松空港で、到着した際に空港の仲がかなり隅々まで掃除されていて好感を持ったのをはっきりと覚えています。かなり環境の良い素晴らしい空港です。

日本海側へは国内線が便利

昔から、日本海側へのアクセスは不便さという点が問題でした。ようやく特急が開通するようになって以前に比べればアクセスが良くなりましたが、それでも長野県を経由し、新潟に出て富山や金沢といった北陸の中心としに行く必要があり、少々遠回りをする必要があります。しかしながら、東京成田空港発で国内線を利用すれば、北陸の中心的な空港である小松空港を利用することによって時間をかなりセーブすることができます。出張はこのルートを利用します。

首都圏と北陸の移動について

東京成田から小松までの飛行機を利用しました。行き帰りとも全日空を利用しましたが、特に不便もなくたった1時間ほどで到着したためあっという間でした。小松では、空港でも思いのほか本数もあったため、1つ早い時間の便にすんなりと変更していただき待ち時間も短くスムーズな対応に安心感を覚えました。成田では搭乗口がたくさんあるため心配でしたが、全く迷うこともなく案内通りに行けばそのまま搭乗口まで進むことができました。

直接成田まで行けるのが魅力

私が小松から、海外に行く時に利用しているのが東京成田便です。通常小松空港では、駐車場が有料なのですが、東京成田便の利用者に限り、無料で車を駐車することができるのです。また、以前は国内線の空港に到着した後、成田に向かわなければならなかったのですが、今は直接成田に行けるのも魅力で、移動にかかる交通費や時間が節約することができるのも嬉しいのですが、何より重い荷物を持って移動しなくて良いことが、私にとって一番です。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.