空港着の飛行機を検索

奥尻空港発函館着の路線情報

北海道の西に浮かぶ奥尻島にある奥尻空港と函館空港を結ぶ路線はJALとHokkaido Air Systemの2社の管轄であり、それぞれお昼頃に奥尻空港を出て約30分で北海道本土にある函館まで行くことができます。

奥尻空港発函館着空港情報

奥尻空港の概要
奥尻空港は、北海道の奥尻島にある離島空港です。奥尻島の空の玄関口として観光客が多く利用します。現在、国内線として就航しているのは、北海道内の函館空港からの便だけですが、函館空港から乗り継げは、大体の都市へは行くことが出来ます。とてもこじんまりとした空港なので、最近までX線検査装置がなく、係員が一つ一つチェックしていました。

主要駅から奥尻空港へのアクセス

奥尻島には電車の交通機関が無いため、バスでのアクセスになります。奥尻町中心部にバスセンター、島南部の神威脇を通る町有バスが空港前に停車します。共にバスターミナルから乗車し、バスセンターからだと所要時間は約40分、神威脇からは約20分でアクセスできます。また、ターミナルにはタクシー乗り場もあります。奥尻観光で受付をすればレンタカーも利用可能です。

奥尻空港の駐車場情報

奥尻空港には屋外駐車場があり、85台が収容可能になります。営業時間は朝9時から夕方17時までとなり、無料で利用できます。収容台数が少なく、周辺に他の駐車場も無いので利用する場合には事前に空きがあるかどうか奥尻空港駐車場に問い合わせをした方が無難です。駐車場からターミナルビルは横断歩道で直結されていますので、駐車場からは非常に便利です。また、車椅子の方でも利用しやすいバリアフリー設計です。

函館空港の概要

函館空港は、北海道函館市にある空港です。函館市の中心部から約9キロ東方、観光地の湯の川温泉からは約4.5キロのところに位置しています。北海道内では新千歳空港に次ぐ第2位の規模。冬期の大型ジェット発着も可能です。羽田・伊丹・関空(夏季)・中部のほか、新千歳・丘珠・奥尻などの道内発着便も運航しています。空港からJR函館駅や北海道新幹線新函館北斗駅などに行くバスの路線が充実しています。

主要駅から函館空港へのアクセス

函館空港は北海道函館市にある国管理空港です。空港から主要都市までは連絡バス、路線バスが出ており、所要時間は函館駅まで約20分、五稜郭までは約30分となっています。また、タクシーを用いた場合の所要時間は函館駅まで約20分、五稜郭まで約15分となっています。バスとタクシーで五稜郭までの所要時間が大きく異なるのはバスが循環バスであるためです。

函館空港の駐車場情報

函館空港付近の観光地に五稜郭タワーがあります。2006年に新しく生まれ変わった五稜郭タワーは、特別史跡・五稜郭に隣接した展望タワーで、高さは地上107メートル。展望台に上がると、五稜郭のその特徴的な星型の輪郭を臨むことができます。五稜郭タワーには五稜郭公園、函館美術館、箱館奉行所など、近接する観光スポットも多数あります。また、函館山も人気のスポットです。ロープウェイで山頂まで上ることができ、夜景が美しいことで知られています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「奥尻⇔函館」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「奥尻⇔函館」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「奥尻⇔函館」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

奥尻⇔函館 利用者の体験談

空港間の移動について

奥尻とは北海道奥尻郡、奥尻島にある町のことで、海に囲まれているため、海の幸がとても豊富です。私は旅行に行ったとき、飛行機を利用することにしています。奥尻空港は地方管理空港であり、空の玄関口として観光を中心とした地域振興を支える拠点の一つで、出発すると空から見える島と海がとても綺麗です。到着した先は函館空港で、函館は夜景が綺麗なので、夜のフライトの場合は空から美しい夜景が見えます。奥尻から函館までの移動はフェリーが主流だと思いますが、飛行機を用いた空の移動だととても満足できます。

親戚に会うために飛行機をつかいました

函館の親戚に会いに行くために奥尻から函館まで飛行機を使うことにしました。奥尻空港は島内で唯一の空港であり発着便もあまり多くはありませんが利用者の事を第一に考えた案内板などがあったため迷うことなく飛行機に乗れました。帰りの函館空港は地元の奥尻よりもかなり広い空港だったので空港見物を楽しむことができました。函館空港は北海道の一地方の空港ながらも洗練されたデザインでスタイリッシュな空間が広がる空港でした。

離島へ行くなら飛行機が便利

北海道は、全国一位の小さな島々で構成される都道府県であります。離島巡りが趣味なので、休みを見つけては全国津々浦々足を運んでいます。先日、長期休暇を利用して北海道の各地を回ってきましたが、その時に活用したのが空の便でした。フェリーと併用することによってまた違った離島めぐりを楽しむことができます。奥尻島へ足を運んだ際には、行きは函館からフェリーで渡った後に奥尻空港から函館空港へと戻って来ることができ快適でした。

快適に移動できました

親戚に会うために奥尻島から函館市への移動手段を調べたところ、船・航空機の選択肢があったのですぐに到着する航空便を使う事にしました。奥尻空港はチケットロビー・セキュリティチェック・搭乗口が全て隣り合わせでしたので、とても便利に感じました。函館空港は手荷物受取から玄関までの距離が短かったので、重い荷物を持っていた自分にとってはありがたかったです。市内では久しぶりに親戚に会う事が出来ましたので、たくさん会話を楽しめました。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.