空港着の飛行機を検索

岡山空港発羽田着の路線情報

岡山空港は、JR岡山駅や倉敷駅北口からバスで30分〜35分程の距離です。岡山空港から羽田空港までは、JALとANAの2社が運行しています。7時ごろの始発から20時ごろの最終便まで毎日約10便の直行便が出ており、東京都心に近い羽田空港までの所要時間は、約1時間10分です。岡山空港では、悪天候による欠航や条件付き運行(出発地への引き返し、他空港への着陸)が起きる可能性があるので、お客に注意を呼びかけています。

岡山空港発羽田着空港情報

岡山空港の概要
岡山空港は、2016年の7月現在3路線の国内線(札幌・東京・沖縄)を運航している地方管理空港で、運用時間は7時頃から21時30分頃です。岡山空港は、旧岡山空港が開設された県南部から1988年に現在地の北区に移転されました。駐車場もあわせた敷地面積は約187.2ヘクタールです。ビジネスや旅行などの目的で、岡山県内からはもちろん県外からの利用者も多く、中国地方では広島空港に次いで第2の空港として知られています。

主要駅から岡山空港へのアクセス

岡山空港には、中鉄・岡山電気軌道・下津井電鉄の3つのバス路線が乗り入れています。エアポートリムジンバスのノンストップ便ならば、岡山駅(西口21番乗り場)からは30分程度で、倉敷駅(北口2番乗り場)からは35分程度で岡山空港にアクセスすることができます。また、湯郷温泉発便の乗合タクシーを津山駅もしくは中国勝山駅から利用できます。勝田交通が津山駅を、フクモトタクシーが中国勝山駅を経由する乗合タクシーを運行しています。

岡山空港の駐車場情報

岡山空港には有料の第1駐車場と無料の第2・3・4駐車場があります。第1駐車場には252台、第2から第4駐車場には合計2891台収容可能です。第1駐車場は1時間までは無料で、1時間以上の場合は24時間1000円を上限として1時間につき100円が加算されます。岡山空港の管理事務所への事前の届出を行えば、第2から第4駐車場に14日間以上駐車することもできます。第4駐車場とターミナルビルを結ぶシャトルバスが運行されており、無料で利用できます。(2016年の7月現在)

羽田空港の概要

羽田空港は、1931年8月25日に開港し、日本最大級の東京首都圏を代表する空港です。国内線主体であり、利用者数は世界でも有数の規模を誇り、全日空、日本航空、スカイマークなど国内線ハブ空港となっています。24時間運用が可能な空港の一つでもあります。国内線ターミナルは第一、第二に分かれており、定期便の運航時間に合わせ、開館時間は5時から24時となっています。羽田空港ターミナル駅と直結しており、両ターミナル間はモノレールや無料連絡バスでも連絡しています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は東京都大田区に位置しており、首都圏各方面へのアクセスが可能です。国内線ターミナルビルは2つ存在しますが、鉄道網として空港に乗り入れている東京モノレール・京急線は、いずれのターミナルビルにも併設されています。路線によっては都心部のみならず、成田空港を含めた千葉方面や横浜などの神奈川方面に乗り換えなしで移動することも可能。また高速バスも数多く運行されており、東京郊外の主要駅や近接する都県の主要駅への移動も便利です。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港からアクセスできるエリアとして、蒲田があります。蒲田の観光スポットとして、昭和30年代から続く蒲田西口商店街や、黒湯と呼ばれる天然温泉が湧く銭湯が挙げられます。羽田空港の近くには、江戸時代から続く穴守稲荷神社など、7社の稲荷神社があります。これらの稲荷神社と玉川弁財天を合わせて、羽田七福いなりと呼ばれています。羽田七福いなりは京急空港線沿線にあり、羽田空港国内線ターミナル駅から電車を利用して神社を巡ることができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「岡山⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「岡山⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「岡山⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

岡山⇔羽田 利用者の体験談

嬉しいサービスなど利用者に優しい空港

私はこの前地元の岡山空港を利用して、羽田まで旅行に行きました。岡山空港を利用したのは初めてでしたが、リムジンバスも出ていて面倒な乗り換えなどがなかったのが良かったです。また、空港内には無料のシャトルバスも出ていたので、空港の中を歩いて移動するのが面倒な場合でも、バスに乗って移動できるなんて嬉しいサービスだと思いました。そして、到着した羽田空港はとても広かったですが、歩く歩道やエスカレーターが充実していたので、利用者に配慮された優しい空港だなと感じました。

晴れの国から東京への旅

晴れの国といわれる岡山の、真ん中あたりにある岡山空港。2階にあるお土産物屋さんでは名物のきびだんごや桃の缶詰、大手饅頭も置いてあります。子どもと一緒に東京に行こうとしていたのですが、少し早かったため子どもが遊ぶスペースでくつろぎました。飛行機のフライトシミュレーターも設置してあり、本格的なゲームで男の子が夢中になって遊んでいましたが、ふとみると、大人の男の人も興味深げに見てらっしゃいました。羽田までは1時間ほどで、あっという間の空の旅でした。

ATMがあってよかったです

岡山で友人と数日間観光を楽しみ、岡山空港で家族にお土産を買ってから羽田行きの飛行機に乗ろうと思ってましたが、岡山空港に着いてからお財布の残金が少ない事に気付きました。クレジットカードを持ってない私は慌てて岡山空港の1階にある総合案内所で銀行の有無を聞き、空港内にあるATMがある場所を教えてもらいました。そして無事に岡山土産も購入でき、羽田空港でもATMで下ろしたお金で美味しい食事をしてから帰宅する事ができました。

飛行機で移動すれば時間が節約できます

岡山空港から羽田空港着の飛行機なら、1時間もあれば到着します。東京へ旅行に行く場合、時間を有効に使いたい方が多いと思いますので、飛行機での移動をオススメいたします。最近は飛行機代が安くなっていますので、お財布への負担も少なく移動時間も短縮できます。更にどちらの空港も設備が非常に整っており、空港内を散策するだけでもかなり楽しむことが出来ます。羽田空港に着いてからすぐに東京へ移動するのではなく、空港内を2時間程度回ってみるのも面白いので、是非一度試してみてください。