空港着の飛行機を検索

仙台空港発新千歳着の路線情報

仙台空港は、JR仙台駅から仙台空港アクセス線で約25分の距離にあります。仙台空港から新千歳空港までは、ANA、JAL、AIR DOの3社が運航しています。7時半頃の始発便から20時半頃の最終便までに毎日14便の直行便が出ており、フライト時間は約1時間15分です。

仙台空港発新千歳着空港情報

仙台空港の概要
仙台空港は岩沼市と宮城県名取市にまたがって位置しており、東北では唯一、国が管理している空港です。空港は海岸部にほど近く、JR仙台駅からは約14kmの所に位置していて、駅から空港までは仙台空港アクセス線によって結ばれています。空港運用時間は7時30分から21時30分ごろまでで、路線は新千歳空港や小松空港、福岡空港などへ向かう便があります。また国内線の旅客ターミナルの開業は1999年7月で、ターミナルビル内には、レストランやラウンジ、展望デッキなどがあります。

主要駅から仙台空港へのアクセス

鉄道で仙台空港まで行く場合、仙台駅からJR仙台空港線の快速なら約20分で空港まで到着でき、JR東北本線の各駅停車でも空港まで行くことができます。自動車を利用して行く場合、仙台南部道路や三陸自動車道を通り仙台東部道路ICを降りてから約5分で空港に着きます。空港の南方面にある岩沼駅から空港までは県道20号線を通る場合、約20分かかります。

仙台空港の駐車場情報

仙台空港の無料駐車場はないので有料駐車場を探さなくてはなりません。その中で利用者数が多いのは【仙台空港駐車場】です。収容台数が1258台で一時間ごとに150円、一日で800円になります。車の大きさによって値段が違います。お得な駐車場としては、最低価格300円で一日利用できる【システムパーク仙台空港前】駐車場がオススメです。収容台数268台と少なめですが仙台空港にも近いので便利です。

新千歳空港の概要

新千歳空港は、1988年7月20日に開港した北海道内最大級の空港です。年間利用者数は2000万人を超えており、国内で初めて24時間運用を開始した空港として知られています。2010年より増築工事が開始され、新しいアミューズメント施設や温泉施設がオープンしました。国外からも人気の高い観光地である札幌まではバスや電車での移動がスムーズに出来ます。2016年現在では国内線旅客ターミナルの大規模改修工事が行われており、2018年3月に完成予定となっています。

主要駅から新千歳空港へのアクセス

新千歳空港から主要駅である札幌駅までのアクセスはJRがおススメです。JR線新千歳空港駅はターミナルビル地下1階にあり約15分置きに快速エアポートが発車しています。新千歳空港駅から札幌駅までは所要時間約45分です。バスの場合は国内線ターミナルビル駅の1階にバス乗降所があります。所要時間は札幌駅前までで約80分です。車やタクシーであれば所要時間は高速を通って約1時間です。新千歳空港には3か所に分けて3,940台収容可能な24時間営業の駐車場もあります。

新千歳空港の駐車場情報

新千歳から近くにある有名な観光スポットと言えば、支笏湖です。空港から約30キロの距離にあり、レンタカーでは約40分ほどで行くことができます。日本最北端の不凍湖としても知られ、真冬の寒さでも凍ることはありません。また、透明度が非常に高いことも有名で、環境庁の湖沼水質調査では何度も日本一に認定されています。また支笏湖には水中観光船があり、透明な湖内部の柱状節理などを船内から観察できます。冬には透明な水質を活かした氷濤まつりも開催され、冬の観光でも楽しむことができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「仙台⇔新千歳」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「仙台⇔新千歳」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「仙台⇔新千歳」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

仙台⇔新千歳 利用者の体験談

航空機を利用した旅行について

仙台から航空機を利用して札幌千歳へ行きましたが、とても快適に旅行することができたのでおすすめします。仙台駅から空港まではJRを利用しましたが、快速だと17分で着きますから本当に便利でした。また、事前にホームページで時刻を確かめることができたのも良かったです。さらに、ラウンジはとても明るくてきれいですし、レストランは仙台の特産品をたくさん使っていましたからおいしかったです。次に旅行をする時にも、航空機で行きたいです。

一時間程度のフライトで北海道へ

北海道観光は、同じ雪国である東北に住む私にとっても憧れの一つ。先日ついにその憧れを実現することができました。移動手段としては仙台空港からの飛行機を利用したのですが、わずか一時間程度のフライトで札幌千歳空港に着くため、朝一番の便を利用すれば、時間を無駄にすることなく北海道観光をスタートできます。到着地である札幌千歳空港は、かなり大きく空港内の店舗も充実しています。帰りも飛行機を利用したのですが、フライトまでの時間も有意義に過ごすことができました。

美味しいものを巡る東北・北海道の旅

飛行機を利用すると東北の玄関口である仙台空港から札幌千歳空港まで、1時間ちょっとで移動できる近さになります。仙台空港は空弁がたくさんあって選ぶのが大変で、友人達と違うものを選んで交換し合いました。多目的トイレや無線LANなど設備が充実していて、障がい者専用の設備も整えられていました。札幌千歳空港は、種類豊富なレストランや売店が揃っており、数々のご当地名物に目を奪われます。道内でお土産を買い逃しても、これなら買いなおせると思います。

飛行機を使った旅行の感想

飛行機を使って旅行をしましたが、とても快適で良かったです。仙台空港まではJRを使いましたが、ホームページには、県内の各駅から空港までの所要時間が載っていましたので、参考にすることができました。それから、仙台空港の中にはエアポートミュージアムがありましたから、待ち時間に楽しく見学できたので有意義でした。また、札幌千歳空港は、広くて設備が整っていましたし、レストランが充実していたので驚きました。札幌ラーメンの専門店もあり、早速おいしくいただきました。