空港着の飛行機を検索

仙台空港発小松着の路線情報

仙台空港へは、JR仙台駅から仙台空港アクセス線で約25分(快速は約17分)で行くことができます。仙台空港から小松空港までは、IBEXエアラインズの直行便が毎日2便あり、およそ1時間5分のフライトで到着します。

仙台空港発小松着空港情報

仙台空港の概要
仙台空港は宮城県名取市にある空港です。国内線は、計9路線(成田・伊丹・関西・中部・新千歳・福岡・那覇・小松・広島)が運航しています。運用時間は朝7時から夜9時頃までです。仙台空港は東北で最も多くの路線があり、県内外を問わず利用客は多いです。仙台駅と空港を約17分で結ぶ「仙台空港アクセス線」が空港に直結、車の場合は最寄りのインターから約5分と交通の便が良いです。空港敷地内には約1400台の駐車場が完備されています。

主要駅から仙台空港へのアクセス

仙台空港までは、仙台駅から電車を利用して行くことができます。JR仙台駅より空港アクセス線「仙台空港線」で、約25分(快速約17分)で空港にアクセスすることができます。空港線は、JR仙台駅3番線または4番線から発車しています。また、タクシーや車で、高速道路を利用して約30分、そして一般道路で約50分で行くこともできます。

仙台空港の駐車場情報

仙台空港には第1と第2の2つの駐車場があり、年中無休で平日・休日かかわらず同一料金で、収容台数は第1が1137台、第2が249台です。駐車料金は第1が1時間ごとに150円、第2が100円です。第1駐車場のみ大型車が利用でき、料金は1時間ごとに400円となります。大型車は6m以上の牽引車を含む自動車が該当します。二輪車は第1駐車場で利用でき、1時間ごとに100円で原付も利用可能です。障がい者割引制度は半額になります。

小松空港の概要

小松空港は1961年12月に自衛隊と民間航空の共同使用となったため、滑走路の山側が航空自衛隊、海側が民間の航空機の離着陸を行っている飛行場です。現在では日本航空や全日空、日本トランスオーシャン航空、IBEXエアラインズによって全国6つの主要都市への路線が運航されています。駐車場には国内線専用の1000台可能なスペースに身障者20台、2輪車8台が駐車できます。また、小松空港から金沢駅まで結ぶリムジンバスや、小松駅、福井駅、様々な観光地へのルートもバスが運行されています。なお、開館時間は6時40分で閉館時間は21時30分です。

主要駅から小松空港へのアクセス

小松空港へ乗り入れている公共交通機関はバスのみとなります。JRの4つの駅から空港までのバス路線があります。JR金沢駅からは空港直通のリムジンバスで約40分、JR小松駅からは小松バスで約12分、JR福井駅からは京福バスで約60分、JR加賀温泉駅からはキャンバスで約32分かかります。車の場合は、国内線専用駐車場と国際線専用駐車場がありますので注意が必要です。

小松空港の駐車場情報

小松空港は石川県南部に位置しており、金沢へはリムジンバスで1時間ほどで到着します。金沢には兼六園や金沢城、東茶屋街、長町武家屋敷など、加賀百万石の面影を残す歴史的な街並みや、豪華な海鮮丼がたくさん提供される、近江町市場などが有名です。また、石川県南部から福井県北部にかけて、片山津温泉や山代温泉、粟津温泉、山中温泉、芦原温泉など、いくつもの温泉地が連なっています。石川県と福井県のほぼ県境にある東尋坊へのアクセスも良好です。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「仙台⇔小松」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「仙台⇔小松」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「仙台⇔小松」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

仙台⇔小松 利用者の体験談

航空機を利用した旅行の詳細

仙台から航空機を利用して小松まで旅行をしましたが、とても心地よく過ごせましたので本当に良かったです。空港の中はきれいな設備ばかりでしたし、案内板は見やすい上に分かりやすいので迷うことがありませんでした。名物の空弁を食べることもできましたが、地元の食材を使ってあって、本当においしかったです。また、インターネットサービスや携帯充電器もありますのでとても便利でした。次に旅行をする時にも、航空機を是非使いたいです。

出張で石川から東北へ

会社の出張があり、仙台から石川県にある小松空港へ飛び立ちました。いつもは陸路で特急を乗り継ぎ向かうのですが、今回は急ぎの会議がありましたので、空路をつかうことになったのです。見慣れた仙台空港は勿論便利でしたし、飛行機の中もたいへんのんびりと過ごすことができ、快適でした。小松空港はあまり利用したことがなかったのですが、ややこしい施設内ではなく、迷わずに手続きが取れたので良かったです。リラックスできたおかげか会議も成功しましたし、また快適に行き来をしてみたいです。

東北エリアから北陸へ向かう旅

飛行機を利用すると東北〜北陸まで1時間ほどで移動することができます。東北エリアの窓口仙台空港は、近代的でショッピングモールのような売店エリアや、海の幸・山の幸を使用した種類豊富な空弁が美味しそうでした。Wi-Fiや携帯充電器・多目的トイレなど設備も充実しています。小松空港は、授乳室や両替所・レストランや売店が充実しているほか、慣れない空の旅を癒すアロマセラピーもあります。空港前からフリーパスで乗れる加賀周遊バスが運行しており、大人1000円程度で1〜2日乗り放題、楽しめますよ。

空港での思い出についてです。

仙台空港は東北地方で最大規模の空港ということもあって、かなり斬新なデザインとなっています。空港に到着した時にはかなりお腹がすいていたので、仙台名物の牛タンをお腹いっぱいになるまで頂くことが出来て良かったです。出発前にはフットケアをして血行を良くしてから飛行機に乗れて素晴らしい滞在となったのを記憶しています。小松空港についてから待ち合わせをしていた友人とラウンジでお話をしてから目的地へと出発しましたが、空港内は大変洗練されているという印象を持っています。