空港着の飛行機を検索

根室中標津空港発羽田着の路線情報

根室中標津空港へは中標津バスターミナルから根室交通のバスで約10分、根室駅前ターミナルからは厚床駅前経由で約95分です。根室中標津空港から羽田空港へは1日1便、14時35分頃発、16時25分頃着(ANA)のみです。

根室中標津空港発羽田着空港情報

根室中標津空港の概要
根室中標津空港は、2016年8月現在、2路線の国内線(札幌・東京)を運航している地方管理空港で、運用時間は8時から18時頃です。根室中標津空港は、北海道最東端の空港で、中標津市街から北西約4kmの平坦な牧草地に位置しています。空港から100km圏内には阿寒湖、屈斜路湖、知床など自然に恵まれた観光地が多数あり、貴重な交通高速手段として、観光需要を支えています。また、空港の周囲は大酪農地帯で、過去にテレビや映画のロケ地となるなど、日本を代表する「香り立つ空港」の一つとしても知られています。

主要駅から根室中標津空港へのアクセス

根室中標津空港は、中標津空港の名称であり、根室の玄関口(ゲートウェイ空港)となっています。北海道最東端にある中標空港の最寄り駅は根室駅や釧路駅などで、空港への交通アクセスは中標津空港連絡バスの利用が便利です。根室市にある厚床駅からも乗車できます。交通機関による移動は天候や交通事情により変わりますので、最新の道内の状況と路線情報をご確認いただく必要があります。

根室中標津空港の駐車場情報

根室中標津空港の近くには、第1駐車場と第2駐車場、POL南駐車場があります。第1駐車場は、204台の駐車が可能で、第2駐車場には149台の駐車が可能で、POL南駐車場には22台の駐車が可能です。空港ターミナルビルに最も近い駐車場は第1駐車場です。料金は完全無料になっています。19時30分から7時30分までの夜間の時間帯は、駐車場への入出庫ができないので注意が必要です。宿泊となる場合は、第2駐車場の使用が推奨されています。

羽田空港の概要

羽田空港の国内線ターミナルビルは、日本空港ビルディング株式会社が管理・運用しています。羽田空港ターミナルは、1955年(昭和30年)に開館、供用が開始されました。東京都大田区にある日本最大の空港で、敷地面積は約1522ヘクタールあり、第1ターミナル・第2ターミナルでは、共に1階が到着フロア2階が出発フロアとなっています。二つのターミナルは、地下にある長さ400mある連絡地下路で移動が可能です。第一ターミナル6階・屋上の展望デッキでは、360度パノラマの景色が楽しめます。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は主要駅にとてもアクセスしやすい空港です。東京駅方面へは東京モノレールで浜松町に出て山手線で東京駅方面へ。品川へは京急空港線が便利です。蒲田方面へもエアポート急行で15分程度(乗り換えなし)で行けます。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港からアクセスのよい観光スポットがお台場です。羽田空港からお台場まではリムジンバスが出ており、乗り換えなしでアクセスする事が出来ます。お台場にはフジテレビの社屋があり館内を散策することが出来、グッズなどの購入が行えるほか、夏場などには大型のイベントなどが行われることもあります。また、ダイバーシティ東京やアクアシティなどショッピングや映画なども楽しむことが出来るスポットもあるので、幅広い層の方が楽しむことが出来ます。そして、夜にはお台場海浜公園などから東京都心部の夜景を一望することも可能となっています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「根室中標津⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「根室中標津⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「根室中標津⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

根室中標津⇔羽田 利用者の体験談

北海道でよく利用する空港

私は帰省のために、よく根室中標津空港を利用します。なんといっても羽田空港からANAの直行便が出ているというのが最大の魅力だからです。小さい空港ながらも、お土産屋さんやレストランもあり、市街地に向かうバスもあるのでよく利用しています。この空港を利用すると、2時間弱で乗り換えもなしに北海道の端の方まで行けてしまいます。その利便性の良さからなのか、テレビ等の取材に来ている芸能人の方々にも遭遇することも多々あり、前回の帰省の時には人気アイドルグループの方と同じ飛行機になりました。

牧草地帯から大都会へ快適アクセス

道東の片田舎に住む私にとって、困るのが服飾品などのショッピング、根室に行けばそれなりに店舗はあるものの満足できる買い物とは程遠い状況です。でも、根室中標津空港からは羽田への直行便があり、その気になれば日帰りもできるため、とてもとても助かっています。数ヶ月に一度は、空路で一路東京へ行き、思う存分ショッピングするのが最近の楽しみとなっています。牧草地帯にある根室中標津から飛び立てば、大都会である東京に到着するのは不思議な気分です。

北海道から鹿児島へ帰省

地元は鹿児島なのですが四年前に北海道の別海町に住んで居ました。帰省するときは根室中標津空港を利用し増すが直行便が無いため一度、羽田空港で乗換えをしました。根室中標津空港は小さな空港ではありましたが、レトロな造りの可愛らしい空港でお土産もそこで十分に買うことが出来ました。羽田空港に到着後は乗り継ぎのルートを行きまして鹿児島空港行きのゲートまで行きますが、発着時刻まで時間がありましたので羽田空港内を散策しました。迷子になるのが心配でしたが解り易くルートの説明があったので快適に過ごせました。

自由気ままの北海道旅行

長期休暇を利用して自由気ままな北海道旅行を楽しみました。往復チケットは購入せず、片道チケットを利用してあえて変える日を決めずに自由気ままな旅を楽しむことにしました。最終目的地として目指したのは、やはり知床半島です。道内の移動にはフェリーや飛行機、そして鉄道やバスをフル活用し、北海道の景色を十分に満喫することができました。帰りは根室中標津空港から片道航空券を購入して羽田空港へと戻ってくることができました。